7月6日放送の私の何がイケないの?スペシャルに登場したホリエモンこと堀江貴文さん。堀江貴文さんは東大在学中に起業し2002年にライブドアを買収。

総資産2000億円とも言われた時代もありました。近鉄の買収やニッポン放送株の買収なんかはかなり話題になりましたよね。

ホリエモンの高額私物は

世田谷の一軒家1億3000万円!!実はこの家は以前結婚していた時に半ば無理やりかわされたそうです。27歳で結婚し2年間で離婚していたそうです。

この家の売却価格は1億5000万円。

2005年に買ったプライベートジェット25億円 売却価格9億円。

維持費は年間2億円なのだそうです。

ホリエモンの刑務所生活

2006年1月会社の経営状態の虚偽の申告をしたとして94日間の拘置所生活を得て、2年半の実刑判決が下り長野刑務所に収監されることになりました。

スポンサードリンク

 

長野刑務所での生活とは

長野刑務所での起床は朝6時40分。風呂に入れるのは週3回で入浴時間は15分。テレビは雑居房に完備され1日5時間程度。さらに介護係になると要介護者のパンツ洗いまでしていたそうです。

そして刑務所での仕事は紙袋に紐をつける単純作業朝8時から16時30分までの8時間繰り返していたそうです。

ライブドア時代は大金を動かして、生活も好きにお金を使えていたところから、どん底の生活です。初月の給与は267円だったそうです。

そして、刑務所には受刑者への差し入れ用の売店があって月に1度だけ日用品の購入することができるのですがその中でもお菓子などの嗜好品を買うことも出来るのです。

しかし、同じ受刑者でも嗜好品を買える受刑者と買えない受刑者がいるのです。

同じ受刑者でも1類~5類の5段階に分類されています。

模範囚の1類になると面会も月に7回 嗜好品などの購入もでき手紙の発信も月に10通までできるのですが、収監仕立ての5類の状態では面会も月2回嗜好品は買えない手紙は月3通までと待遇が全然違います。

嗜好品が変える3類になるまでは半年間無違反で模範囚としてすごさなければならないのです。

そんなホリエモンがどうしても欲しかったのが『スポーツサンダル』

刑務所に入ると最初は便所のサンダルみたいな『便サン』が支給されるのですが、長野刑務所は冬場極寒になります。

便サンだと足をカバーする部分が少なく靴下だけでは足先の寒さをカバーできないのです。

ホリエモンは半年間必死に働いたそうです。そして入所から半年後に3類に昇格してスポーツサンダルを手に入れたのです。

ホリエモンは1000円のサンダルに感動を覚えたそうです。ものの本当の大切さを知ったそうです。こういう考え方が出来るのであれば獄中生活も無駄では無いということですね。

 

今回ホリエモンが売りたかったのが獄中で苦労して買ったスポーツサンダルです。

これを購入するのが森永卓郎さんです。

森永卓郎さんは服役中のスポーツサンダルを10000円で購入していました。

 

会社を経営する能力の高いホリエモンがどん底の生活を知って、これからどんどん新しいものを生み出していきそうな感じがしますよね。成功する人はどん底を見ることが必要なのでしょうか。

またすごいホリエモンを見ることができそうです。

スポンサードリンク