6月6日放送のSmaStationより気になるバスが特集されていました。その中からかなり気になぅたバスをピックアップしてみます。

パンダバス

浅草からスカイツリーまで1日9便 約50分間隔で運行

しかもなんと無料なのです。地元の商店街・企業が協力しているのだそうです。そして乗車するとあるのがパンダパスポートお得なクーポン券がついていて、これも無料でもらえるのでお得です。

手を振るとウィンクをしてくれます。是非パンダバスに手を振ってみてください。

待合室が最高なバス

VIPライナー

全国主要都市10か所へ夜行バスを運行しています。

このバスの素晴らしい所は待合室にあります。夜行バスに乗るときVIPラウンジ(待合室)がすごくいいのです。

女性客専用のパウダールームがついていて、シャワーも25分500円で浴びることができます。出発15分前にアナウンスがあり、乗客みんなで乗りばまで移動します。

バスを降りてからもVPIラウンジを使うことができ、化粧をし直したり、待合室を使って観光時間までの時間を過ごしたりできるのでかなりありがたい設備です。待合室はAM11:00まで解放してくれるのだそうです。

朝早くにバスがついて時間をつぶすのに困ることが夜行バスの欠点な部分もあるので、そこを解消してくれるのでかなりありがたいサービスだと思います。

大阪ダックツアー

このバスの一番の特徴は水陸両用ということです。

道路からみる大阪と、川から見る2つの大阪が楽しめます。

大阪の天満橋(地下鉄谷町線・京阪線)から1日5便のダッグツアーが運行されています。このバスは屋根がなく雨の日は合羽を着て乗らないといけないのですよ…そして冬も寒いです。新緑の季節が一番乗るのにベストシーズンといえると思います。

また、陸から川へバスが入っていくときに迫力は満点。一度は体験したい乗り物です。

料金は大人3700円 子供2300円 幼児(2歳以下)600円
※幼児は保護者の膝の上になります。

 

 大阪

スポンサードリンク

 

 

金沢ライトアップバス

運行日時:毎週土曜日のみ

運行時間:19時~21時の2時間

運賃:1回乗車300円 フリー乗車券500円

このバスは金沢にある16か所のライトアップ箇所を見ることができます。金沢市は2011年日本で初めて都市照明の国際的な賞「シティ・ピープル・ライト・アワード」に入賞したことのある、夜景が美しい街なのです。

その16か所とは

①鼓門

②北国銀行武蔵ヶ辻支店

③町民文化館

④旧三田商店

⑤ひがし茶屋街

⑥中の橋

⑦梅の橋

⑧主計町茶屋街

⑨金沢城石川門

⑩金沢城玉泉院丸庭円(基本的に週末しかライトアップされないそうです)

⑪石川県庁舎石引分室

⑫石川県立歴史博物館

⑬金沢21世紀美術館

⑭石川四高記念文化交流館

 

⑮しいのき迎賓館

⑯尾山神社

 

バス路線

北陸新幹線が開通して金沢までの交通アクセスが便利になって観光で金沢へ行かれる方も多いと思います。ライトアップバスに乗って夜景の美しい金沢を満喫してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク