1. TOP
  2. 洗濯物が臭い!部屋干しの正しい干し方で臭いを解消しよう!

洗濯物が臭い!部屋干しの正しい干し方で臭いを解消しよう!

2017/01/22 役立つ話題
この記事は約 6 分で読めます。

雨が降ってもどうしても洗濯物を干さないといけない…。夫婦共働きで、昼間家に居ない…。独身で洗濯物を外に干して見られてくない…。そうすると、部屋干しをするしかなくなってしまいます。

部屋干しをするのはいいんですが、乾くまでに時間はかかるし、生乾きの臭いが発生するとたまったもんじゃないですよね。

生乾きの臭いが発生したら、最悪もう一回洗濯しないといけないなんてことにもなりかねません。なので、少しでも、洗濯物の生乾きの嫌な臭いを消すための部屋干しの方法を紹介します。

 

7f331a0c745ac38be5057373db9e03a4_s

洗濯物が臭くなる理由って

洗濯物が臭くなる理由は、洗濯をした時に、洗濯物から落ちきれなかった皮脂やアカなどをエサに雑菌が繁殖すること等によって、いやーな臭いが発生してしまします。

部屋干しは、乾くまでの時間がどうしても長くなってしまいますよね。

ライオンの実験によると、部屋干しをした時の嫌な臭いは約5時間から出始めるということがわかっています。なので、なるべく早く洗濯物を乾かすことが、部屋干しの臭いを防ぐことになるんです。

なので、部屋干しでは、少しでも早く乾かすようにします。

洗濯物を早く乾かして、部屋干し臭を減らす干し方

部屋干しをする時に使うアイテムの1つに洗濯ハンガーがありますよね。タオルを干したり、靴下や下着などを干す時に便利がいいんですが、この洗濯ハンガーの使いかたによって洗濯物の乾燥時間が全然違います。

IMG_6247

洗濯物を無造作に干したら、乾くまでどのくらい時間がかかる?

ライオン株式会社のお洗濯マイスター山縣義文さんがテレビで、最高の干し方を伝授してくれて居たんですが、洗濯ハンガーを使っとときに何も考えずに無造作に干すと乾燥時間を無駄にしていることを実験で証明していました。

ライオンで実験した結果、洗濯ハンガーに無造作に干した場合、洗濯物のが感想するまでにかかる時間は約4時間30分から5時間ぐらい。でも、正しい方法で干すと4時間で洗濯物を乾かすことができます。

4時間で乾かすことができれば、嫌な部屋干しの臭いが洗濯物につく可能性がグッと低くなるんです。

洗濯ハンガーを使って効率よく洗濯物を乾かす方法とは

重要なのは洗濯物を干す場所です。長いタオルなどの一番長い洗濯物はハンガーの外側に干します。そこから内側に行くにしたがって、長さの短いもの、大きさの小さいものを中の方に干していきます。

洗濯1

なので、外側に長いタオル、続いてシャツ、続いて下着、続いて靴下と段々と小さくして補していくので、洗濯物がアーチ型になっている状態になります。

ポイントは風を通すこの赤丸の空間が大事です!

洗濯2

脱水後の冷たい衣類に対して風はこうながれます。バラバラに干すと下からの空気の流れができず、中心部に風が入らないのです。しかし、アーチ型に干すと、まんべんなく風が入るので、洗濯物が早く乾くんです。

洗濯3

雨の日の部屋干しの場合、梅雨の季節だったりすると、雨が入らない程度に窓を開けて換気するとはおもいますが、サーキュレーターや扇風機の衣類脱臭などで空気を循環させるとさらにいいです。

部屋干しをする時に乾かしやすい場所は

つづいて、干し方はいいとしても、部屋干しをする場所もすごく重要です。部屋干しをする時に、部屋のどこで洗濯物を干すか意識できてますか?

干している場所を間違えると、洗濯物が乾きにくくなります。それが、窓際に干すこと。

少しでも、日光に当てたいという気持ちで、カーテンレールに引っ掛けて洗濯物を干したり、物干しスペースを窓際においていませんか?この干し方だとすごく効率が悪いんです。窓際、は湿気が溜まりやすく、衣服がとても乾きにくい場所なんです。

84027298c591b1c6296bffde97994922_s

なぜ窓際は洗濯物が乾きにくい?

洗濯物が乾く仕組みは、洗濯物は濡れた服から蒸発した水分が周りの空気と入れ替わることで乾きます。

洗濯物の側に窓や壁があると、湿った空気が入れ替わりづらくなるので、乾きにくいんです。窓際で部屋干しをしたとき、窓側だけ乾いていないという経験のある方は多いんではないでしょうか?

