8月27日放送の耳が痛いテレビに登場したのが藤田ニコル。耳が痛いテレビは視聴者からの苦情や意見を芸能人がうけ、視聴者からの意見に対応するのです。

視聴者からの苦情の電話の相手は17歳の高校生。その電話の内容は「藤田ニコルさんが同世代だと思われたくない」という厳しい意見を藤田ニコルさんに向けてました。

スポンサードリンク

藤田ニコルさんは「どうしてそう思うのですか?」と返すと「誰に対してもタメ口だったり、目上の人を馬鹿にしているような言葉遣いが、おんなじ女子高生としてみんながそういう風にみられるのはイヤ」というものでした。

藤田ニコルさんは「敬語は話せますよ」というと、当然なんで喋らないのですかと質問が返ってきます。

藤田ニコルさんのその答えは「時々わすれちゃうから」とおバカキャラを発揮した回答をしてます。

藤田ニコルさんのおバカキャラっぷりはこちらの記事でも紹介しました。

藤田ニコルの面白すぎるニコル語録しゃべくり007でおバカ発揮

そんな視聴者からの意見に対してニコルさんの周りの芸能人達はこうイイました。

東野幸治さんは

おバカキャラだったり、タメ口だったりしてもそれはテレビに出るキャラクター違うかな~と藤田ニコルさんをフォローします。

スピードワゴン小沢さんは

藤田ニコルさんが楽屋に挨拶に来てくれた時は礼儀正しかったと、そして、藤田さんのキャラはこうやったほうが盛り上がると思ってしていると、藤田さんのいいところを伝えていました。

この小沢さんの言葉を聞いた時に藤田ニコルさんはこらえきれずに涙を流していました。

スポンサードリンク

GENKINGさんは

もタメ口もファッションも含めてニコルンだからこのままんでいいと、キャラの方向性を間違っていないことを強調し、敬語を使っているからといっていい人とは限らないということを視聴者に伝えます。

博多大吉さんは 

全員に好かれる必要はないですからと話します。

どんな人でも全員に好かれるのはなかなか難しいです。芸能人はキャラが濃いわけですから余計にそうでしょう。

さらに、17歳だからといって全員こうだとは思いません。僕の学校にもこんな子はいませんでしたと視聴者に伝え、変わった人が出てくるのがテレビだから、それをネタに話をするのがテレビの楽しみ方なのかなと…

ヒロミも先輩にタメ口は超有名

ヒロミさんも若い頃は先輩にタメ口を聞きまくるキャラでテレビに出まくっていましたが、40歳ぐらいになってそのキャラクターをするのがしんどくなったそうです。

そして「いい加減小生意気もどうなんだ」と言われて芸能界をやめちゃったと。

ヒロミさんがテレビに出なくなった理由を話しました。

そして、タメ口だけで判断しないでください。とお願いしてました。

全員に好かれて生きているわけではない。私を好きって行ってくれる人が一人でも入れば頑張ると藤田ニコルさんの想いを語っていました。

ヒロミさんは最後に本当に勉強しといたほうがいいよと、本気で言ってました。

 

どんなキャラクターでも有名になれば好かれることも、嫌われることもあるのではないでしょうか、しかし、テレビに出て色々な人から見られる立場になれるのはすごいことですよね。

テレビで意見を言われる立場になることができるのは一握りの人だけでしょうから。

スポンサードリンク