10月23日放送のコレ考えた人天才じゃね!?で紹介されていたライフハックは超お役立ちの洗濯ワザの第2弾でした。

今回も超役立ちワザを教えてくれるのは以前にも神的なクリーニングのワザを披露してくれた、クリーニング歴24年の横倉靖幸さん。

シミを落とす魔法水は超お役立ちライフハックでした。家庭で超簡単にシミ抜きができる魔法水の作り方

横倉靖幸さんの手にかかれば革製品からの色移りした衣類も簡単に落とすことができますし、日焼けで色痩せたカシミヤのセーターを新品のように復活させることも出来るのです。

すご過ぎです!

今回横倉さんが教えてくれた洗濯ライフハックを4つお伝えします。

スポンサードリンク

泥汚れを落とすには洗顔料と使え!

外で遊んできた子供の服や、現場仕事で衣類についた泥。これを洗濯機で落とそうと思ってもなかなか落ちないんですよね。

そんな時はこのようにすればバッチリです!

①泥汚れを完全に乾かして、できるだけ叩き落とす。

泥の落とし方のセオリーは初めに乾かしてできるかぎり叩き落とす事が鉄則です。水で濡らと繊維の奥まで泥が入り落ちにくくなるのでやってはダメです。

②スクラブ洗顔料を泥汚れに手で直接塗ります

約300円程度で買えるスクラブ洗顔料中に小さなスクラブが入っています、スクラブが衣類についた泥を掻きだしてくれるのです。

③1分間優しくもみます。きつくこすってはダメですよ

④水で洗い流します。

なんとこれだけで泥汚れが簡単に落ちてしまうのです。ジャージ素材でも簡単に落とすことができます。

スクラブが洗顔料で泥汚れを落とせる理由

泥は薬品や洗剤では落ちないのです。泥を洗剤で分解するのは不可能なのです。

そこでスクラブ洗顔料が登場するのですが、スクラブ洗顔料は毛穴の汚れをかき出すために作ってあります。その小さなスクラブが泥をかき出してくれます。そのため頑固な泥汚れが綺麗に落とせるのです。

 

コートの毛玉を簡単に取る

コートを使っていると出来るのが毛玉。毛玉がいっぱいになっていくると綺麗にする方法ないかな…と悩むところですが、簡単に毛玉を取ることができる方法があるのです。

毛玉を切らずにのばしていけば風合いが買った時のようになるのです。

毛玉を切ってしまうと生地が薄くなるので良くありません。

毛玉を取るために必要な魔法のアイテムはこちら

台所用食器洗い用のスポンジ。より目が粗いものの方が効果がでます。参考までに下のような感じのスポンジです。

ダスキン台所用
スポンジ6個
(3個セット×2パック)

新品価格
¥780から
(2015/10/23 23:10時点)

スポンジをコートに当てて軽く撫でるだけでOKです

生地を薄くせずに新品のように蘇ります!

スポンジで綺麗になる理由は小さいスポンジの繊維に毛玉がからんで、からんだ糸を引っ掛けてほぐしてくれるのです。

セーターのような柔らかい衣類でも毛玉は取れるのですが、伸びてしまうので注意が必要です。

スポンサードリンク

何も使わずに、ズボンのしわを伸ばす

干した後のズボンはシワだらけアイロンかけるの面倒くさいなぁ…ってことはありますよね。そんな時は干すときに一工夫するだけ。

それは、ズボンを逆さ干しにするだけ。ズボンはポケットなどがウエストまわりについているため、水を含んで重たくなります。

重いものを下にするだけで引っ張られてズボンがしっかりと伸びるのです。

絨毯に絡んだゴミを簡単に取る方法

絨毯に絡んだゴミは掃除機ではなかなか取れませんよね。そんな時に使うアイテムは『ゴム手袋』

ゴム手袋を手にはめて絨毯を軽く撫でるだけであっという間に取れるのです。

ゴム手袋にそなわる摩擦力のちからで絨毯にからまった髪の毛やゴミが簡単に取れるのです。

 

今回も前回の魔法水に続き役立ちネタが紹介されていました。今回紹介した4つも家にあるもので簡単にできるので、是非試してみてください!

スポンサードリンク