PSPlusでできることなどはPS PLUSに加入すると何ができる?加入する方法は?の記事でまとめました。

フリープレーがあったり、セーブデータをクラウド上に自動保存できるので、月額514円を支払ったとしても、それほど高いとは思いません。

考え方にもよりますが、スマホを使っていたら月に500円程度支払うこともあると思いますし、まぁまぁPSで遊ぶのであれば、加入しておいても損はないです。

っていうかPS4になるとPSplusに加入してないとネットプレイが楽しめないので、ネットプレイをしたければ加入必須ということになります。

でも、ずっとお金を払い続けるのもちょっといやだし、最初はとりあえず1ヶ月だけとお試しで加入してみようと思う人もいるはずです。

そんな人に気をつけてもらいたいのが、PSPlusの自動更新機能です。

PSPlusで自動更新を変更しておかないと…

ウォレットにお金をチャージしていると、お試しで始めたPSplusだとしても、どんどんウォレットが減っていくことになります。

それは、初期設定では、PSPlusの自動更新設定がonになっている可能性があるからなんです。

試しに1ヶ月のつもりが勝手に継続契約になってしまうんです。加入月分のウォレットしかなければ、自動更新がされないので問題ないのですが、ウォレットがたくさんある人は注意が必要です。

PSPlusに加入したら、まずは設定しておきたい、自動更新を解除する方法を紹介します。

自動更新を解除する方法

PSplusの自動更新を解除する方法を実際の画面を混じえて紹介していきます。

 

①プレイステーションネットワークの中からアカウント管理を選択します

ps1

 

②アカウント管理の中から購入管理を選びます。

ps2

 

③サービスリストを選びます。

ps3

 

④利用しているサービスリストが出るので、その中からPlayStationPlusを選択します。

ps4   

 

⑤ワタシの場合はどっぷりPSplusを使っているので12ヶ月になってますが、契約した月が出てくるので、定期サービスになっているものを選びます。

ps5

 

⑥選ぶと自動更新になっていることがわかるので、自動更新ボタンを押して、自動更新を停止します。

ps6

 

⑦自動更新が停止した画面が表示されます。これで、利用期間が過ぎても、勝手にウォレットが減るということはなくなります。

ps7

 

⑧⑦の画面でOkボダンを押すと、下の写真の画面に戻ります。利用状況が「利用中(自動更新は停止)」になっていることを確認してください。自動更新を再開したい場合は、同じ手順でこの画面から設定してください。

ps8   

PSplusを初めて利用する人はこの設定を忘れないようにしておいてください。ずっと使うつもりなら問題ないですが、自動更新になっていると、1ヶ月契約でも月々514円ずつ削られていきます。

そして、フリーソフトでダウンロードしたものは、PSplusの期限が過ぎると遊べなくなるのですが、再加入することで、また、遊べるようになります。

なので、更新するつもりで、更新するのを忘れていても、これまでにダウンロードしたフリープレイができなくなるということはありません。(2016年7月現在は)

絶対に設定は確認しておいてくださいね。