6月12日放送のキリトルTVにてプロ野球で1試合に使われるニューボールの数とその値段が調べられていました。

どんなシーンでニューボールを使うのでしょうか?

実はピッチャーはほとんどニューボールを投げてるのだそうです。

プロ野球の中継を見ているとボールを新品に交換するシーンはよく見られますよね。少しでも土がついたら、新品と交換するのです。

ハマの番長・三浦大輔選手はニューボールをなぜ使うのかこのように話しています。

「感覚ですよね。握った時の指のしっとり感というか皮のしっとり感というか…。握った時の感触を大事にしますね」

と話をされていました。

ピッチャーの指先が求める感覚はそれほど繊細な感覚だということですね。土などが少しでも付いていると、思わない回転をしてとんでもないボールを投げてしまったりもするようです。

変なボールがバッターに当たればヘタすれば選手生命を脅かす事態になるので、安全のためにもニューボールを使うことは大切ですよね。

ですので、試合で投げているピッチャーだけではなく、ブルペンで投げている控えのピッチャーも新品を使いますし、ウォーミングアップのためのキャッチボールの時も新品のボールを使うそうです。

ボールと手の感触を相当きにしていることがよくわかりますよね。

プロ野球のボールはすべて中国で作られているそうです。新品のボールは練習のためだけたった24球しか使われないもの、ピッチャーが投げたボールに土が付けば1球でその役目を終えます。もちろん選手に触られずにプロ野球で使われないボールもあるそうです。

このような使われ方をしているので、1試合で使われるボールの数は約120球なのだそうです。1球が2600円なので1試合で30万円かかるそうです。

そして年間のホームゲームは約70試合なので、1チームの1年間のボール代は2100万円もかかるのです。これが12チームですからすごいお金がかかりますね…。

プロ野球で使われたボールはバッティング練習や守備練習で使われ、海外の子供達に送られるそうです。

しかし、1チームで年間8400球も使うわけですからすごい数ですよね。

そういえばホームランボールやファールボールを貰うことができますから、座る座席にもよるとは思いますが1球貰えたら入場料がチャラになりますね(笑)