この差ってなんですかで放送されていた。気になる差は牡蠣。今が旬の牡蠣は生で食べるのはもちろんカキフライにしたり、牡蠣鍋にしたりしてとっても美味しいですよね。

スーパでも牡蠣の取り扱いがこの季節。牡蠣が食べたくなってスーパに買いに行った時に気になることありませんか。

牡蠣を買う時「生食用」と「加熱料理用」の牡蠣がありますよね。

生食用の牡蠣は菌が少なく、加熱調理用の牡蠣は菌が多いのという差があるのですが、生食用は獲れてから日が経っていない新しいもので、加熱調理用は少し古いものとイメージがありますよね。

しかし、この両方の牡蠣は同じ時期に同じ海で取れたものなのです。

4ae0d9aafa2c0b18c8c8705ed973c0ad_s

加熱調理用と生食用の牡蠣その差はなに

加熱調理用、生食用の牡蠣について教えてくれるのは牡蠣の本場広島県で牡蠣の養殖をしている、寺本水産の寺本龍二さん

この2つの牡蠣の差は育てている場所が陸から近いか遠いかという差なのです。同じ海でも育てている場所が違うのです。

広島湾内で行っている牡蠣の養殖なのですが、加熱調理用の牡蠣は陸から2km離れた場所で育てられています。

そして生食用の牡蠣は陸から7km離れた場所で養殖されているのです。

スポンサードリンク

なぜ育てている場所が違う

加熱調理用も生食用も新鮮な牡蠣なのに、育てている場所で別れるのかが気になりますよね。陸から離れた海になると、水が綺麗で、大腸菌などの菌の影響を受けにくいのです。

広島湾内には多くの河川から水が流れてきます。その河川から多くの栄養分が流れてきて、牡蠣が育つエサになるのですが、エサだけではなく、菌も一緒にながれてきてしまうのです。

陸から近い場所だと栄養分も多く海水に含まれているのですが、それと同時に細菌の数も多くなってしまいます。ですから、陸から近い場所で育っている牡蠣は加熱調理用になるのです。

境界線の基準は

国の法律で基準が決まっていて、大腸菌群数が70以下の海域は生食用の牡蠣、それ以外の海域で水揚げされたのが加熱調理用の牡蠣と決まっているのです。

国の法律で安全性が確保されているから生で牡蠣を食べることができるのですね。

なぜ加熱用の牡蠣を作るの

安全性の高い牡蠣の方がいいから、加熱調理用の牡蠣はつくらずに、全部生食用にしておけば、加熱でも生でもどちらでも大丈夫じゃないの?

と思ってしまいますが、加熱調理用にももちろんメリットがあるのです。

栄養が豊富な陸から近い場所で養殖されるので、身も大きくなり味が濃く美味しい牡蠣を食べることが出来るのです。

だからプリプリの牡蠣を食べることができるのですね。

まとめ

牡蠣には加熱用と生食用の差は色々アリましたが、牡蠣に含まれている菌の数が異なります。あたると怖い食材なのは間違いないので、加熱用を生で食べることは絶対にしないでくださいね。

スポンサードリンク