11月27日放送のコレ考えた人天才じゃね!で紹介されていたオリーブオイルの使いかたです。

最近の油ブームのうちの一つのオリーブオイル。

オリーブオイルに含まれるオレイン酸は、悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やすことで血液サラサラにする効果が期待されていたり、腸に刺激を与えて働きを活発にし、整腸作用があるとも言われています。

3c7aa6fea10a7c8a0b55a5fc272ddd83_s

オリーブオイルの最近の流行りの食べ方は納豆にオリーブオイルですよね!

テレビでもよく紹介されています。今でしょの林先生も毎日食べてるというこの食べ合わせ。私も週に2~3回は食べてます。

そんなオリーブオイルの元となるオリーブの日本での名産地が小豆島です。

小豆島は温暖で少雨な気候がオリーブを育てるのに適しているのです。国内オリーブ生産量の95%も占めるのです。

ミスターオリーブオイル事速水もこみちのオリーブの木も小豆島に植えられているのです。

小豆島でのオリーブを使ったライフハックを教えてくれていたのが、オリーブ農家の石井岩男さんです。

石井さんがつくるオリーブオイルは数々の賞を受賞しています。世界一を決めるオリーブオイルコンテストでは日本人の個人としてただ一人、金賞を受賞したほどの腕を持っています。

そんな石井さんと奥さんが教えてくれたオリーブオイルの使いかたライフハックを紹介します。

スポンサードリンク

鍋のつけダレにオリーブオイルを使う

鍋のつけダレといえば、ポン酢だったり、ゴマダレだったり、好みによって違うとはおもいますが、石井さんのオススメは鍋のつけダレにオリーブオイルです。

小豆島で取れた塩の中にオリーブオイルをいれ、鍋のダシ汁を入れるだけでつけダレができます。

オリーブオイルの香りと塩の味が絶妙で、ひと味違った美味しさが味わえます。

オリーブの炊き込みご飯

オリーブの炊き込みご飯は小豆島での一般的な家庭料理。渋抜きして、一週間塩水につけたオリーブ(オリーブの新漬)をご飯と一緒に炊き込んだ、炊き込みご飯。

オリーブの程よい食感と塩味が楽しめます。

みそ汁にオリーブオイル

みそ汁の中にもオリーブオイルを1滴たらします。石井さんによると、保温効果もあり、香りで食欲が増すとはなします。みそ汁とオリーブオイルも相性抜群なのです。

スポンサードリンク

バニラアイスにオリーブオイル

なんとバニラアイスにオリーブオイルをかけるのです。

バニラアイスにオリーブオイルをかけると、香りとコクがまし高級なアイスクリームに早変わりするのです。

オリーブオイルを肌に塗る

良質な小豆島産のオリーブオイルだからこそできる技。石井さんの奥さんは肌がカサカサした時にはオリーブオイルを直接肌や髪の毛にオリーブオイルを塗ってます。

オリーブオイルは肌や髪の毛に塗るとハリや艶がでるのだそうです。

ベタベタ感はあまりないようですよ。

 

国内でのオリーブオイルの産地小豆島でのオリーブオイルの使いかたのライフハックを紹介しました。

オリーブオイルを作っている人だからこそわかるオリーブオイルの使いかたが盛りだくさんでした。

オリーブオイルが好きな方は是非試してみてください。摂り過ぎには注意してくださいね。

スポンサードリンク