楽天モバイルで格安スマホを使って携帯料金を少しでも抑えたいですよね。

そんな楽天モバイルなどの格安スマホに変更するときに気になるのものの一つにスマホの機種がありますよね。

そこで楽天モバイルで販売されている、日本製端末、富士通のARROWSとシャープのAQUOSを比較してみました。

123

楽天モバイルのスマホARROWSとAQUOSの比較

富士通 ARROWS   シャープ AQUOS
rm02 (2)   akuos
Android™ 5.1 OS Android™ 5.0
Qualcomm® Snapdragon™ 410 (MSM8916)
クアッドコア 1.2GHz
プロセッサー Qualcomm MSM8926
クアッドコア 1.2GHz
約5.0インチHD 有機EL/
720×1,280ドット
ディスプレイ 約5インチTFT
720×1,280ドット HD
2GB メインメモリー 2GB
16GB ROM 32GB
2,330mAh バッテリー 2450mAh
幅141mmx奥行き68.9mmx厚み8.9mm サイズ 幅134mm×奥行き71mm×厚み9.9mm
約149g 重さ 約145g
約810万画素 アウトカメラ 約 1310万画素
29,800円 価格 39,800円

プロセッサーの性能、画面の大きさや解像度はそれほど変わりありませんが、

大きく違うのは内蔵ROMの違いと、カメラの画素数の違いですね。

この違いが価格に表れています。

スマホカメラのレベルでは画素数はそれほど気にしなくてもいいと思いますが、AQUOSのサンプル写真を

探してみましたが、見つからず実際の写りかげんがどのようなものかはわかりませんでした。

ARROWSの方は楽天モバイルのスマホarrows RM02とドコモ端末を比較したの記事を参考にしてもらうと

ARROWSでとった写真までたどり着けます。

カメラの性能をガンガン押しているスマホでない限りあまり期待できるものではないかと思いますが、

今時のスマホカメラで汚くて見れない・・・なんてことはないので、それほど気にすることはないです。

こだわりがなければ十分その役割を果たします。

他にも気になるポイントは端末の厚みですね。

ARROWSよりもAQUOSのほうが1mmも厚くなります。

たった1mmと思うかもしれませんが、片手持ちの操作感に影響はあります。

端末が大きくと厚さがあると、取り扱いがしにくくなります。

楽天モバイルのお店が近くにあれば購入する前に持ち感を確かめておくことは大切です。

スマホがヌルヌル動くことも大切なのですが、触った感触と、操作感は

長く使えるか、使えないかで重要なポイントになります。

スポンサードリンク

両機種ともにおサイフケータイ・防水・防塵性能・モバイルSuicaに対応しています。

AQUOSの方は赤外線に対応していますが、最近はあまりつかわなくなりましたよね。

両スマホともに日本メーカーのスマホでありながら、ワンセグなどテレビ機能を搭載していないので、

それを期待している人は、買ったらダメですよ。

まとめ

AQUOSのほうが約10,000円高いことになりますが、10,000円高いだけのメリットがあるのかは微妙なところですね。

カメラなどを楽天のお店で使ってみて、圧倒的にAQUOSのほうがよければ、AQUOSを選んだほうがいいですし、

ARROWSはROMが16GBと少なく、使える容量が8GB程度しかないとのことなので、容量が気になる人はAQUOSを選ぶほうがいいでしょう。

しかし、安く済ませるというのが格安スマホだと思うので、ライトユーザーなら値段の安いARROWSで十分だと思います。

ヘビーに使いたければ、白ロムを購入して楽天SIMを使うことがおすすめです。

スポンサードリンク