その原因は洗濯物から蒸発した水分なんです。近くに窓や壁があると、洗濯物からの湿気を多く含んだ空気が入れ替わりにくいからなんです。

部屋干しは部屋の中央がベスト

じゃあどこで部屋干しをするのがベストなのか…。それは、部屋の中央です。洗濯物の周りの空間を広くすることで、衣服から出た湿度の高い空気がとどまることなく部屋に拡散していきます。

でも、部屋の中央のほすのはむずかしいですよね。

そんな時は部屋の入口など空間が広く取れる場所に干しておけば大丈夫です。

梅雨の洗濯物は雨が降っていても室外に干す

雨が降ってきたら洗濯物は部屋の中に入れるのは常識なんですが、洗濯物は外の空気に触れることが大事なんです。

特に、梅雨の時期は人が生活している部屋の中の方が外の空気よりも湿度が高いことが多いんです。

色々と考えてみるとわかるのですが、人が生活をしていると汗をかきますし、料理をすれば湯気がでます。また呼吸をしているだけで、水分を吐き出していることになります。人が活動することで、湿度はあがります。

窓を締めきった部屋で生活をしていると湿度は80%にもなるといいます。

なので、雨の降り始めや小雨の場合は室内よりも外の方が湿度が低いことが多く、軒下など雨の当たらないところで乾かす方が早く乾くことになります。

ただし、外は雨が降っているので、外の湿度はどんどんとあがってきます。

ずっと外に干し続けているとやはり乾かなくなってしまうので、雨が降り始めて30分程度を目安に外干しをするようにしましょう。これは、雨の降り始めの場合だけに有効だと思ってください。

 

梅雨に濡れた靴を乾かす方法。

雨の日が多くなると濡れた靴が乾かないって悩みも有りますよね。雨靴を常に履けていれば、そうでもないですが、普通の靴を履いて出かけると、傘をさしていても、靴の中は水びたしなんてこと多いですよね。

替えの靴がたくさんあればいいですが、そうでない時は、どうしても翌日までに濡れた靴を乾かさないといけないということもありますよね。

そんな時はどうしていますか?

一般的には新聞紙を靴の中に入れて乾かしますよね。でもこの方法では靴は簡単には乾かないんです。

新聞紙を靴の中に入れておくと、新聞紙はくつの水分を吸い取ってくれます。でも、ずっと新聞紙を入れっぱしにして新聞紙が水分をしっかりと吸うと、今度は新聞紙の水分が蒸発して、靴に水分が戻っていきます。

これの繰り返しで靴はなかなか乾かないんです。

靴を早く乾かすには靴の中にカイロを入れる

靴をどうしても翌朝までに乾燥させたいときは、靴の中にカイロを入れると早く乾きます。これは、カイロが長時間にわたって熱を供給してくれることで、効率よく水分を蒸発させてくれます。

どれだけ早く乾燥させることができるか実験をしていました。

同じ靴を濡らして、カイロで乾かすのと新聞紙を入れて乾かすのとどれぐらい違うのかを実験です。どれだけ乾燥したかは、水分の重さで計測します。

濡らす前の重さ390gの靴を400gまで水分を含ませて、カイロと新聞紙どちらが早く乾くのかその重さで比較します。6時間後の重さを計測すると、新聞紙は398gでほとんど変わりませんでした。

それに比べるとカイロを入れた靴は392gでほとんど乾いていました。圧倒的にカイロの方が乾いていました。

どうしても翌日までに靴を乾かさないといけない場合はカイロを使って乾かしましょう!

 

 

部屋干しをする時は、洗濯ハンガーの使いかた、洗濯物を干す場所をちょっと工夫すると、乾き方が全然違いますよ!試してみて下さい!

 

\ SNSでシェアしよう! /

話題を探る!!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

話題を探る!!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

ケンイチ

普段は治療家としてお仕事中のセミシングルファーザー!日々感じる話題を色々と紹介しています。

この人が書いた記事

  • 夫の小遣いは平均で37000円!でももっと驚いたのは妻のへそくり

  • 貯金ができない人へ送る!こんな無駄遣いの嵐をしてませんか?

  • 任天堂スイッチでスプラトゥーン2試射会に参加してみた!初心者はボコボコにやられるだけだった

  • ディズニーバケーションパッケージでもらえるオリジナルグッズ

関連記事

  • NO IMAGE

    頑固な泥汚れを超簡単に落とす方法と役立つ洗濯ワザ!

  • 花粉症に効果的な食べ物はタマネギの皮で作る〇〇と〇〇なヨーグルト

  • 【初耳学】ユニクロのヒートテックで知っておきたい正しく着る方法

  • NO IMAGE

    得ワザ!!サンマの内臓が楽に取れる。パンがフワフワに?

  • NO IMAGE

    戸田拓夫が教えるよく飛ぶ紙飛行機の折り方。即席でも25m飛んだ!

  • NO IMAGE

    バイキング!大掃除に役立つ超簡単に汚れを落とす激落ちライフハック