1. TOP
  2. バイキング!やりくりして貯金をする主婦のテクがスゴイ!

バイキング!やりくりして貯金をする主婦のテクがスゴイ!

役立つ話題
この記事は約 6 分で読めます。 4,249 Views

6月23日放送のバイキングの特集はやりくりで年間百万円以上貯める主婦という人たちが登場していました。

1世帯当たりの平均貯金額が1,805万円というデータがあるそうですが、だれがワタシの世代(30代)からすると、1,000万なんてどうやって貯金すんの!って話ですよ!

まぁこれには裏があって、全体の11%の人は100万円も貯蓄をすることができていないんです。一部の富裕層たちがお金を溜め込んでいるので平均貯金額が上がるってことです。

4,000万円以上貯金がある人が12.1%もいるので、この方々が平均をぐっとあげてるんです。

特に60歳以上は2000万以上の貯金をしていますが、40歳未満は600万円程度の平均貯金額です。

まぁ貯金出来ているのは一部の人だけだということです。600万円でもすごいですけどね!

でも今回バイキングに登場していた主婦たちはスゴイですよ…。

オリジナル家計簿で2年で350万円

最初に登場したのは、手取り年収500万円子ども3人の38歳のあきさん。額面にすると700万円ぐらいあるので、給与はかなりいいですよね。

38歳の平均年収は533万円なので、まぁらくらく生活ができる圏内にいる人ですね。他にも児童手当などもらえるはずなので、もうちょって収入はあるはず。

それでも、たった300万円を貯めるのに2年もかかるのかと落胆してしまいますが…。

あきさんは市販の家計簿をしっかりとついていたそうですが、どこにムダがあるかわからず、お金が貯められなかったそうです。

ワタシの感覚ではこの年収で貯金ができなければヤバイ人なんですけどね…。

あきさんは大学ノートに自作して家計簿をつけていくことで、どこにムダがあるのかを発見することができて、貯金ができるようになったんです。

食費などに入れてしまいがちな「外食費やお菓子」・映画や外出などの「娯楽費」、衣類や家具などの「雑費」、この費用をどうしても必要ではないムダな費用として捉えることで、ムダ費用としてチェックしていきます。

こうすると、本当に生活に必要な費用じゃあるのかないのかというのがわかるわけです。

絶対に必要なものと、どっちかというと必要なもの(ムダ費)に分けて家計簿をつけていくのがポイントです。当たり前のことですね。家計簿はムダをそぎ落としていくものです。ムダが分からなければ、タダの帳簿です。

給料の全額を銀行から下ろして1年で100万円

子ども2人のみよさん31歳、子ども二人。夫の手取り年収は380万円、額面で450万円ぐらいですね。みんなけっこうもらってるんですね…。

ワタシ40前でもこんなに年収ないよ(涙)

この方は給料日に給料を全額現金化して、1年で100万円貯金したんです。

給与を引き出して「1回現金にして手に持つことで、お金のありがたみと重みをかんじる」とみよさんは話しますよ。こういう考え方好きです。

給与も保険や駐車場などはちゃんと銀行へ積立、そして残りのお金を持ち帰り、残りのお金を1週間ずつ封筒に1万円ずつ入れていくんです。食費・オムツ・日用品を1週間1万円でやりくりしていくんです。

そして支出用封筒、貯蓄用封筒と振り分けていってました。

  • やりくり費
  • レジャー費
  • ガソリン代
  • 夫の小遣い
  • 妻の小遣い
  • 子どもの習い事

貯蓄用が

  • マイホーム用
  • 家賃更新用
  • 万が一用
  • 教育資金用
  • 特別出費用
  • 残し貯め用

こんな感じで封筒に現金を細かくわけてました。封筒にいれることで、1週間にどれだけ使うかがはっきりとします。これは現金派の人にはいい方法ですよね。

これを成功させるには封筒に入れた予算以上に使わないということがポイントです!予算が足りなくなった…がないようにしましょう!

そして、クレジットカードを使う場合は、予算から、クレジットカード支払い用封筒にします!

