つい先日、ミラーレス一眼のSONY、α6000を購入しました。

img_7138

ワタシはカメラが趣味なわけではないんですが、子供が生まれた時に一眼レフを買ったり、ゴルフのスイング研究用に連射ができるコンデジをかったり、カメラの数がどんどん増えていくんですね。

今回α6000を購入したのは、軽くて手軽に使えるカメラが欲しかったということです。

なぜα6000を買った?購入ポイント

ワタシがα6000を購入したキッカケになったポイントをまとめます。

スマイルシャッターがついている

スマイルシャッターがついている一眼レフカメラって、SONYのαシリーズだけですよね。笑顔の状態を3段階で検知して、笑い方の状態でシャッターを自動で押してくれます。

家の中で子供が遊んでいる時とか、三脚を立てといて自動でスマイルシャッターをセットしておけば、自然な笑顔を撮ることができます!

また、1人で旅行して、三脚たてて写真を取る時にもスマイルシャッターを使えば、一人でも自然な笑顔を撮ることができますよ。

1人で旅行して自撮りをすると、なんか笑顔じゃないよね…っていう写真が多いって時に便利がいいんです。

ミラーレスでサイズがちょうどいい

α6000の前に、子供の写真を撮るために、Canonの一眼レフの入門機EOS kiss X5を購入したんですが、どこか持ち出すときには、結構場所をとるんですよね。

カメラ専用のバックは持っていないんですが、普段持ちのバックの中に、一眼レフを入れるとそれだけで場所をとってしまって…。

一眼レフは気合を入れないとお出かけの時にはなかなかもって行けないんですよね。

それに比べるとα6000はそれほどサイズも大きくなく、カバンにもサクッと入れることができるので、気軽に持ち出すことができます。

cimg6681

cimg6682

cimg6683

このサイズ差をみてもらうとα6000のコンパクトさがわかってもらえると思います!

でも、コンデジと比べると…。

img_7166

img_7170

やっぱりデカイです(笑)コンデジはポケットにも入れることができるサイズなので、これと比べるのはちょっときついですね…。

APS-Cサイズの大型センサー

α6000には一眼レフ入門機と同じサイズAPC-Cサイズの大型のセンサーが採用されています。センサーサイズが大きい方が色彩やボケ味が豊かな写真が撮れます。

他のメーカーの入門機には、APS-Cよりも小型のイメージセンサーが採用されていることもあるので、サイズだけで言えばα6000がより大きなイメージセンサーが採用されていて、画質がいいといえます。

ただ、メーカーによって技術が違うので、イメージセンサーが大きい方が絶対的に画質がいいのかというとそうではない部分もあります。

ワタシの場合は、α6000で、どんな写真が撮れるのか、写真共有サイトPHOTOHITOというページで確認して、気に入ったので、α6000にしました。

まぁ、スマイルシャッターがどうしても必要だったので、α6000にした感もつよいですが…。

2ダイヤルで使いやすい

α6000は若干重たくなりますが、コントロールホイルとコントロールダイヤルの2つのダイヤルがついているので、シャッター速度や絞りを自分で設定したい時に楽に設定することができます。

オート任せだけでなく、マニュアルでも写真を撮りたいとか、撮れるようになりたいって言う人は2ダイヤルの方がいいですよね。

α5100だとコントロールダイヤルが省略されているので、細かい設定をしたいときには若干不便です。

cimg6685

cimg6684

電子ファインダーがついてる

SONYのαシリーズの入門機(α5000・6000シリーズ)には電子ファインダーがついているものと、ついていないものがあります。

α5000は電子ファインダーがついてなく、そのかわり液晶が180℃ティルトとするので、手持ち自撮りに便利!α6000は電子ファインダーが付いている変わりに、液晶は180°ティルトしません。

