5月25日放送のソレダメから、まもなくやってくる梅雨の話題です。梅雨になると困ることランキングナンバーワンになってもおかしくないのが、洗濯物が乾かないということです。

汗をよくかく季節だし、子どもがいたら、每日の洗濯物は半端ない量になりますよね。洗濯するのはいいけど乾かない…。これが梅雨の悩みです。

そこで、ソレダメで紹介されていた、正しい部屋干しの仕方を紹介しましょう!

教えてくれていたのは、湿気とり装置の研究をする中央大学理工学部の幡野博之教授です。

7f331a0c745ac38be5057373db9e03a4_s

洗濯物は雨が降っていても室外に干す

雨が降ってきたら洗濯物は部屋の中に入れるのは常識なんですが、洗濯物は外の空気に触れることが大事なんです。

梅雨の時期は特に人が生活している部屋の中の方が外の空気よりも湿度が高いことが多いんです。

色々と考えてみるとわかるのですが、人が生活をしていると汗をかきますし、料理をすれば湯気がでます。また呼吸をしているだけで、水分を吐き出していることになります。人が活動することで、湿度はあがります。

窓を締めきった部屋で生活をしていると湿度は80%にもなるといいます。

なので、雨の降り始めや小雨の場合は室内よりも外の方が湿度が低いことが多く、軒下など雨の当たらないところで乾かす方が早く乾くことになります。

ただし、外は雨が降っているので、外の湿度はどんどんとあがってきます。

ずっと外に干し続けているとやはり乾かなくなってしまうので、雨が降り始めて30分程度を目安に外干しをするようにしましょう。

これは、雨の降り始めの場合だけだと思ってくださいね。

部屋干しをする時に乾かしやすい場所は

雨の降り始め30分間外干しした後は、部屋干しをします。そこで、重要になるのは部屋干しをする場所です。部屋干しをする時に、部屋のどこに洗濯物を干していますか?

干している場所を間違えると、これまた洗濯物が乾きにくくなるんです。

少しでも、日に当てたいという気持ちで、カーテンレールに引っ掛けて洗濯物を干していませんか?この干し方が効率の悪い洗濯物の干し方になります。

窓際は湿気が溜まりやすく、衣服がとても乾きにくい場所なんです。

84027298c591b1c6296bffde97994922_s

なぜ窓際は洗濯物が乾きにくい?

洗濯物が乾く仕組みは、洗濯物は濡れた服から蒸発した水分が周りの空気と入れ替わることで乾きます。

洗濯物の側に窓や壁があると、湿った空気が入れ替わりづらくなるので、乾きにくいんです。窓際で部屋干しをしたとき、窓側だけ乾いていないという経験のある方は多いんではないでしょうか?

その原因は洗濯物から蒸発した水分なんです。近くに窓や壁があると、洗濯物からの湿気を多く含んだ空気が入れ替わりにくいからなのです。

部屋干しは部屋の中央がベスト

じゃあどこで部屋干しをするのがベストなのか…。それは、部屋の中央です。洗濯物の周りの空間を広くすることで、衣服から出た湿度の高い空気がとどまることなく部屋に拡散していきます。

でも、部屋の中央のほすのはむずかしいですよね。

そんな時は部屋の入口など空間が広く取れる場所に干しておけばOKです。

おまけ!梅雨に濡れた靴を乾かす方法。

雨の日が多くなると濡れた靴が乾かないって悩みも有りますよね。雨靴を常に履けていれば、そうでもないですが、普通の靴を履いて出かけると、傘をさしていても、靴の中は水びたしなんてことおおいですよね。

替えの靴がたくさんあればいいですが、そうでない時は、どうしても翌日までに濡れた靴を乾かさないといけないということもありますよね。

そんな時はどうしていますか?

一般的には新聞紙を靴の中に入れて乾かしますよね。でもこの方法では靴は簡単には乾かないんです。

新聞紙を靴の中に入れておくと、新聞紙はくつの水分を吸い取ってくれます。でも、ずっと新聞紙を入れっぱしにして新聞紙が水分をしっかりと吸うと、今度は新聞紙の水分が蒸発して、靴に水分が戻っていきます。

これの繰り返しで靴はなかなか乾かないんです。

靴を早く乾かすには靴の中にカイロを入れる

靴をどうしても翌朝までに乾燥させたいときは、靴の中にカイロを入れると早く乾きます。これは、カイロが長時間にわたって熱を供給してくれることで、効率よく水分を蒸発させてくれます。

どれだけ早く乾燥させることができるか実験をしていました。

同じ靴を濡らして、カイロで乾かすのと新聞紙を入れて乾かすのとどれぐらい違うのかを実験です。どれだけ乾燥したかは、水分の重さで計測します。

濡らす前の重さ390gの靴を400gまで水分を含ませて、カイロと新聞紙どちらが早く乾くのかその重さで比較します。

6時間後の重さを計測すると、新聞紙は398gでほとんど変わらりませんでした。

それに比べるとカイロを入れた靴は392gでほとんど乾いていました。圧倒的にカイロの方が乾いていました。

どうしても翌日までに靴を乾かさないといけない場合はカイロを使って乾かしましょう!

まとめ

梅雨時期に少しでも効率よく洗濯物を乾かす方法を紹介しました。軒下がないと雨が降っているときは屋外に干せませんが、雨に濡れない場所が外にある人は是非試して見て下さい。