6月14日放送の世界の果てまでイッテQ!の中で、イモトのアメリカツアースペシャルの中でエヴァンゲリオンのモデルになったと噂される湖が出ていました。そこは一体どこなのでしょうか。

モノ湖がエヴァンゲリオンのモデル?

モノ湖はカリフォルニア州がほこる塩湖で76万年前に形成された北米最古の湖の一つです。この湖はその時間によって顔色を様々に変えていきます。

monoko

かなり幻想な景色が堪能できます。中央に見えているのがトゥフアと呼ばれる石灰岩の柱です。今はこのように見えているのですが将来的には昔の水位に戻り見なくなとも言われています。

monoko2

このモノ湖のワンシーンにエヴァンゲリオンのモデルとなっている映像があるそうです。

詳しくはエヴァンゲリオンのことを書いているブログを御覧ください。

似てるといえば似てます。

番組の中ではイモトと石橋Dがやってましたが、かなりキモかったです。イモトもしんどいといってましたが、ファンからのクレームは避ける事ができないでしょう。

モノ湖はエヴァンゲリオンのファンの間では1度は行きたい場所になってますがではどこにあるのでしょうか?

スポンサードリンク

 

モノ湖の場所は

 

世界の果てまでイッテQ!の番組内での移動はロサンゼルスから車で7時間かけて移動していました。かなり遠いです。

成田からロサンゼルスまで約10時間かかるので、モノ湖を目的に行くと17時間もかかるということになりますね。なかなかの遠さです。

ロサンゼルスからはバスツアーでいくか、自家用車で行くかになりそうですね。旅行記などのブログを見てみると車で移動している人が多いようです。(アメリカ在住の日本人の方も当然多いと思います)

しかもエヴァンゲリオンの景色に似ているのは夕方と言われていますから、それに合わせた移動もしないといけないですし、ちょっと気合を入れて出かけないと行けないですね。

スポンサードリンク