ワイドナショーだけではなく、朝の情報番組スッキリでも話題になっていた、幼児リードについて議論されています。

幼児用リードとは

子供に紐付きのリュックサックなどを背負わせて、その紐を親が持って子供の急な飛び出しや迷子などを防ぐためにつけるものです。

このような商品のものです。

【ベビーカー用蚊帳付き/天使に変身】迷子 防止 お 散歩 を楽しく ベビー セーフティ ハーネス 赤ちゃん リュック リード 子ども キッズ 幼児 ひも エンジェル (D. ピンク(ベビーカー用蚊帳付き))

新品価格
¥1,680から
(2015/6/21 14:58時点)

 この幼児用リードが世間を騒がせています。見た目が犬を散歩させている見たいなどの批判の意見が多いのです。

スポンサードリンク

 

賛成派の意見

ワイドナショーの中で松本さんは自分の娘には使ったことはないそうですが賛成派でした。「乱暴な運転の人がいっぱいいますから、こうした方が安心だと思います」「命あってのこと」と語ったそうです。

朝の情報番組の中でのインタビューでも子育て世代の方に賛成の意見がありました。急に飛び出された時などにリードがあると安心感があるなどの意見が言われていました。

反対の意見

ワイドナショーの中での反対派は坂上忍さんと武田鉄矢さんは「手抜きとは言いませんが、子どもの命を守ると言いながら親御さんは楽な方にいっているんじゃないの?」「ヒモ持ってればいいわけですから。それで飛び出そうとしたらピュッと引くんでしょ? それどうなの」「見た目があまり良くないね」などの反対意見を言っていました。

朝の情報番組のなかでも一般の方の意見でも子育て世代ではない方の反対意見が多く放送されていました。見た目に関することや手をつなげばいいなどの意見を言ってました。

個人的な見解としては

私はちょうど子育て世代ですが結論は賛成です。外出をしていて子供のことに目をかけていますが、100%子供の集中することは難しいです。

そして歩道を歩いていても電動自転車に乗った高校生やおばさんが歩道をぶっ飛ばして来ます。街中は本当に危険がいっぱいです。

子供は周りに気を配ることができず、どうしても興味をもったところに行こうとするためどこに行動するか予測がつかないところもあります。

「手をつなげばいいだろ」という意見もあるかもしれませんが、手をつなぐのも嫌がってそれもできないこともあります。

子供の安全を守る手段の一つとしては全然ありです。子供が飛び出してひいてしまったら子供が痛い目を見るだけではなく、子供をひいた当人は重たい責任をとらないといけないですよ。

お互いの安全のことを考えるならば幼児用リードの使用は妥当だと思います

スポンサードリンク