この方法のいいところは予算があることです。予算があることで、どれぐらい使えるかがすぐに見えるので、家計簿をつけるよりも、ある意味楽ですよね。

ワタシは家計簿+予算式で実行しています。

スマホを駆使して1年で200万円

32歳のゆかさん夫の手取り年収400万円台、額面にすると500万円前後ですね。子ども1人の3人家族です。

スマホで家計簿をつけたり、お得情報を集めて1年で200万円の貯金です。これぐらいはいってほしいですね。

ポイントは家計簿アプリZaim。レシートをカメラで撮影するだけで、金額・日付・品目などを自動で認識してくれるんです。

予算も入力できるので、予算に対してどれだけ使っているのかグラフで見ることができるんです。なので、後どれぐらい使えるかがひと目でわかります。

そしてもう一つがもらえる・ためせるアプリ「モラタメ.net」です。これを使うことで、化粧品とか日用品とかを買うことがなくなったそうですよ。

送料だけで商品を試せたり、アンケートに答えるだけで抽選で物をもらえたりするんです。いいですね

他にも無料でもカットモデルを探すことができるminimoでヘアカットを節約したり、検索ニュース+を使って検索やニュースを見るだけでポイントが貯まります。

後は、覆面調査サイトミステリーショッピングリサーチを使うと、5000円分の食事をすると7000円分のポイントが貰えると紹介されていました。

この方は色々な収入を増やすための手段を知っていて、かなり賢いです。

超節約ワザで6年で1000万円

小松さん42歳は4人の子どもをもつシングルマザーです。この方は6年間で1000万円も貯めたのはスゴイです。年収はいくらかわからなかったのですが、節約術がスゴイ。

  • ティッシュは普通に使わず半分に切って2倍に
  • 水道代を節約するために、水圧を絞る
  • 電話帳をキッチンペーパーの代わり
  • スイカの皮を凍らせて、冷えピタ代わりに

などなど250の節約ワザを使って6年で1000万円貯蓄。マイホームをキャッシュで買ったというので驚きです。

この方は節約の神ですよね。節約が趣味です。普通の人では絶対無理です。

節約は大事だけど収入を増やすことも考えるべきだよ

4人の主婦の方は貯金をするための努力は素晴らしいと思います。自分に合った節約術を見つけて、お金を貯めて行くことが大事ですよね。

そう、限られた収入の中で、出て行く量を減らすということがポイントなのですが、これだけではもったいない。

スマホの主婦ゆかさんに見習うところがあります。それは収入を増やすことです。世の中には知らないだけで、収入を増やす手段はいくらでもあります。

特に専業主婦の方なら、お友達とランチにいくだけじゃなくて、お金を儲けることを考えるべきです。

例えば、マクロミルというサイトでは、登録無料でアンケートに答えるだけで、ポイントが貰えます。中にはモニターのアンケートなどもあり選ばれれば、世にでる前の商品が試せて、お金までもらえるんですよ!お金は一切かかりません!

アンケートモニター登録

さらに、ブログを使ってお金を稼ぐ方法もあります。ブログに每日記事を書いてお金を稼ぐという方法です。

そんなんできるわけない!って思う人がほとんどですが、けっこうできますよ。ワタシも月々にお小遣い程度は稼がせたもらってます。

そんな方法を紹介しているのが【下克上∞(MUGEN)】~トレンドアフィリエイト教材~です。

怪しい、怪しすぎると思うのですが、続けることができたら、収入を増やす可能性はかなり高いです。ただし、続ける努力と根性がある人しか成功しません。ちょっとやって無理じゃん!では残念ながらだめです。根性がある人は試してください!

出費を抑えるだけでなく、収入を増やすにはどうしたらいいのか考えることです。何かしらお金になることは転がってます。

ソレに気がついて、収入を増やしましょ!ワタシの感覚では主婦にはそのチャンスがかなりありますよ!

\ SNSでシェアしよう! /

話題を探る!!の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

話題を探る!!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ケンイチ

ケンイチ

普段は作業療法士として病院でお仕事をしている、セミシングルファーザー!自分の経験を踏まえながら、役立つ情報をまとめて発信しています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 蒸し生姜のオーブンを使った簡単な作り方!体温を高めて免疫力アップが期待できる!

  • 初心者がスキーをするならショートスキーがおすすめ!パラレルターンも1日で

  • スマホの使い過ぎで手首が痛くなるスマートフォンサム。親指を使いすぎている!

  • ウォーキングで痩せるなら筋膜ほぐしが効果的筋膜をほぐす歩き方とは

関連記事

  • 洗濯王子が教えるプロのシミ抜き・臭い対策とは

  • 【バイキング】参考にしたいヨコミネ式教育法がパワーアップ。

  • お掃除ライフハック。激安に油汚れ・床の凹みをキレイにする方法

  • 得ワザ!簡単にカップ焼きそばが生麺に。かぼちゃでプリンを作る方法

  • 得ワザ!タマネギの皮が超簡単に向けて涙も出ない方法と飲むヨーグルト!

  • ヒルナンデスでアマゾンが教える正しい家電の買い方と人気アイテム