7月19日放送の行列のできる法律相談所にてお金にまつわる法律がいくつか施行されていることが紹介されていました。

番組内で紹介されていた今年追加されたお金の法律についてまとめてみました。

保育料の軽減が義務化

今年4月から子供が2人以上いる過程の保育料軽減が義務化されました。

幼稚園の場合は年少~小学3年生までの子供が2人以上いる家庭は第2子は半額、第3子以降は無料。

保育所の場合は小学校就学前の子供が2人以上いる家庭は第2子は半額、第3子以降は無料になっています。

自転車運転での罰金

今年6月に道路交通法が改定されました。酒酔い運転や信号無視など危険行為と定めて厳しく取り締まっています。

このような危険行為を3年以上に2回以上摘発された違反者は自転車運転者講習の受講が義務付けられました。

無視して受講しないでいると5万円以下の罰金を払わなければなりません。

自転車運転の危険行為は簡単にこちらにもまとめています。

スポンサードリンク

 

軽自動車税の増税

今年の4月1日以降の納車分から増税になりました。年間7200円から10,800円に増税されています。1.5倍なんです!

その一方で軽自動車にもエコカー減税が適用されているので、燃費基準をクリアした軽自動車を購入する場合はその燃費達成率によって自動車取得税・自動車重量税・軽自動車税が減免されます。

介護保険料・国民年金の値上げ

今年4月から65歳以上が支払う介護保険料が値上げされました。厚労省によると、平成27年度~平成29年度の介護保険料が全国平均で月5514円です。

その前の期と比べると542円の値上げになっています。

国民年金も今年度から15,590円となり340円の増税です。

贈与税の免除

人からお金をもらった時にかかる税金が贈与税ですが2015年4月~2019年3月までの4年間限定で結婚・子育て資金の贈与が1000万円まで非課税になるのです。

結婚式の費用・新居の家賃・敷金など・出産費用・子供の保育料などが贈与税がかからないのです。

しかし、条件があって

  • お金をもらう子供・孫が20歳以上50歳未満
  • 金融機関に専用の口座をつくること
  • もらったお金を結婚・子育て資金として使い切る
  • 領収書を提出すること

などが上げられます。

 

私に関係があるとしたら、自転車と軽自動車ですね。値上げの話題ばかりです…。贈与税を減らすことで、結婚や家の購入を促したいのでしょうが、結局はお金持ちは優遇される感じですね。

子供の法律は子育て世代にはかなり助かります。ただ認可された保育園や幼稚園だけにしか適用されないので、待機児童を解消することをちゃんと考えないと、恩恵を受けることができない人もできてしまうということですよね。

子供をみんなが育てやすいように保育料もですが、保育所・幼稚園の数をちゃんとして待機児童が出ないようにしてもらいたいです。

スポンサードリンク