2月12日放送のバイキングで放送されていたのは、今週のびっくりしたニュースSP

で腹が立つ出来事で話題に上がっていたのが、不倫育休の宮崎議員です。

今日の記者会見で議員辞職を表明していましたが、

不倫報道をしたのが週刊文春ということもあり、

気になるのがハニートラップです。

先週のバイキングの放送の中で、

東国原さんがハニートラップ説をかなり力説していたこともあって、

ハニートラップを仕掛けられていたのかどうかが気になりますよね。

そこで今回のハニートラップ評論家の東国原英夫さんがその可能性について語っていました。

ハニートラップはあったのか

東国原さんはハニートラップがあったかどうかについては微妙と語っていました。

相手の女性タレントと出会ったのはパーティであったそうですが、

声をかけたのは宮崎議員からだったそうです。

女性の方から声をかけていたら明らかなハニートラップといえるが、

宮崎議員から声をかけているので、明らかなハニートラップとは言えないのです。

ただ、豊満な見た目を使って、声を男性からかけてもらうように仕向けることはあると。

でも、そんなことは当事者でないかぎり外から見ているだけではわからないのが事実ですよね。

だから微妙なんですよね。

 

そして宮崎議員はミスコン好きと語り、そんなところに、グラビアの人とかがたくさんいたら、

声をかけ放題でしょう!

とハニートラップは仕掛け放題だということがよくわかりますよね。

でも育休と叫んで奥さんが子供を産んでこの時、話題になっているわけですから、

狙われやすいことぐらい普通にわかりますよね。

普通の感覚なら、自分の政治生命のことを考えると、近づいてくる女の人なんて怪しいに決まってるでしょ!

東国原さんも宮崎議員は「おバカなんですよ」と語り、

宮崎議員は政治家であるにも関わらず自分の立場がわかっていないということを物語っています。

スポンサードリンク

宮崎議員の騒動も事細かく報道されていますが、相手側の女性はあまり語っていません。

女性の友達が語っているのだそうです。

この友達が本当に友達なのか…

ここがハニートラップの怖いことだと東国原さんは話していました。

 

さらに、宮崎議員が抜けたぶんの補欠選挙が4月に行われます。

京都3区はもともと自民党は強くなく、民主党の議員が出てきたら議席を落とす可能性を語り、

もし、京都・北海道の2つの議席を落とすことになると、参院選にも影響があると話し、

宮崎議員とんでもない事をしたと叱責していました。

 

宮崎議員はハニートラップにひっかかったのか微妙なところですが、

相手の女性タレントに和服の着付けをさせたり、国会議事堂の中を案内したり、

ありえない行動ばかりしてますよね。

政治家としても、1人の男としても本当に最低です。

本当に大切な時期にやったらいけないことを平気でできる、

そんな人が選挙で選ばれているのが情けないですね。

スポンサードリンク