東京メトロは9つの路線を持ち、1日の利用客は約684万人。年間で25億人以上が利用する日本一の地下鉄なのです。そんな東京メトロの豆知識を10月25日放送のこの差ってなんですかで放送していたので、まとめてみました。

200a9c2d09796ff9c0a3597b975b28db_s

駅のアナウンスの違い

每日利用していると気づいている人は多いと思いますが、番線によってアナウンスの声が男性と女性で異なります。

例えば銀座線だと、浅草から渋谷に向かう1番線は女性の声。一方渋谷から浅草に向かう2番線は男性の声になっています。東京メトロの全路線は隣り合う路線でアナウンスの声を男性女性で分けています。

これは、ホームにいる客がどちらのホームにいるかわかりやすいように男女の声を使い分けているのです。そして、一般の人だけではなく、目の不自由な方が声だけでわかるようにしている工夫なのです。

東京メトロ以外でも進行方向によって男女の声を分けてアナウンスしているところは多いのではないでしょうか。

パスモで改札を通る時の音の違い

『ピッ』・『ピピッ』・『ピピピッ』という3種類の音にわかれているのです。皆さん気が付きましたか。

『ピッ』と1回鳴った時は定期券として利用した時

『ピピッ』と2回鳴った時は定期券以外で利用した時

『ピピピッ』と3回鳴った時は残高が1000円以下の時になるのです。ただしピピピッと3回鳴らすためには駅の窓口で設定して貰わないとなりません。残高を毎回確認するのが面倒な人は、音で知らせてくれるので便利ですよね。

スポンサードリンク

駅の名前の後ろのカッコに実は意味があった

カッコがついている駅は何個かありますが、千代田線『明治神宮前駅の後ろには<原宿>』・千代田線『赤坂駅には(TBS前)』

おなじようにカッコで囲まれているのですが『< >』『( )』のカッコの違いに意味があったのです。

< >の駅名は正式な駅名なのに対して( )は駅を作るときに貢献した企業への感謝を表したものなのです。

明治神宮前駅の場合は、明治神宮前よりも、原宿の方が駅を利用する人にとってはわかりやすいですよね。地方から東京に行くと原宿と表記してもらった方がありがたいです。

そんなこともあり、5年前から駅名に<原宿>と追加されたのです。

同じように半蔵門線の押上駅も押上よりもスカイツリー前の方がわかりやすいために3年前から押上の後に<スカイツリー前>と追加されるようになったのです。

ちなみに<>のカッコが使われている駅は『押上』と『明治神宮前』の2つの駅のみです。

()は駅の建設の際に出入り口の場所を譲ってもらったり私有地の下に駅を作る場合に土地を譲ったり、貢献した企業などに感謝の気持ちを込めて名前を表示しているのです。

なので()の名前は正式な名前ではないのです、

しかし、企業名がそのまま駅名になっている駅があるのです。それは、銀座線の三越前駅。なぜ企業名が駅名になっているのか…。それは三越が建設費用の全額を出したので、駅名になったのです。東京メトロの駅名で企業の名前がついているのは三越駅だけです。

 

東京メトロの豆知識をまとめてみました。気づいているようで気づいた無いこと、知っているようで知らないことあったのではないでしょうか。パスモの3回音が鳴るのは便利だと思うので、残金の確認を忘れる人は設定してもらうといいですね。

スポンサードリンク