きつすぎるスキニージーンズを履いて長時間しゃがんだ姿勢をとると、

歩けなくなる可能性があるとオーストラリアの医師たちが警告をしています。

スキニージーンズとは

スキニージーンズのスキニーとは英語で『やせこけた・骨と皮ばかりの』という意味で、

脚に皮のようにフィットしたジーンズのことをスキニージーンズといいます。

スリムジーンズと比べるとスキニージーンズは大腿の部分まで細くなっているのです。

 

 

スポンサードリンク

きつきつのスキニージーンズを履いて長時間しゃがむと

美しいシルエットを出せるスキニージーンズは人気がありますが、大腿までタイトになスキニージーンズしかもかなりタイトなものを履いてしゃがんだ姿勢を長時間とると、大腿部の血流を阻害して筋肉にダメージを与えてしまいます。

さらに筋肉だけではなく足首を動かす筋肉に指令を与える神経を圧迫してしまい、麻痺をおこしてしまう可能性があるのです。

ニュースで紹介されていた35歳の女性はスキニージーンズを履いて数時間しゃがんだ姿勢で棚からものを取り出していたのです。そして、親戚の引っ越し作業を手伝ったその帰り道、足の感覚がなくなって、歩けなくなり、その場から動けなくなったそうです。

病院に運ばれた時は両足がパンパンに腫れ上がってスキニージーンズを脱がせることも困難だったようです。

女性は一人で歩けるようになるまで4日間もかかったといいます。

まとめ

ファンションを重視してタイトすぎるスキニージーンズを履いて長時間しゃがんだ姿勢をとると歩けなくなるかもしれません。

見た目も大切ですが、自分の体を守るためにも自分に適した服を選ぶことが大切です。無理して履くだけはしないほうが絶対いいですね。

スポンサードリンク

おすすめ記事