11月5日放送のあのニュースで得する人損する人の定番コーナー坂上忍さんの『特ワザ』のコーナーです。今回は豆乳とサイダーで飲むヨーグルトを作る方法と、タマネギの皮を簡単にむく方法がしょうかいされていたので、まとめました。

スポンサードリンク

豆乳にサイダーを加えてかき混ぜるだけで飲むヨーグルトが一瞬でできる

作り方は超簡単です。

豆乳とサイダーを1対1の割合で混ぜるだけ

匂いはサイダーなのですが飲んでみるとヨーグルトの味がしっかりとするのです。その理由はなぜなのでしょうか?

それを教えてくれるのが、人間の味覚を科学的に研究している慶應義塾大学の鈴木隆先生。鈴木先生によると、人間は5つの味で感じることができてそれが、『甘味』・『塩味』・『酸味』・『苦味』・『旨味』なのです。

その5つの味を数値化出来る機械(味覚センサーレオ)を開発されたのです。

味覚センサーレオを使って飲むヨーグルトと豆乳にサイダーを混ぜたヨーグルトを数値化するとほぼおなじ味のグラフが出来上がりました。これにより、豆乳inサイダーが飲むヨーグルトと同じ味なのがわかるわけです。

さらに似ているのは味だけではありません。飲むヨーグルト特有のドロっとした感じです。

のどこしもまで飲むヨーグルトに近い。サイダーには酸味料が含まれていて、その成分が、豆腐を固める成分と同じ事があります。なので、豆乳にサイダーを混ぜるとヨーグルトのような食感に固まりはじめるのです。

スポンサードリンク

タマネギの皮が簡単にむけて涙が出なくなる方法

ハンバーグにカレーライスなどなど、色々な料理に大活躍するタマネギ。タマネギで面倒なのはタマネギの皮を剥くことですよね…。結構むきづらくてイライラすることないですか?

そんなタマネギの皮を簡単にむく方法があるのです。

タマネギは切り込みを入れてチンするだけで、皮がルツンと向けるのです。

  1. タマネギの上下を切り落とす
  2. 縦に1か所切り込みを入れる。切り込みを入れる深さは2~3mm。皮が切れれば大丈夫です。
  3. 500Wの電子レンジで2分間チンします。
    ※耐熱容器に入れて温めすぎに注意しながら行ってください。
  4. 切り込みを入れた部分から一気に皮をめくる

 

慎重に皮をむかなくてもツルンと皮をむけるのです!そしてこれで終わりではありません。包丁でタマネギを切っても涙が出なくなるのです。

電子レンジで温めると、タマネギの水分が膨張し実も同時に膨らみます。水分の膨張によって実と皮の間に隙間が生まれるので、皮が向けやすくなるのです。

そして、タマネギを切る硫化アリルという物質が飛び散りそれが目にしみる原因となります。硫化アリルは熱に弱く、加熱するとなくなり目にしみなくなるのです。

さらにはタマネギは少し温まっているのでカレーライスなど加熱が必要な料理の時短につながります。

ただし欠点があってオニオンスライスなど、生で使いたい時にはこの方法が使えないということです。用途は限られますが、加熱する料理にはこの特ワザはありです。

 

タマネギのワザは坂上忍さん的には生で使えないということで損ワザにはなっていましたが、使えるワザには変わりありません。レンジでチンして苦しいタマネギの涙生活からおさらばしましょう。

スポンサードリンク