satus

5月31日放送の林修の今でしょ講座で紹介されていた洗濯の方法を紹介しましょう。なかなか落ちない汚れの悩みや梅雨の時期に悩む洗濯物の問題についての解決策です。

教えてくれていたのが、洗濯のスペシャリスト中村祐一先生です。林先生も驚くプロの洗濯術です!

Yシャツの襟の黒ずみの取り方

satu (1)

Yシャツの襟よごれはなかなか落ちないですよね。仕事などでずっと、着ているYシャツの襟元は黒くなって落ちませんよね。毎回クリーニングに出すわけにもいかないですしね。

そんな、Yシャツの襟元の黒ずみ汚れは皮脂などの油が原因なんです。襟元に付いた油が空気の汚れをくっつけてしまい黒ずみ汚れになってしまうんです。

こんな油汚れには油を落とす洗剤が有効なんです。油を落とす洗剤といえば『食器用洗剤』です。

  1. 食器用洗剤を直接汚れにつけて、歯ブラシで約2分間こすります。
  2. 食器用洗剤を水で洗い流します。
  3. 最後に漂白剤につけて、洗濯機にいれれば、キレイに落ちます。

食器洗剤は直接洗濯機にはいれないで

食器用洗剤を直接洗濯機にいれたら楽だからって言って、食器用洗剤を洗濯機に直接入れたらダメですよ。

食器用洗剤で洗濯をすると泡がたちすぎます。その結果、摩擦がおこりにくくなって洗浄力をおとしてしまいます。なので、洗濯機に入れずに油部分に直接塗ったりつけることがポイントです。

色落ち・色うつりを防止する方法

色落ちして、色移りするとショックですよね。分けて洗ったり、クリーニングに出したり、手間がかかったり、お金がかかりますよね。できたら、一緒に洗っても色落ちしなかったら最高ですよね。

色落ちするのは、水が衣類の色を溶かしてしまうからなんです。なので、色落ちを防ぐには水の溶かしてしまう力を奪うことなんです。そのために役立つのが『塩』です。

水は物を溶かせる量が決まっています。先に塩を溶かせば他の物が溶けにくくなるという原理を利用しているのです。なので、塩を入れると汚れとか、染料とかを水に溶かす力が弱くなるんです。

完全に色落ちがしないわけではないですが、普通の水に比べたら圧倒的に水が溶け出る量は減ります。色落ちを防ぐには水1lに対して塩大さじ1を入れるのが目安です。

ちなみに色落ちしやすい素材は、『綿・麻・ウール・シルク』などの天然の素材が多いです。

生乾きのニオイ対策

834343ece034c5e44c3c4c2389b79847_s

雨が降っている日や梅雨の時期などは、部屋干しをよぎなくされますよね。部屋干しをすると気になるのが生乾きのニオイですよね。生乾きの臭いがついてしまうと、もう一度洗濯をするなんて人もいるはずです。

この生乾きの臭いの原因は、湿った洗濯物の中で増殖した雑菌なんです。生乾きの臭いをつきにくくするためには、雑菌が増殖する前に洗濯物を乾かすのがポイントになります。

生乾きのニオイ対策は超簡単!洗濯物の下に新聞紙を置くだけです。

なぜ新聞紙を置くだけで早く乾く?

洗濯物が乾く理由は、洗濯物の水分を空気中に放出することで乾きます。

梅雨の時期や雨が降っているときは、空気中の湿度が高くなり、洗濯物は空気中に水分を放出することができずに、乾燥することができず、生乾きになってしまいます。

そこで水分の吸収力が高い新聞紙を洗濯物の下に置くと新聞紙が空気中の水分を吸収してくれるので、洗濯物は空気中に水分を放出できるようになり、早く乾かすことができるんです。

ポイントは新聞紙をグチャグチャにすることです。そうすることで、新聞紙と空気の触れる面積が増えることで吸水力がアップして、結果的に早く乾燥することができるんです。

後は部屋干し用の洗剤を使うのもおすすめです。部屋干し用の洗剤には除菌剤も入っていて、雑菌の繁殖を抑える効果があるんです。雨の日が多い梅雨の季節だけでも部屋干し用の洗濯機を使うことをおすすめします。

さらに早く乾く干し方として、アーチ干しがあります。

ドロ汚れの取り方

5952545e62a90be3296d645b81884bf3_s

ドロ汚れは洗剤とか漂白剤では、分解できない汚れです。なので、そのまま洗濯機にいれても落ちない汚れどころか、そのまま洗濯をすると、汚れをひどくしてしまいます。

泥汚れを落とす時のポイントは、泥汚れを落とすときは洗剤を落とす前にドライヤーの冷風を使って泥を乾かすことです。泥を乾かすことで、汚れを落としやすくなります。

泥汚れを乾かさずに洗った場合は、繊維の奥に泥が流れ込んでしまい、より落ちにくくなってしまいます。

①ドライヤーの冷風で泥汚れを乾かします。

 ※温風で乾かすと、泥以外の汚れが定着して、衣類が痛む可能性があるのでやめておきましょう。

②乾いた泥を落とします。水分が完全に抜けることで泥を落とす効果が上がります。

③最後は粉末洗剤で仕上げをするとよりキレイになります。

 

食べこぼしのシミの落とし方

食べこぼしの汚れも油汚れになりますね。油汚れには中性洗剤が効果的なのですが、ガンコな食べ物の油汚れはこれだけではなかなか落ちません。

そこで登場するのがアイロンのスチームです。

食器のガンコな油汚れを落とすときにはお湯を使いますよね。それと同じで、衣類の油汚れにもスチームを当てることで、温度を上げて油汚れを落とします。

高温の蒸気を当てることで、固まった油を柔らかくし繊維から浮かして落としやすくします。そして、漂白剤の効き目を高める効果があるんです。

①食器用洗剤を汚れに付けて歯ブラシで汚れを落としていきます。汚れの裏には白いいらないタオルを敷いて汚れを移していきます。

②水で食器用洗剤を落とします。

③酸素系漂白剤でを汚れにつけます。スチームを3秒程度当てます。

 ※3秒以上のスチーム噴射はやめておきましょう。だいたいお風呂のお湯程度の温度。

直接お湯をかけると漂白剤が流れてしまうのでアイロンのスチームが有効です。

ワタシ的には魔法水を試してみることをおすすめします。

縮んだ衣類を元に戻す方法

お気に入りの服を洗濯機に入れてしまって縮んでしまったなんてことありますよね。

特に、乾燥機を使って、縮んでしまう場合はその温度差が原因です。水に濡れると繊維は開きます。その状態で急激に水分が抜けると一気に元に戻ろうとしてしまい、縮んでしまいます。温度がかかった状態で水分が抜けきれるタイミングが縮みやすいです。

これは髪の毛用のトリートメントをつかうと元に戻ります。

 

この方法は以前『洗濯プロ技!セーターの縮みとジーンズの色落ちを解消する方法』で紹介したのでそちらを見てください。

まとめ

林先生も驚く洗濯方法を紹介しました。なかなかおちなくて諦めて捨ててしまう衣類も多いはずです。どうしても落としたいシミ汚れは今回紹介した方法を試して、シミ抜きにチャレンジしてみるといいですよ!

どうしてもダメなときは魔法水を使うか、クリーニングにもっていくしかないですね