1. TOP
  2. 劇的に美味しいレモンの果汁を絞るのに必要なのはコロコロ

劇的に美味しいレモンの果汁を絞るのに必要なのはコロコロ

グルメの話題
この記事は約 3 分で読めます。 175 Views

林先生の初耳学の中から紹介します。その内容は、土井善晴さんが教えてくれる最高の美味しく食べる事ができるレモンの食べ方です。

レモンは酸味で油っこい食べ物を食べやすくしてくれますよね。唐揚げやエビフライなどの揚げ物料理に使ったりしますし、レモンを絞ってお酒を飲んだりしまよね。

スポンサードリンク

レモンの魅力とは

そんなレモンは代謝をあげる効果や消化吸収を促すクエン酸が豊富に含まれていたり、コラーゲンなどをつくる役割を果たすビタミンCは100㎎中50㎎も含まれており、柑橘類の中でもトップクラスです。

なので、レモンは疲労回復や美肌を作るのに効果が期待できるわけです。

そんなレモンを食べる時どのような使い方をしていますか、レモンを使うときはそのまま切ったものを食べると言うよりは絞って使うことが多いですよね。

レモンは絞り方一つで味が美味しく変身するのです。少し絞り方を変えると酸っぱいだけのレモンではなく甘みを感じるようになります。

スポンサードリンク

レモンを簡単に美味しく絞る方法

果汁だけを取り出したいときは普通は絞り器を使いますよね。そんな絞り器などは全く必要ありません。

レモンを切る前に、レモンに少し体重をかけて全体をまんべんなく30秒転がすだけです。

たったこれだけでレモンが劇的に美味しくなるのです。

その理由は…

レモンはそもそも果肉と皮が隙間なく密着しています。隙間なく密着している分しっかりと力を入れて握ってもなかなか果汁が絞れないということになります。

そして頑張って絞ろうとするために力がどんどん入ってしまい。レモンの皮と果肉の間にある白いすじの部分から苦味成分であるリモノイドが一緒にでてしまい苦くなってしまうのです。

しかし先にレモンを少し体重をかけて転がす事によって、レモンと果肉の間がほどよくほぐれて、皮と果肉の間に隙間ができます。

この状態で手で絞ると簡単に果汁を絞ることができるので、白い部分に含まれる苦味成分のリモノイドは出にくくなるのです。

結果レモン本来のスッキリとした味わいになり、甘みを感じれるようになるのです。

レモン絞り器で絞ると、リモノイドがでるので、レモンを絞るには向かない方法なのです。

ちなみに、体重をかけて転がした後のレモンは、とても柔らかくなっていて、手で軽く絞るだけで、果汁がすごい勢いで出てきます。

レモンをコロコロするだけで全然変わってしまうのです。

 

レモンを切る前の一工夫で味わいが全然変わってきます。フライなどに付け合わせるレモンを使うときは切る前にコロコロを忘れないようにしてくださいね。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

話題を探る!!の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

話題を探る!!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ケンイチ

普段は治療家としてお仕事中のセミシングルファーザー!日々感じる話題を色々と紹介しています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • iphone7の知っていると便利の良い機能!知らないと損をする!

  • 解剖学はスマホアプリがおすすめ!リハビリ職など医療職必見!

  • 二の腕が太い原因ってなに?二の腕痩せの方法はコレがおすすめ

  • 薄毛・白髪の改善はシャンプーの方法にあり!抜けない洗い方とは?

関連記事

  • 得ワザ!得川コナンが科学の力でインスタントラーメンをモチモチ麺に!

  • ドリンクバーで混ぜると最高に美味しい5つのミックスレシピ

  • 一流のピザは裏を見ればわかる。どんなピザが美味しい?

  • 激ウマ松茸(を使わない)ごはんと具志堅用高の沖縄チャーハン

  • 金沢に行ったら絶対に行きたい回転寿司店!独自の工夫でネタ新鮮!

  • お料理ライフハック。超簡単にラザニアと和風オムレツを作る方法