8月1日放送のジョブチューンで美味しいたこ焼きの作り方が放送されていたので紹介しますね。

家でもたこ焼きを作る機会ってちょこちょこありますよね。関西人の私は晩ご飯がたこ焼きなんてことも…。

みんなでお酒を飲みながらたこ焼きを食べても美味しいですし、たこ焼きパーティーをしても楽しいですよね。

そんな気軽にできるたこ焼きですがどうしても上手に丸く焼けないとか粉っぽくなってしまうという方も多いのではないでしょうか。

美味しく丸いたこ焼きを焼くコツを銀だこのプロが伝授してくれてましたのでまとめてみますね。

26b76ecc3edc3e8f6cd4a029965acbdf_s

たこ焼きを焼くための材料(3~4人前)

  • たこ焼き用のミックス粉:500g
  • たこ:約200g 
  • 卵:1個
  • 水:800㏄
  • 天かす
  • 紅ショウガ
  • ネギ
  • 和風だし
  • エビ粉
  • ソース
  • 青のり
  • かつおぶし

使うのはご家庭にあるホットプレートのたこ焼き器です。

生地づくりのコツ

  1. ボールに入れた水にまずは卵をいれて、水と卵をしっかり混ぜます。
    液体から混ぜあわせることでダマになりにくいのです。
  2. 生地に青のりを入れます。
  3. そして、お好みでエビ粉や和風だしをいれると生地が濃厚な味になります。
  4. 最期にたこ焼き用のミックス粉を入れます。
    この時も粉は一気に入れるとダマになりやすいので少しずつ入れるのがコツです。

スポンサードリンク

 

たこ焼きを焼くコツ

  1. 鉄板に多めに油をひきます。
    たこ焼きを入れる穴の1/4程度油をいれるとよいそうです。
    これをすることで、外がパリッと焼けひっくり返しやすくなり形の良い丸いたこ焼きになるのです。
  2. 油をひいたら200℃に設定し、鉄板が十分に熱くなるまで待ちます。
  3. 鉄板が熱くなったら、生地を穴の半分以下の量を入れてしっかりと生地を焼きます。
  4. 生地ある程度火が通ったらたこを入れます
  5. つづいて天かすを入れます。
    たこの周りに天かすを入れることで、天かすの油でたこが焼けやすくなるのです。
    たこがしっかり焼けることでたこからうま味成分が出て美味しいたこ焼きになるのです。
  6. 紅しょうが・ねぎを入れます
  7. 具材に火が通ったら再び生地を入れます。この時に鉄板からあふれるギリギリまで生地をいれることがコツです。
  8. たこ焼きを返す時は割り箸を2本使い、たこ焼き器の周りの余った生地を中に押し込むように焼いていきます。
    これでたこ焼きが丸くなりやすいのです。
  9. ひっくり返してから約5分間焼きます。

たこ焼きのトッピングのポイント

  1. ソースはたこ焼きひとつづつ厚みをつけてのせる感覚がポイントです。
  2. 先に青のりをかけます。
    青のりは水分に触れると香りがたつので、ソースに触れるように先にかけます。
  3. そして、かつおぶしをかけます。
    かつおぶしを先にかけるとかつおぶしにソースがしみ込んで風味がなくなるのであまり美味しくなくなってしまいます。

ソースを一気に全体にかけると、せっかくカリカリにやいた生地がシナシナになるのでしない方がいいでしょう。

たこの代わりには魚肉ソーセージをいれてソースをケチャップをかけるとアメリカンドックみたいで美味しいそうですよ。

たこ焼きの美味しい焼き方を紹介しました。1日大量のたこ焼きを焼くプロが教えてくれる方法なので美味しきできることは間違いないでしょう。

美味しく焼きあがったたこ焼きを食べたら会話が盛り上がること間違いなしです。

スポンサードリンク