7月14日放送の、あのニュースで得する人損する人で紹介されていた得ワザから外国産の牛肉を高級和牛の味にする方法を紹介します。

外国産の牛肉といえばどんなイメージがありますか?

安いけど、硬い!とか、噛んでいくと旨みが増すどころか、消えてしまい、口の中で溶けずに残ってしまいますよね。

厳しい家計の中でちょっとした贅沢にステーキ!って思って買っても、これじゃあ、ガッカリですよね。

そこで、安い100g約300円ぐらいの外国産のステーキ肉を100g約1000円の国産和牛に変身させる方法を紹介しましょう!

その方法を教えてくれていたのが、最強の味の記憶を持つ男、辰巳琢郎さんにサイゲン料理で勝利してクビを免れた、超天才料理芸人のサイゲン大介です。

36963d0bbd3a4378a1204e140ba9c148_s

安い外国産ステーキ肉を高級和牛ステーキ肉にする方法

それでは材料から紹介しましょう

材料

  • 塩・・・適量
  • コショウ・・・適量
  • 100g約300円の外国産ステーキ肉
  • 炭酸水・・・適量
  • お肉屋さんでもらった国産の牛脂
  • コーヒーミルク(コーヒーフレッシュ)

作り方

①外国産のステーキ肉の脂身を落とし、肉の両面に包丁で切れ目を入れます。切れ目の感覚は1cmです。

②肉全体が炭酸水に浸かるようにして、20分つけます。ジップロックの中にお肉を入れて、炭酸水を入れればOKです。

③20分炭酸水につけたら、お肉が柔らかくなっているのがわかります。キッチンペーパーで水気を軽く取ります。

④コーヒーミルク(コーヒーフレッシュ)をお肉にかけます。

⑤和牛の牛脂を500wのレンジで1分30秒レンジで温めて溶かします。

⑥溶かした牛脂を肉に塗りこんでいきます。この時に最初にいれた包丁の切り目に牛脂が入り込んで、霜降り状態の和牛を再現するんです。

⑦常温のまま20分寝かせます。

⑧ステーキ肉を20分寝かせたら、牛脂をフライパンに敷いて焼きます。

⑨焼く時は牛脂を塗りながら焼いていきます。

⑩最後に塩コショウを適量ふりかけます。

注意!

焼く前に塩コショウをすると、お肉から水分がでてかたくなってしまうので、塩コショウは焼いた後にかけます。

これだけで外国産のステーキ肉が高級和牛に早変わりです。

なぜ炭酸水につけるとお肉が柔らかくなるのか

炭酸水に含まれる炭酸水素ナトリウムが肉のタンパク質を分解して、肉が固くなりにくくしてくれるんです。

肉が焼くと硬くなる原因はタンパク質。タンパク質は熱すると硬くなる性質がありますが、炭酸水に含まれる炭酸水素ナトリウムには、肉のタンパク質を分解して焼いても硬くなりにくくしてくれるんです。

低温調理法という調理法ではたんぱく質が変性しないように、60℃以下で熱を加えて、柔らかく焼くという方法もありますね。

コーヒーフレッシュが肉の旨みをキープ

コーヒーフレッシュには植物性の油脂が含まれていてこの油分が肉をコーティングし、肉の中から水分が出るのを防いでくれます。

国産和牛の牛脂

和牛の独特の甘さと香りの正体は和牛香と呼ばれる香り成分です。

これが、和牛の牛脂には多く含まれていて、この和牛香を利用して国産和牛のような風味を出してくれるんです。

まとめ

家計がちょっと苦しくても贅沢をしたい!っていうときはサイゲン大介のサイゲン技を使って高級和牛の味を楽しんではいかがでしょうか?

中途半端に高い和牛を買うよりも、サイゲンメニューのほうが美味しく食べれるかもしれませんよ!