1. TOP
  2. 京都府立大でウイスキー飲酒で急性アルコール中毒に

京都府立大でウイスキー飲酒で急性アルコール中毒に

2015/12/17 ニュースな話題
この記事は約 3 分で読めます。

飲酒による急性アルコール中毒で京都府立大学の女子学生が亡くなるという事件がおこりました。

産経新聞によると、12月16日の夜に19歳の女子学生が学校内の部室でその他10人程の学生とウイスキーを紙コップに2杯程度のみ、意識をなくしてしまいました。救急搬送されたものの、急性アルコール中毒で亡くなってしまったというニュースです。

大学で飲酒をすることを禁止に意味あるの?

京都府立大では一部の施設での飲酒を認めていたようですが、この結果学内での飲酒を全面的に禁止するという措置をとったということです。

学内での飲酒を全面的に禁止することが事故の予防につながるのでしょうか…。

学内で飲酒をすることによって今回のような事故が発生してしまったので、学校としては学内での飲酒を禁止にするというのは仕方ない措置なのかもしれませんが、それが予防に繋がるとは思えません。

学外で羽目を外してお酒を飲んで、急性アルコール中毒になることもあるでしょう。

大学生の場合は法律で飲酒が認められる20歳以上の成人とそうでない未成年が同じ場所にいることが問題になるのではないでしょうか。

20歳以上の学生に未成年に飲酒をさせないことを徹底し、未成年にはお酒を飲んだ時の危険性を伝えることが必要です。

私が学生の時も先輩から飲まされるのが当たり前でした…。

スポンサードリンク

けど最終的には自己判断では

学校としてはお酒の飲み方を教える事は必要だと思いますが、最終的には自己責任だと思います。大学生になれば、ある程度の事は自分で判断ができるはずです。

お酒を飲んだらどうなるのか、一気にお酒を飲むとどうなるのか…。

選挙権が18歳からとなった時にも、飲酒と喫煙が18歳からいいのではと議論になっていました。結局、飲酒の年齢が引き下がることはなかったですが、

身体の作りは違うとはいえ諸外国では18歳から飲酒ができる国が多いのも事実。アメリカなど21歳からと定めている国もありますが、18歳から飲酒が出来る国がほとんどです。

18歳は自己判断ができる年齢と考えていいのではないでしょうか。

そんな中での飲酒ですから、大学生にはお酒の飲み方を自分自身で考えてもらいたいものです。

まとめ

大学での飲酒は、学校側は学生にしっかりとした学生生活の心得を徹底して指導する。(していると思いますが。。。)

そして、後は学生が自分自身で考えて行動するしかないのではないでしょうか。

他のも各家庭で一緒にお酒を飲んで、お酒の飲み方を見せるのも大切なのかもしれません。お酒も経験値です。最初に飲むときは羽目を外さず、少しだけから初めることを心がける事が大切なのではないでしょうか。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

話題を探る!!の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

話題を探る!!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

ケンイチ

普段は治療家としてお仕事中のセミシングルファーザー!日々感じる話題を色々と紹介しています。

この人が書いた記事

  • ディズニーバケーションパッケージでもらえるオリジナルグッズ

  • ニンテンドースイッチはいらない?期待はずれの端末か?

  • アボカド種茶でダイエットレシピはコレ!便秘解消にも!

  • 旅館やホテルで満室になっていても予約をとるための方法

関連記事

  • NO IMAGE

    新幹線で手荷物検査は必要なのか不必要なのか

  • NO IMAGE

    メッシが激痛に苦しむ尿管結石の原因とその痛みとは

  • NO IMAGE

    介護職員の給与は増えない。国の対策もほとんど意味がなかった?

  • NO IMAGE

    台風による大雨の影響で箕面グリーンロードが一時的に無料で通行。

  • NO IMAGE

    警告!コストコのガソリン価格。85円なんて数字見るの20年ぶり

  • NO IMAGE

    北朝鮮での庶民の生活はどのようなもの?ヨソで言わんとい亭で暴露