20年前に車に乗っていた人は今のガソリンの値段に頭が痛いですよね。2015年12月12日現在のガソリンの全国平均は1ℓあたり121.9円。

一時期の160円台とかに比べたら大分下がってきましたが、まだまだ昔に比べたら高いですよね。

約20年前は78円/ℓなんて値段は普通にありました。80円台なんて当たり前でしたらね。

c278dac91b22f7e12659c35f9d75273c_s

コストコのガソリン代が80円台に

コストコのガソリンスタンドが新規店舗開店のための安売りで一時的になんと85円~87円になっていたのです。

こんな数字見た人同世代なら昔を懐かしむ人も多いはずです。

しかし、この時の全国平均のガソリン価格は130.3円/ℓ。当然ながら赤字覚悟の決死の値下げですよね。

しかし、

 

なんてツイートもあり、会員費をとっているコストコはガソリンスタンド専売の店と比べると、多少安くしてもそこまで痛手ではないということですか…。

スポンサードリンク

コストコガソリンスタンド警告を受ける

しかし、全国平均価格を明らかに安い2桁価格で売られたら周囲のガソリンスタンドはたまったもんじゃありません。

ガソリン価格が高騰して160円台になっていた時、1円でも安い店を皆が探し、ほかの店舗より明らかに安いガソリンスタンドには行列ができていました。

ガソリン入れるのに30分近く待つなんてこともありました。

あのころから、1円でも安いガソリンスタンドでガソリンを入れるというのが習慣化したように思います。

そんなところに全国平均よりも50円近く安いガソリンスタンドがあったら、多少遠くても、そこでガソリンを入れようと思いますよね。

そうなると、一般価格で売っているほとんどの店がダメージを受けます、

ガソリン専売で経営していたら、ガソリンの売り上げが出なければ、どうしようもありません。

1店舗が安売りをしたら、(コストコの場合は2店舗で価格競争が激化した結果80円台)その他の店も価格を下げるしかありません。

それも限界がありますよね。赤字でもOKで価格競争されたら、ガソリン専売の店はついていけずにつぶれてしまいますよね。

他の店がつぶれてしまえば、価格競争の原理が働きにくくなり結果、値段を上げても売れるということにもなりかねません。ちょっと大げさかもしれませんが…。

なので今回は公正取引委員会が独占禁止法違反の不当廉売で警告が出ることになったのです。

 

まとめ

ガソリンは少しでも安いほうがいいのは消費者心理としては当たり前です。しかし適正価格で競争されなければ、安い店が生き残って、生き残ったお店が価格を上げだすとそこでしか買えなくなってしまうので、最終的には損をしてしまう可能性もあるかもしれません。

消費者にとってはうれしい80円台ですが、短期的な価格の安さに喜ぶのではなく、長期的に物事は見ないといけないということですね。

でも。ガソリン全国平均80円になってほしいな…。

注:ガソリン価格はすべてレギュラーガソリンで書いてます。

スポンサードリンク