ランニングを毎日している人や運動会の練習で走る人多いのではないでしょうか。

そして走っていると脇腹が痛くなってきた…

そんな経験は誰でも経験したことありますよね。渡しの場合は学生の時は食事をした後に体育の授業なんてあると最悪でした。

脇腹痛くてやる気が減退です。

そしてかなりの激痛に見舞われることもあるので、なんか病気かな…なんて心配になることも。

この脇腹の痛みなんで起こるかわかりますか。脇腹が痛くなる理由は何なのでしょうか。

スポンサードリンク

脇腹が痛くなるのはなぜ

中村麻布十番クリニックの中村先生によると、脇腹の痛みの原因は腸内のガスのせいなのです。

腸内には元々食べ物の消化したときにでるおならの元になるガスが存在しています。

その腸内のガスが走ることによって腸が揺れガスが上に上がっていくのです。

そうすると腸内のガスは上行結腸から横行結腸肉曲がり角、横行結腸から下行結腸に行く曲がり角のところにガスが溜まってしまうのです。

横っ腹の痛み

そのガスがどんどん溜まってくると腸が広がり内蔵を圧迫します。これによって痛みが発生し、走っている時の脇腹の痛みになるのです。

このような考え方以外にも脾臓から血液が急激に流れ出る痛みが原因という説もあります

スポンサードリンク

脇腹の痛みを簡単に解消する方法

日本ランニング協会の園原健弘さんがその方法を教えてくれます。

この方法は走りながらするということがおすすめです。

走りながら手を上げて脇腹を伸ばすだけです。上げる手は脇腹の痛みを感じる方の手ですよ!

では手を上げるだけでなぜ脇腹の痛みが消えるのでしょうか。

園原さんによると、脇腹を伸ばすことによって、腸を伸ばすことができます。腸を伸ばすことによってガスが移動しやすくなるのです。

ガスが移動しやすくなることで、脇腹に溜まっていたガスが移動して、腸の広がりが改善して痛みがなくなるのです。

手を上げながら走ることでガスが移動しやすくなるということですね。

 

マラソンやランニングを毎日している人、運動会の練習で走っている人、体育の授業で急に横っ腹が痛くなってきた…。なんてときは是非試して見てください。

痛みがあると走るどころでは無いですかrあ、これだけで解消されるのであれば最高にいいです!

スポンサードリンク