7月12日放送のこの差って何ですか?で放送されていた内容です。洗いたてのタオルと、3日以上使ったタオルの差を比較していました。

皆さんはバスタオルを使った後すぐに洗濯しますか?それとも洗わずにそのまま使っていますか?

バスタオルを何日使って洗濯するかを番組の中で街中の人にアンケートをとった結果は1日49人・2日15人・3日17人でした。そしてすごいのは7日以上洗濯せずに使っている人が5人もいたのです。これには驚きです。

マギーさんなどは3回は使うそうです。逆に上地雄輔さんや加藤浩次さんは1度で取り替えてといってました。

洗いたてのタオルと3日以上たったタオルの菌の差

洗いたてのタオルの菌の数は10cm四方に約500個の細菌がいました。バスタオル一枚で25,000個の菌がいることになるのです。このぐらいの菌の数では特に問題にはならないそうですが、びっくりデスね。

入浴後バスタオルを使用しそのまま放置する方法で実験をしていきます。

1日たったバスタオルには10cm四方になんと約40万個に細菌がふえていたのです。たった24時間で800倍です…。恐ろしい。

3日目のタオルになると臭いが出てき始めます。臭気判定士の富樫さんがこのタオルを臭うとぬか漬けを準備している時の臭いを近くで嗅いでいる匂いの強さがしている分析します。

3日目で相当きてますね。

スポンサードリンク

 

そして3日間使いづつけたバスタオルの菌の数はなんと1100万個に増えていたのです。菌の数は最初に使った状態に比べて2万倍になっています。これはキツイです…。臭気判定士の富樫さんは腐敗が進んでいてだいぶ下水の臭いに近いような感じになると言われていました。

なぜ菌が繁殖するのか

バスタオルで体を拭くことでアカや皮脂が付着し菌の栄養になっているのです。だからふけば拭くほど菌に餌と湿気を与えて繁殖しやすい環境を作ってるのです。

 

私はバスタオルは気持ち悪いので毎日洗っていましたが、洗わずに放置するとこれだけの菌の数が増殖することになるんですね。

7日以上放置している人は綺麗なお湯で体を浄化させた後に、下水の水を体に塗りつけているのと同じ状態になっているということですよね。

ネット上でも1日でバスタオルを選択する人から3日以上使う人様々なつぶやきがされていましたが、体を清潔に保つためには毎日タオルを洗うようにしたほうがよさそうです。

毎日洗濯するのは大変ですが、バスタオルを何枚か用意しておいて、まとめて洗濯するようにしたら少しは楽かもしれません。

スポンサードリンク