8月21日放送のコレ考えた人、天才じゃねで放送されていたのは、すぐに出来る節約ライフハック。

8月はお盆でお金を使ってしまったり、月末になると家計がピンチを迎えたりして少しでも節約したいですよね。

そんな節約に役立つライフハックが放送されていました。

スポンサードリンク

汚れた天ぷら油を一瞬で復活させる

揚げ物をしたあとの天ぷら油、一度使うと揚げカスで汚れてしまいますよね。そんな油は捨てるのが普通だとは思うのですが、そんな悩みを解決するライフハックがあるのです。

揚げ物をして天ぷら油を使ったら火をとめて5分放置します。

5分たったら食べ残した冷ご飯を油の中にいれます。

冷えた状態のままスプーン1杯の冷ご飯を油の中に入れます。

後は端でかき混ぜるだけです。できるだけ揚げカスとご飯が混ざるようにします。

予熱でご飯が揚がっていきます。そうすると米粒に油かすがついてくるのです。

コレをすてれば、油かすがなくなって、綺麗な油に戻るのです。

その理由は…

理科教育研究フォーラムの松延康先生によると、熱い油にご飯を入れると熱でベタベタになります。このベタベタが米のでんぷん質で混ぜているうちに油かすを集めて固めるということなのです。

小さくなった石鹸を復活させる方法

最近では手洗いも石鹸を使うよりも液体のハンドソープを使う家庭も多いと思いますので、使える人、使えない人はいると思いますが、小さくなった石鹸を復活させる便利のいいライフハック紹介しますね。

石鹸は小さくなると手洗いに使っていても、使いにくくてまだ残っていても捨てちゃうっていう人もいるのではないでしょうか、

そんな時は電子レンジを使って石鹸を復活させるのです。

小さな石鹸を4個程度集めて耐熱皿にのせます。

それを電子レンジに入れて500Wで40秒間チンします。

そうすると石鹸がお餅みたいに膨らんでいくのです。こうすることで小さな石鹸が集まって大きな石鹸になるのです。

チンした後は熱いので30秒程度冷ましてから普通の石鹸として使えます。

発泡スチロールみたいな感触になる石鹸は泡立ちも抜群です!

石鹸が電子レンジで膨らむ理由は…

松延先生によると、石鹸の中の水分が熱せられて蒸発することによって膨らむのだそうです。

スポンサードリンク

毎日使うシャンプーを節約する

髪の毛の長さによってシャンプーの必要な量が違うと思うのですが、ついついシャンプーを出し過ぎてしまっている。そんなことはありませんか。

そんな時はスーパーや100円ショップで売っている、掃除や料理の時に使うビニール手袋をつけてシャンプーをつけ、手袋になじませると、信じられないほど泡立ちます。

なぜビニール手袋をつけると泡立つ?

シャンプーの中には界面活性剤が入っていますので手のひらでシャンプーをとると、手のひらの脂や汚れに界面活性効果が奪われてしまうのです。

ですからビニール手袋を使うことで、手の脂汚れに触れることがないので、少量でも泡立つことができるのです。

コルクが眉ペン

節約にもなりますが、眉ペンが無いときにも役立つライフハックです。

コルクの端をライターに火で炙ります

コルクを冷ましたら炙った部分を綿棒にとります

後は綿棒で眉ペンと同じように書くだけです。

なんとコルクだけで眉毛を書けることができるのです。眉ペンで書くのと見分けが付きません。コルクは天然素材なので、体に悪いこともないそうです。

街なかで女子にコルクで眉を書いてもらっていましたが、結構好評でしたよ。しっかりと眉もかけていました。

 

簡単に節約できるライフハックを紹介しました。チリツモな感じではありますが、少しでも節約すれば、別のことにお金を使うことができるので、是非やってみてください。

スポンサードリンク