1. TOP
  2. 離婚…別居…こんなはずじなかったのに…でもそれはワタシの選択だった

離婚…別居…こんなはずじなかったのに…でもそれはワタシの選択だった

 2016/08/10 セミシングルファザーの話
この記事は約 5 分で読めます。 332 Views

3人に1人は離婚しているって言われてます。これってなかなかの数ですよね。

一昔前は、嫁いだ家で生涯を過ごす。離婚なんてもってのほか!って感じだったと思いますが、今は離婚もお手軽です。

職場には必ずバツ○が必ずいますし、それをダメなこととかそんなふうに思うこともありません。(なかにはそうじゃない人もいるかもしれませんが…)

でも、離婚するってなるまでに、離婚に向けての選択を自分でしていってるってことになるんですよね。僕自身の経験からも語ってみます。

今の妻と結婚したのは成り行き

結婚を決めるっていうのは人生で大きな決断になります。結婚するときに離婚するなんて思ってないですし、できたらジジババになっても仲良く手をつないで歩いていたいなんて思うわけです。

できたら、最高の相手と結婚したいし、巡り会いたいって思うのは普通です。

でも、今付き合っている人が本当に結婚していい相手なのかなんて、結婚していいかどうかなんてわかりません。

僕は当初付き合っていた彼女(今の妻)と結婚するのが最良の選択なのかめちゃくちゃ迷いました。そして、優柔不断という性格でもあったので、結婚しようとは思えなかったんです。

それに嫌気がさした彼女(今の妻)は、ある日、「別れるか、結婚するかの選んで」と…

彼女(今の妻)のことが嫌いでもないし、(でも、好きだという自信がない)また誰かとイチから恋愛するのは面倒だ、結婚するならこの機会がもしかしたら最後なのかなって思ってしまい、結婚を選びました。

プロポーズをするわけでもなく、成り行きで結婚しちゃった感じです。

プロポーズをせずに成り行きで結婚した結果

結局、「妻が自分のことを好きだから結婚した!」みたいな、思い込みが僕の中には出来上がってしまいました。

実際に、妻は僕の言うことをよく聞いてくれたし、ガマンしないといけないことも合っただろうなって思うことも平気でしてくれました。

僕は妻に対して感謝をしないといけないのに「妻はいて当たり前」「色々なことをやってくれて当たり前」って思うようになりました。ダメ夫、いやダメ男の典型ですよね。

夫婦共働きだったので、家事の手伝いとか、子供の面倒をみることは、ワタシなりには手伝ってきましたし、妻もこれには感謝してくれていました。

僕の夫婦関係は、妻の愛情によって成り立っていたわけです。

とはいえ、子どもも1人授かりましたし、二人で仕事を頑張っているので、住宅ローンを抱えながら家を買うことができました。パット見は理想の夫婦生活です。

ちょっとしたことで夫婦の関係は崩れる

ローンを抱えながらにはなりましたが、家を購入することもできました。このまま平穏無事に夫婦関係は続いていくものかと思っていたのですがちょっとしたことで、夫婦関係にヒビが入りました。

僕が妻のスマホを見てしまったんです。

そこには1人の男のメールがたくさんあり、しかも特別なフォルダに入っていたんです。別に見ようと思って見たわけではなく、妻からの依頼でスマホを見た時にたまたま目撃してしまったんです…。

僕はそこから、妻と口を聞くことができなくなってしまいます。なんでかっていうと、裏切られるわけがないって思い込んでいたことですよね。平静を装うのも無理になって、どうしたらいいのか全くわからなくなってしまいました。

なんで、こんなことになってしまったのか…。

今思うとそれは、愛されているという安心感に浸って、「自分が妻を愛する」、「妻を大事だと思う」、「妻に感謝する」ということを僕がしなかったからです。主体的に夫婦生活を送っていなかったんです。

こうなった時に、自分の気持ちに初めて気がつくことができます。「自分は妻が大事だったんだ」と。でも、これを自分自身が認めたくない、変なプライドがあって、なんとなく嫌で、受け入れることができずに、妻とは全く口を聞かなくなってしまいました。

(後々知ったことでは、メールの件はまったくの誤解だったと言われました。)

全く口もきかない…こんな状態に妻も耐えることができなくなってしまい、仕事からだんだん帰るのが、遅くなり、ついには帰ってこなくなってしまいました。

セミシングルファザーになる

結婚してから、約4年、新居を購入して、半年で、妻が家を出て行くことになりました。

といっても特殊な形で、どこかに家を借りたわけでもなく、どこにいるかわからない状態で、たまに、家に帰ってはまたどこかへ旅立っていくそんな生活をしてます。

こんな、生活が、もう2年間続いています。

妻に頼ることができる部分もあるのですが、ほとんどが子供と2人で生活をしています。妻と会うのは多くて月4回。

最初はなんでこんなことになったんだ!あの時こうしておけばよかったんだ!って環境とか、人のせいばかりにしていました。

でも、人のせいでも環境のせいでもないんです。

  • 妻と結婚をする時、自分の強い意志ではなかった
  • 妻に感謝をしなかった
  • 妻に素直になんで知らん男とメールしてるんだ!って聞かなかった

結局は自分で別居の道を選んでいってるんです。

どんな状況になっていても、妻のせいでも、環境のせいでもなく、自分のせいなんだと。自分の選択の結果が今にあるんだと。

じゃあ、これからどうするのか…。これからは、今ある、選択を主体的に選んでいくこと、自分で選んでいくことなんです。その結果、離婚になってもそれは仕方がない。でも、自分の人生は自分で選んでいく。

\ SNSでシェアしよう! /

話題を探る!!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

話題を探る!!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ケンイチ

普段は治療家としてお仕事中のセミシングルファーザー!日々感じる話題を色々と紹介しています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 長生きしたけりゃ肉を食べる!やっぱり肉食って大事なんやん

  • U-NEXTの見放題は少ない?ユーネクストを2年間使って思うこと

  • テーブルタップボックスをアマゾンで安く購入!使い勝手はどう?

  • 血管の若返り!毛細血管のゴースト化を防いで美肌を保つには

関連記事

  • 別居を2年間続けているのに離婚をしない3つの理由

  • シングルファーザー的幼児を早く寝かして自分の時間を作る方法