9月8日放送の中居正広のミになる図書館で放送されていた。結婚に関する話題です。

現在は自分の生活を大切にする思考が強いからなのか、中年になっても未婚の人はおおいですよね。

そんな中年、40歳の未婚男性が結婚できた確率が衝撃的でした。

『40歳を過ぎた未婚男性が5年後結婚できる確率は0.9%しかない』

こんな事実がわかったそうです。

0.9%という数字は5年に1度の国勢調査からわかったことなのだそうです。

国勢調査の中で男女の未婚率が調査されています。

2005年に未婚だった40代前半の未婚男性が5年後40代後半の未婚男性がどれぐらいどれぐらい、居たのかを調べると未婚男性は0.9%しか減っていなかったのです。

40代前半の未婚の人を100人集めました、その中で5年後結婚できていた人が1人にもなっていなかったのです。

う~ん結構ショックな結果ですね…。

スポンサードリンク

離婚危機度診断

結婚している方は離婚診断。結婚はこれからというかたは結婚に向いているかどうかがわかります。この危険度診断を教えてくれたのが3万以上の相談を受けてきた佐竹悦子さんです。

それでは回答して行ってみてください。

1問目 高層マンションに住んだら

A:高層階

B:低層階

2問目 自宅のキッチンに4枚以上同じ皿を

A:持っている

B:持っていない

3問目 家に帰ったら靴の向きは

A:揃える

B:揃えない

4問目 歯磨きの時間は3分より

A:長い

B:短い

5問目 下着をつけた状態で服を

A:下から着る

B:上から着る

 

それぞれの回答は出揃いましたでしょうか。それぞれどちらを選んだら離婚に近づくのかの答えと理由をまとめていきますよ。

スポンサードリンク

離婚キケン診断の答えと理由。

1問目:高層階を選んだ人は離婚の確率が20アップ

階数が低い部屋が良いと答えた人はある程度先を見通す事ができる力と、見かけだけに食いつかない賢さがあるのです。

逆に階数が高い部屋を選ぶ人は、高層階は眺望がいいことからプライドが高い見栄っ張りな人が多いそうです。

2問目:持っていないと答えた人は離婚の確率が20アップ

お皿を4枚以上持っていると答えた人は連帯感や共感性があってパートナーにみも共感が出来るタイプになります。

3問目:靴をそろえると答えた人離婚の確率が20アップ

靴の向きを揃えない人は、来客なんて気にしない。人の目を気にしないで自然体で生活が出来るタイプなのです。

4問目:歯磨きを3分以上すると答えた人は離婚の確率が20アップ

この問題については解説がされていませんでした…。

5問目:服を上から切る人離婚の確率が20アップ

服を上から切る人は自然体すぎて恥じらいがなくなり、夫婦生活もうまくいかない人だそうです。親しいなかでも恥じらいが大切だということですね。

最後に

みなさんはテストの結果どうでしたか?0もしくは20程度に収まりましたか?それともまさかの10%なんてことはないですよね(笑)

100なんて人も中にはいると思います。こんな人は結婚している人もしていない人も、自分のライフスタイルを見直す必要があるのかもしれませんね。

結婚生活できるだけ失敗はしたくないですから。

スポンサードリンク