6月29日放送のしゃべくり007のゲストに登場していたのはマンガから出てきたようなイケメン山崎賢人さん。

山崎賢人さんは東京都出身の20歳。NHK朝の連続テレビ小説「まれ」で主人公に思いを寄せる同級生役として出演してから女子中高生の人気を集める俳優さんです。

山崎さんは原宿の竹下通りでスカウトされたことがきっかけで芸能界入り。前回しゃべくり007で古田新太さんが嫌いな俳優のリストに入りそうなきっかけで芸能界入りしています。

山崎さんもちょっと気にしてました。

そんな山崎賢人さんには実生活の中でもマンガのような生活を送っていることがあるのです。

それはどんなことでしょうか??

マンガみたいな初恋

山崎賢人さんはどんな初恋をしたのでしょうか。しゃべくり007のメンバーの予想は。

名倉さん「初恋の子が転校する」と正当なまともな予想をたてます。

徳井さん「兄弟二人で、女の子が幼なじみで、両方の家の間に勉強部屋があって…」とタッチの世界観をイメージ

ホリケンさん「転んだら女の子がTシャツにくっついた」

有田さん「引き出しの中から出てきた」

どんどんふざけた方向にいきましたが、どんな予想をしましたか?

正解は、小学校1年生の時に学校の教室でカーテンの仲にくるまってほっぺにキスをされたそうです。

その後で友達に話したら、友達も同じようにカーテンキスをしてもらったそうです。カーテンキスの価値が少し下がった感じがしたと話してました。

小学校の時のこういう思い出っていいですね。けど男前だったからじゃないのか…。ぶさめんだと「気持ちわるい」とかいって終わられそう(^_^;)

私にはそんな思い出当然ありません(笑)

スポンサードリンク

 

マンガみたいな悩み

ヒゲが5mmしか伸びないことが悩みなのです。山崎賢人さんはうなじから顎までヒゲをつなげることが憧れなのだそうです。

若い時ってヒゲほんとに憧れますよね。私もそうでした。私も20歳ぐらいの時はヒゲあんまり伸びなかったですけど、今ではガンガン伸びるので、山崎さんも30歳ぐらいになったらヒゲを生やしてかっこいいお兄さん担っているかもしれませんね。

ちなみにヒゲの生えやすさは男性ホルモンとその感受性に影響されるようですね。

マンガみたいな特技

足の親指と人差し指でティッシュを掴むことが山崎さんのマンガみたいな特技を披露。けど簡単に誰でもできません?

っていうか足で掴んだティッシュを自分の顔に持っていくのって抵抗があります…。

徳井さんが「ジャンピングティッシュってできる」って煽ります。

ちなみにジャンピングティッシュと言うのはティッシュ箱をジャンプで飛び越えながらティッシュを足で取る技なのです。

山崎さんも初めてのチャレンジでしたが一発で成功していました。

さすがマンガみたいな山崎さんでした。

 

ドラマ・デスノートに出演する山崎さんですが、どのようなエルを演じるのか楽しみです。

スポンサードリンク