電子ファインダーのメリットは明るいところでも、液晶がはっきりとみれるというところです。実際に、日中の日差しが強い中で、実際に使ってみると、その恩恵を受けることができました。

cimg6688

AFが速い

α6000のオートフォーカスは0.06秒という、素早さ!実際に使ってみても、オートフォーカスがかなり速く、狙ったものにピントが合います。

子供を追いかけるときにオートフォーカスが遅いと、撮りたいところで撮れないということもありますが、α6000は大丈夫です。運動会でも活躍できそうです。

また、最高で11コマ/秒の高速連写ができるので、運動会で子供が競技に出るときなんかはとりあえず連射しまくって、その中でいい写真が撮れることを期待するなんてこともありです。

ワタシのような素人が写真を撮るときにでもすごく活躍できそうです。

α6000のキャンペーン中でちょっとお買い得だった

α6000は2016年9月2日~11月6日にカメラを購入した人を対象にパワーズームレンズキットは5,000円。ダブルズームレンズキットは10,000円のキャッシュバックをしています。

ワタシが購入した時点の価格でパワーズームレンズキット、カメラのキタムラで購入して67,350円でした。ワタシが購入したα6000のホワイトは価格コムで、73,261円だったのでかなりお買い得!

ここから、さらに、5,000円がキャッシュバックされるので、実質62,350円なので、α5100よりも安く購入することができました!

このキャンペーンだったことも購入のかなり大きな要因ですね!

ワタシはEOS kiss X5がダブルズームレンズキットだったことと、α6000は気軽に持ち出したかったので、ダブルズームレンズキットは要らないと思って、外しました。

でも、初めて一眼レフを買う人はダブルズームレンズキットの方が絶対得ですね!

ダブルズームレンズキットでつく『E 55-210mm F4.5-6.3 OSS』のレンズは価格コムで見ても29,000円程度します。

パワーズームレンズキット(価格コム最安66,629円)とダブルズームレンズキット(価格コム最安84,800円)の価格差は18,171円。

この時点でも得なんですが、キャッシュバックキャンペーンが5,000円多く受けられるので、13,171円で『E 55-210mm F4.5-6.3 OSS』を購入できるのと同じになります。

キャンペーンの応募はこんな感じ!

キャンペーンに応募するには、SONYのホームページでα6000の製品登録をして、振込口座を登録して、10桁の受付番号をメモります。

そして、専門の応募用紙をダウンロードする。もしくは、カメラのキタムラなどの店舗においてある応募用紙をもらってきて、

%ce%b16000-1-1

必要事項を記入して、レシート・保証書のコピーと、箱についてある製品バーコードを切り取って貼り付けるだけ!

 %ce%b16000-1-3

%ce%b16000-1-2

後は、のりづけして封筒に切ってをはって、ポストに投函するだけです。ちょっと手間ですが、これで5,000円がキャッシュバックされるのは超ウレシイです!

α6000を運動会で使いやすいか?

α6000とCannonのeoskissⅩ5で取り比べをしてみました。私が購入したα6000はパワーズムキットでした。それに対してeoskissはダブルズームキットだったので、eoskissは望遠レンズを装着していました。

なので、純粋な比較はできませんでしたが、α6000の方が連射速度が速いので、徒競走の時には、役立ちます。

それに、オートフォーカスはα6000は狙ったところに合わせることができましたが、eoskissも、もちろん、AFは素晴らしいですが、残念ながら、真ん中に子供を合わせていたんですが、観客にフォーカスされてしまって、残念な写真になりました。

ちなみに、どちらもオートモードで撮影しています。

たまたま、かもしれませんが私が取り比べした結果はα6000のほうが速い動きに強かったです。

徒競走とか、動きが大きいものを撮るときはα6000のシャッタースピードとAFはかなり役立ちます。ただ、運動会でα6000を使う場合は、パワーズームキットではなくダブルズームキットにしてくださいね!

