日本人の3割しか知らないことで紹介されていたのはスーパーマーケットで知っているとお得な使える情報でした

スーパーでお買い物は主婦にとっては毎日に近いぐらい行う事の一つだと思います。そして、スーパに買い物に行くときは少しでも安く買い物したいですよね。

広告を見て何件か回るという人も多いはず。そんなスーパーで安く買い物をするために知っておいたほうがよい情報をまとめます。

a1fb8ac7e7daeb227f09811f95ffda7f_s

買い物に行く日は大雨の翌日が最も安くなる

大雨が降った日のスーパーを想像してみてください。よっぽどほしいものがない限りは行きたくないですよね。

なので、スーパーにも人が少なく売り上げが大きく下がってしまう事になります。

ショッピングアドバイザーの今野保さんによると、大雨の日の翌日は売り上げを取り戻そうとして、お買い得商品がでる可能性が高くなるのです。

雨が降った日も客足が少なければ、商品は安くなるのですが、それと同時に、商品が残ることになってしまいます。

その翌日は賞味期限が近づいている商品が増えるので、前日より安く売らないと売り切れないのです。

ですから、悪天候などお客さんが少ない日の翌日に行くと安く買い物ができる可能性が高いのです。

スーパーのチラシは単色刷りをしているお店が安い

カラーで広告を出している店は視覚的な効果に頼って作られているのに対して、単色刷りのチラシは、文字による情報が勝負になります。

ということは、単色刷りのチラシは価格など実質的な情報でお客の心をつかまないといけないのです。

ですから単色刷りで広告を出すスーパーは「価格に自信あり」というお買い得のお店が多いのです。

スポンサードリンク

スーパーは平日は大型店休日は小型店に行くべし

平日は近所のスーパー小型店に行く人が多いと思いますが、土日になると郊外にある大型店に行く人が多くなります。

大型店に行くと、子供を遊ばせて、洋服などを見て、フードコートで食事をして、その帰りにスーパーで夕食のお買い物って定番コースになっていませんか?

なので、小型店は少しでも集客するために、土日に激安商品を用意することが多いのです。

逆に平日はお客が少ない大型店は、平日にお買い得商品が出る可能性が高いのです。

休日に大型店に行きたくなるとこですが、近所のスーパーで買い物をしてから、大型店に行くというのも一つの方法ですね。

もやしの値段をみてスーパーの安さを調べる

もやしはどこのスーパにもある商品で、年間を通して値段の変動があまりないので比較しやすいのです。

季節や地域性にあまり変化のないもやしが安ければ、全体的に他の商品も安い可能性が高いのです。

もやしが1袋30円未満だと安いスーパーだと言えるのです。

また、もやしだけではなく、バナナや砂糖なども値段の変動が少ないので、スーパーの安さを比べるためには最適な商品になるのです。

まとめ

お買い得商品を狙うなら大雨の次の日がねらい目です。客足が減りそうな翌日の早くにスーパーに買い物に行くとお買い得商品が見つかるかもしれません。

また、土日は大型店に行きたくなるところですが、近所のスーパーのお買い得情報をチェックして掘り出し物を見つけるようにすることが大切です。

ちょっとしたことでお買い得商品に出会えるかもしれません。知らなかった人は是非この情報を有効に活用してください!

スポンサードリンク