2f68940cc8252ea742380ef8bb043cc3_m

5月26日放送のあのニュースで得する人損する人で紹介されていたのは、厚さ5cmのふわとろの新型目玉焼きを作る方法が紹介されていました。

新型目玉焼きの作り方を教えてくれるのは、タマゴ料理の天才タマミちゃんです。タマミちゃんは以前に最高の卵かけご飯の作り方をおしえてくれて、この作り方をマスターすると他の作り方で卵かけご飯はできない!というぐらい最高に美味しい卵かけごはんができあがります。

タマミちゃんの卵かけご飯の作り方はタマゴの消費期限も伸びるので一石二鳥です。

こんなタマミちゃんが新型目玉焼きを教えてくれていたのです。美味しい決まってる新型目玉焼きを紹介しましょう!

厚さ5cm新型目玉焼きの作り方

厚さ5cmの新型目玉焼きの作り方は簡単です。卵に塩をいれるだけで、作ることができるんです。

材料

作り方

①卵を黄身と白身に分けます

②白身に塩をひとつまみ入れて、ハンドミキサーを使ってしっかりと角が立つまで泡立てます。

ハンドミキサーがない場合は…

白身を約1時間冷凍庫に入れます。

そのあとに、2分間泡立て器で泡立てれば、フワフワのメレンゲが出来上がります。

普通に混ぜると時間がかかるのは白身の粘り気が強く、中に空気が入りづらいんです。でも、白身を凍らすことで白身の粘り気が弱まるので、空気が入りやすくなり、メレンゲができやすくなるのです。

③白身をフライパンで焼きます。塩を入れることでメレンゲが硬くなっています。

④メレンゲの真ん中にくぼみを作って黄身を乗せます。

⑤3分フタをして蒸したら出来上がりです。焼き上がりの目安はメレンゲを触った時に卵白が乾いている状態です。 

なぜふわふわの状態をキープできるのか?

メレンゲのふわふわは白身に含まれるたんぱく質の中に空気が含まれることで出来上がるのですが、急激な温度変化や長時間外気に触れると、メレンゲはしぼんてしまいます。

それを防ぐのが塩。塩の含まれるナトリウムには、白身に多く含まれるたんぱく質を固める作用があるんです。なので、フワフワの状態をキープできるのです。

新型目玉焼きの味は

味はエッグーな同じです。新食感で、今までに食べたことのない超美味しい目玉焼きが楽しめます。

美味い!

ヤバイ!

こんな感想ばかりが聞かれていました!

まとめ

新型目玉焼きは、ひとつまみの塩と卵だけで簡単に作ることができます。每日同じ目玉焼きではなくて、新食感の目玉焼きをためしてみると朝からテンション上がるのは間違いないです!是非試してみたいです