12月11日放送のコレ考えた人天才じゃねで放送されていたライフハックは、靴の臭いが消えるライフハックです。

家に帰って靴をなおそうと思って、下駄箱を開けると、恐ろしい臭いが鼻をつくことありますよね。下駄箱を開けるのが本当に嫌になります。

そんな嫌な臭いを消そうと思って芳香剤を置くと、イヤな臭いと混じってさらに悪臭が漂うことに…。

長時間歩いたサラリーマンのお父さんの靴も恐ろしい臭がしますが、冬場になると、女性もブーツを履く機会が増えて、ブーツの中はムレムレ。そんな状態になっていると男性でも女性でも関係無く靴は臭いです。

そんな靴の臭いを抑えるライフハックを紹介します

89efb7bc26f1999f2286cdd7a64f34c8_s

靴の臭いを消してしまうライフハックとは

靴の臭いを抑えるライフハックを教えてくれるのは臭気判定士の共生エアテクノ代表の松林宏治さんです。

靴が臭う原因は

靴の恐ろしい臭い。あの臭いの原因は『汗』なのです。ブーツを履くと汗をかくのは仕方ないですし、靴を履いてそこそこな距離を歩いたら汗をかくのは避けられません。

靴に臭いを避けるのは難しいのです。

靴の臭いを抑えるにはレモン水を使う

靴の臭いを抑えるのにオススメな方法はレモン水を使うことです。レモン水を使うことで靴のイヤな臭いを抑えることができるのです。

レモン水の作り方

350mlの水にレモン半分の絞り汁を入れます。これだけです。

靴にレモン水を吹きかけて1分間うちわで風邪を送り乾かせばOKです。レモンに含まれるビタミンCが臭いのもととなる最近を減らす役割があるのです。

レモン水の使用期限は約3日です

スポンサードリンク

レモン水は本当に効果があるのか

レモン水がどれだけ臭いを消すことが出来るのか実験していました。臭気計でにおいを数値化し、レモン水と一般的な靴用消臭スプレーとどちらが効果があるのか実験していました。

臭いレベル401の靴を消臭スプレーとレモン水とかけて臭いのレベルの違いを見た結果、靴用スプレーは340だったのに対してレモン水スプレーはなんと295まで下がっていたのです。

レモン水スプレーは一般的な靴用消臭スプレーよりも効果が高いことが示されたのです。

街中に出て臭さそうな靴を履いている人にレモン水スプレーがどれだけ実験していましたがその結果は

427(ブルーチーズレベル)が316、487(くさやレベル)が252へ減少していました。

その後も10組以上実験をしていましたが、そのすべてが臭いレベルは軽減していました。

そして、臭気計ではなく、人が臭いを嗅いでも明らかに臭くなくなっているという効果がみられていました。

まとめ

冬場だけではなく、靴下を履いて靴を履いてどうしても足が汗をかいて蒸れてしまう以上、靴の臭いを防ぐ事はできません。こんな時はレモン水を使って靴の臭いを撃退しましょう。

靴箱の臭いも爽やかになること間違いなしです!

スポンサードリンク