6月18日放送のシブがき隊のフッくんこと布川敏和さんがゲストで出演。フッくんといえば昨年6月につちやかおりさんと離婚。22年間の結婚生活にピリオドを打ちました。

離婚騒動以後、家の周りに記者が毎日張っている状態が続き、ノイローゼになりそうになったとフッくんは言ってました。

有名って大変ですね。離婚ひとつで自分の健康が損なわれる可能性がかなり高いわけですから…。

そしてこのマスコミの加熱報道以後、人の視線が気になり引きこもる生活になってしまったそうです。

これだけではなく、離婚を期に生活環境が変わることで起こる症状の「離婚うつ」に…。

パートナーを失うことで無気力・虚無感から生活が滞るなどの症状がでてしまうそうです。離婚うつは特に周りに助けを求められないことが多い、男性に多いそうです。

フッくんは離婚うつが原因となってか、離婚騒動以後ものを片付けられなくなってしまったのだそうです。

離婚以降はは長男・長女と世田谷に築19年の戸建てで暮らしているフッくんですが、長女の桃花さん(21)からはこんな苦情が…

「お父さんが離婚騒動の後から片付けができなくなったみたいでお父さんの部屋が汚くなっている!ゴミ部屋ですね!!」

と…フッくんは、何をするのも億劫になり部屋がゴミだらけになってしまったのだそうです。

テレビカメラがフッくんの部屋を見るとすごいことに…

スポンサードリンク

 

ホコリは部屋にたんまりたまり、服やメガネは山積み、ゴミもその辺に放置…。足の踏み場が全くないひどい部屋でした。

ごミドルほどではありませんが、かなり汚いというか私は耐えられません。部屋だけでなくクローゼットにも服が散乱。

これは一人の力ではどうにかなるものではない状態だったので、収納プロ高橋和子さんの協力の下片付けを開始。

コンマリさんの片付け同様に持っている服を1ヶ所に集めて、いる服といらない服に分ける作業から開始していました。

フッくんがもっている服をリビングに集めるだけでも13人で4時間もかかっていました。フッくん一人で19年分の服2351着…すごい数です。

フッくんがいるものいらないものを3時間かけて仕分けして、1512着の売却を決定しました。

服がなくなった部屋はもちろんめちゃくちゃキレイになってました。

ちなみに、1512着を売却するのがエコリング。一体いくらで売れたのでしょうか?

結果は36,000円でした。古着だったらこんなもんですよね~。フッくんは10万円と予想していましたが残念でした。

スポンサードリンク