7月25日放送の特盛!よしもとの芸能ウラペディアの特集は芸能界の嫁姑バトルの特集をされていました。そしてゲスト出演していたのは羽野晶紀さんです。

羽野晶紀さんも嫁姑問題は色々取り上げられていましたが、その真相はどうだったのでしょうか?

羽野晶紀さんといえば2002年に狂言師の和泉元彌さんと結婚。その姑であるセッチーこと和泉節子さんとの嫁姑問題は度々テレビで報道され、世間一般のイメージとしては羽野さんと和泉節子さんの仲はかなり悪いという印象ですよね。

その辺りを羽野さん本人に直撃してみると

羽野さんは嫁姑問題はあると言われてますけど私自身はあまり問題ないと思ってますよ。結婚は反対されたのか結婚反対と一度も言われたことがないとかたります。

ちなみに節子さんから嫁の心得7か条がでていたの中身はこんなかんじです。

  • 関西弁ではなく標準語を使う
  • お稽古事禁止
  • マニキュア禁止
  • 車の運転禁止
  • ノースリーブ禁止
  • 芸能界の仕事を辞める   など

報道ではこのようなことが色々言われていたのですが、直接言われたり、紙に書いてみせられたことはないそうです。テレビで見て初めて知ったそうです。

けど守ってないですか?と聞かれれると車の運転とかもめちゃちゃしてますし…と発言し、特にワイドショーで騒がれた嫁の心得7か条を特別意識していないことを話します。

唯一言われたのが芸能人の嫁は良くないからもらうつもりはないと言われたそうです。

セッチーは羽野晶紀さんに嫁に来てほしくなかったのでしょうね…。

スポンサードリンク

 

それでも、羽野さんは当時結婚を前提に付き合っていたので、仕事を整理して芸能事務所をやめたそうです。

羽野さんが所属していた劇団の「看板女優は歴代が結婚引退だったそうでやりたいことをやってすっぱりやめようと思って1年すごしていたので、スッキリと仕事を整理できて、結婚にむかえた」と話します。

しかし、その当初は羽野さんとセッチーがテレビに一緒に出ることはなく、嫁姑問題の間の問題はかなり深いと思われていました。

その当時なぜワイドショーに出てこのことを話さなかったのか聞かれると

「私一切でなくてずっと隠れてた」と羽野さんは語ります。そして、こんな騒ぎになってるのだから、なんとか収めようと家族で話とかしなかったのかということを聞かれると

騒動の時にセッチーと会うときは2人きりになることはまずなかったと話し、「この騒動なんとかしようという会議をしていたと思う」と羽野さんはマスコミに対しての家族会議に羽野晶紀さんは入れてもらえなかったそうです。

やっぱり嫁姑問題の報道は間違っていなかった様子でしたよ。

さらに羽野さんは、ちょっと買い物をして写真を取られたらそれでも色々なことを書かれたと当時のことを語り、和泉元彌さんが子供を自転車に乗せてマクドナルドに連れて行ったら羽野さんがご飯を作っていなくてマクドに行かされたなどの報道も書かれたそうです。

何をしてもいい方向に報道されなければ当時は大変だったじゃないでしょうか…。内から外からよく耐えてますよね。それだけ和泉元彌さんのことが好きだったということでしょう。

最後に嫁節子さんのことを好きなのか聞かれると「なんでいわすねんそれ?」といって答えを濁します。

「みんな勝手に想像しすぎ、すごい平和よ」と言った後にゴホッゴホッとむせていました。

やはりセッチーとの問題は奥が深いということでしょうか。結局羽野さんはセッチーのことを好きということはなく、羽野さんのお話は終わっていました。嫁姑問題があったとしても結婚生活がうまく行っていればいいのですが…。

スポンサードリンク