7月16日放送のぐるナイの特集は『全国立入禁止の高所で撮ってきたぞ』でした。どの映像もかなり迫力満点の映像でした。

スピードワゴンの小沢さんが行ってた御在所ロープウェイの鉄塔からの映像は迫力満点。御在所岳の標高1004mに建つロープウェイの支柱は日本一の高さなんです。

また、じゅんいちダビッドソンがナガシマスパーランドのスチールドラコンの頂上まで上りそこから映像も迫力満点。

高所恐怖症の私の場合はテレビをみているだけで、急所付近がぞわーっとする感じがかなり伝わってきました。

そんな中で、ナイナイの矢部さんが登っていたのが、鳴門大橋のタワーの頂上。144mから橋の下の道路を見るのは大迫力。そんなタワーに登ることが出来るツアーがあるのです。

スポンサードリンク

 

明石海峡大橋のブリッジツアー

矢部さんが登った鳴門大橋は淡路島から四国の徳島を結ぶ橋なのですが、登れる橋は兵庫県明石と淡路島を結ぶ明石海峡大橋なのです。

この明石海峡大橋の鉄塔に登るツアーは海面~300mの高所に登るため、高所恐怖症の人は参加することができないそうですよ。

参加費用:大人3000円 中学生1500円 (参加費用の支払いは現金のみです)

日程:4月1日から11月30日 毎週木曜日から 日曜日までの毎日と祝日
予約受付は、2か月前の月の1日の10:00からです。

時間は午前の部と午後の部に別れています。

『午前の部』受付:9:15~9:30 ツアー実施:9:30~12:10

『午後の部』受付:13:15~13:30 ツアー実施:13:30~16:10

予約はインターネットまたはFAXで申し込むことができます。

募集人数は平日、午前・午後の部それぞれ34名。休日はそれぞれ42名です。

鉄塔に向かって歩いて行く途中の道は矢部さんが歩いたように歩くところは格子状になっているので、橋の下の海がはっきりと見えますよ。小さいものとかを落とすと海の中に落ちてしまうので注意してくださいね。

それと、エレベーターで鉄塔のてっぺんに上がるので、閉所恐怖症の人は参加するのはやめておいて方がいいようです。

明石海峡大橋ブリッジのホームページはこちらです。詳細はホームページを見てみてください。

 

 

ぐるナイでしていた高所映像は立入禁止の場所での撮影だったので、一般の人はなかなか入ることができないですが、明石海峡大橋は同じような体験ができるので、高所が好きでたまらない人は行ってみるといいですよ。

鉄塔の上にはガラスなど遮るものがないそうなので、風も感じることができます。

スポンサードリンク