11月26日放送のあのニュースで損する人得する人の定番コーナー家事エモン。家事エモンはもう芸人であることを忘れそうなぐらい家事での役立つ知識を教えてくれます。

大掃除も近づき知っておくと手の届きそうで届かないような汚れを落とす方法が紹介されるので、参考になるはずです。

今回、家事エモンが教えてくれるのは、排水口のつまりを簡単に除去する方法です。

08326e0d12a86355d16070842d187014_s

お風呂の排水口、洗面の排水口、「なんだか流れが悪いな…」ということありますよね。そんな時に活躍するのがパイプの中を溶かして洗浄するような洗剤、例えばパイプユニッシュなんかを使う人は多いのではないでしょうか。

しかし、何回か洗剤を投入してもなかなか、水の流れは変わらない…なんてことも有るはずです。

そんなときに活躍するアイテムがあるのです。

スポンサードリンク

排水口の汚れが簡単にとれるフレキシスネイク

排水口が詰まる主な原因は、抜け毛や体の汚れです。お風呂と洗面台では若干汚れ内容はかわるとは思いますがおおまかこのようなことが原因だと思います。

そして排水のパイプに抜け毛などが付着し、どんどん蓄積していきます。そのまま放おって置くと、パイプの中の水の通り道が狭くなり、徐々に水の流れが悪くなってしまうのです。

そんなパイプの中の汚れに役立つアイテムが「フレキシスネイク」です。

日本クリンテック
フレキシスネイク スティック2本付

新品価格
¥1,839から
(2015/11/26 22:09時点)

排水口のつまり取りを専門の業者に依頼すると平均8000円ぐらいかかってしまいます。そんなに手間はかかりそうにないのに8000円は大きいですよね。

しかし、フレキシスネイクはホームセンターなどで購入することができそのお値段も1200円程度どリーズナブル。

このフレキシスネイクの先端にはマジックテープの固い方がついていて、髪の毛が引っかかるようになっています。そして、スティック部分はどの方向にも柔軟な動きをすることが可能で狭いパイプの中もスイスイ入っていきます。

さらには、手元のハンドルを回すと、先端のマジックテープの部分がぐるぐる廻るため、髪の毛を巻つけてからめとっていきます。

番組内では橋本マナミさんの家の浴槽の排水口にこのアイテムを使っていましたが、まぁモザイクがかかっていてもわかる恐ろしい量の髪の毛がとれていました。

家事エモンが紹介していたフレキシスネイクはなかなか効果がアリそうな一品でした。確実に取れるわけではないでしょうが、パイプユニッシュなどの洗剤が効かない時には試して見る価値はあります。

大掃除に揃えるアイテムの一品に追加してはいかがでしょうか。

スポンサードリンク