2月18日放送のソレダメから、しゃぶしゃぶの話題です。

お肉をあっさりと食べたい時に思いつく料理といえばしゃぶしゃぶですよね。

そんなしゃぶしゃぶを美味しく食べる方法を紹介します。

しゃぶしゃぶはお湯の中に肉をくぐらせて、余計な脂分を落として、

ポン酢やごまだれで食べるとあっさりして、美味しく食べることができますよね。

自宅でも気軽にできるしゃぶしゃぶですが、美味しく食べるにはちょっとしたコツがあります。

cdec8ac3e613bd975dda856bc1120e97_s

しゃぶしゃぶをするとき鍋の中でしゃぶしゃぶをしてはいけない

すき焼き・しゃぶしゃぶの名店、人形町今半の総調理長の野口一男さんが、

正しいしゃぶしゃぶの食べかとを教えてくれていました。

それがしゃぶしゃぶをするときは肉を鍋の中でしゃぶしゃぶをしてはいけないということです。

なぜ肉をしゃぶしゃぶしてはいけない?

お鍋の中で、肉をしゃぶしゃぶしてしまうと、

肉の旨味を鍋の中に洗い流してしまうだけではなく、

しゃぶしゃぶすることで火を入れすぎてしまい、肉が硬くなってしまうのでダメなのです。

今半でしゃぶしゃぶを食べると、さしがしっかりと入った、

超美味しそうな高級なお肉を鍋に入れて、そのまま放置します。

そして肉の色が変わるのを待って、食べごろになったら肉を引き上げます。

担当者が客席で調理から取り分けまで行い、常に最高の状態で肉を提供するのです。

一般の人では美味しくお肉を食べることができないということですよね(汗)

せっかくの高級肉でも食べ方が悪いと、

薄くスライスされたしゃぶしゃぶの肉は強くふることで、肉の中の旨味が洗い流されてしまい、

肉本来の味を味わうことができなくなってしまいます。

結果、期待してたほどじゃないな・・・なんてことにもなりかねないので、

最高の肉の状態を知っている担当者がいるということですよね。

スポンサードリンク

高級肉だからしゃぶしゃぶしないのでは

家庭で使うことの多い、しゃぶしゃぶ用のお買い得なお肉は、赤みが多いですよね。

野口さんは赤身肉はより注意が必要だと話します。

赤みの肉は火を通しすぎると、肉がしまってしまうので、

食感も硬くなり、肉の甘味と旨味が損なわれてしまいます。

積極的にしゃぶしゃぶしにいくと、不味いしゃぶしゃぶを作ることになるわけです。

しゃぶしゃぶをするときには、肉の色が変わるまでじっと待つのが美味しく食べるコツです。

まとめ

しゃぶしゃぶという名前に惑わされて肉を鍋に入れてしゃぶしゃぶするのは間違いだということです。

著者はしゃぶしゃぶは肉が硬くなって、肉の旨味が本当に味わえないので、好きではなかったのですが、

その食べ方が間違えていたということですよね。

しゃぶしゃぶするときはじっと待つ、一度これで試したいと思います。

スポンサードリンク