パワーズ-ムでは、子供の近くまでよることができないので、ダブルズームキットのほうが絶対にいいです。

α6000を買うときに買いたいアクセサリー

α6000で心配なのはバッテリーです。Cannonのeoskissを使っていると、バッテリーをそこまで気にすることはないですが、α6000は充電したあと、使っていなくても、数%ずつバッテリーが消費されています。

なので、使いたいときにぱっと使おうと思うと、バッテリーがない…なんてこともあります。

また、旅先で動画とか写真を撮ったりしていると、バッテリーの消費は激しいですし、内臓のWi-Fiを使ってスマホに写真を転送したりしていると、なかなかのスピードでバッテリーが減っていきます。

特に、α6000のようなミラーレス一眼は手軽に持ち運びができるので、バシバシ写真を撮ることができます。なのに、バッテリーのもちを気にするのは嫌です。なので予備バッテリーを購入しちゃいました!

α6000の予備バッテリーはACC-TRW

α6000の予備バッテリーACC-TRWをamazonで購入すると9,300円ぐらいでした。なかなかのいいお値段ですよね。

img_7584

箱の中身はこんな感じです。説明書とバッテリーと充電器が入ってます。

img_7586

充電時間は、満充電まで220分と取説には書いてあります。4時間弱ぐらいですね。とりあえずバッテリーを、α6000に入れてみましたが、まったく反応がなかったので、最初は充電しないと使えないみたいですね。

バッテリーが2つあると、旅行に行くときのバッテリーはあんまり気にしなくてよくなりました!

ディズニーランドに行った時にα6000のバッテリーがどれぐらい持つのか使ってみた

バッテリーを極端に消費するのは、旅行の時でしょ!ってことで、先日ディズニーランドに行った時にバッテリー2つ持ちで行ってみました!

α6000は携帯性がかなりいいので、クビにカメラを引っ掛けて置いて、パシャパシャ写真を撮ったつもりでしたが、200枚と、パレードの動画をちょっとだけ(10分程度)。

このレベルだと、バッテリーは1本で十分持ちました(笑)

フル充電で、朝6時ぐらいから夜22時ぐらいまで使用。ホテルに帰ってから写真をiPhone7に転送したりもしましたが、バッテリーの残りの容量は60%でした。

私レベルのミドルユーザーだとバッテリーは1本でも十分持つ事がわかりました。写真を1000枚近く、動画も1時間以上、絶対撮る!って言う人じゃないと予備バッテリーはあんまり必要ありません。

α6000の暗所での夜景の撮影は

東京ディズニーリゾートに行ったときに、夜の写真も撮ってみました!色々と設定は変えずに、プレミアムおまかせオートで撮っています。

完全にカメラ任せの手持ち撮影です!それで撮れた写真はこんな感じです!

正面入口入ってすぐ

dsc07788

ゲートくぐってすぐにあるシップ

dsc07784

トイストーリーマニアのアトラクション前

dsc07807

ファイルサイズを大分落としているので、汚く見えるかもしれませんが、手持ちでオートでこれだけとれれば素晴らしいです!

ISO2000とかはかなりノイズが酷いというウワサを聞きましたが、意外とそうでもないですね。

写真の細かなところまで気にして、ズームするとノイズはでますが、パッと見ただけだったらめちゃきれいです。かなり満足のできる結果になりました!

ちなみにEOSkissx5で撮った暗所での写真はこんな感じ。

land1

他人の顔がたくさん写り込んでいたので、トリミングしたのもあって変な写真になってますが、どっちのカメラで撮ってもいい感じでした!この写真はマニュアルでシャッタースピードだけ調整して撮ってます。

ディズニーリゾートでアトラクションも楽しみたいし、写真も撮りたいって時は、あんまり邪魔にならない、ミラーレス一眼α6000最高じゃないですか!

 

もうすぐ、α6500が出て、α6000は若干古くなってきた感は、否めませんが、コンパクトで、スマイルシャッターがついていて、AFの速度が速く、連射も11コマ/秒と魅力がいっぱいです。そして、今は、キャッシュバックキャンペーンをしているので買いやすくなっているので、おすすめです。