2月7日放送の駆け込みドクターで特集されていたのは、健康常識ウソホントスペシャルでした。

ゼロカロリー食品はたくさんありますよね。

ゼロカロリーのジュースに、ゼロカロリーのゼリー、ゼロカロリーのカップ麺など

たくさんのゼロカロリー食品がありますよね。

ダイエットのために、あえてゼロカロリー食品を選んでいる人もいますが、

このゼロカロリー食品を食べると太らないというのは間違いだということなのです。

ゼロカロリーをあえて買っていた人には衝撃の事実ですよね。

6eeac645288dd0717c119dfecf7e2270_s

ゼロカロリーとはどのようなものか

ゼロカロリーとは100mlあたりのエネルギーの量が0~5kcalのものをいいます。

ちなみに、糖類ゼロは100mlあたりの糖類が0.5g未満のものをさします。

このようなゼロカロリーのものは、砂糖などの甘味を出すものに変えて人工甘味料を使っています。

人工甘味料を使うことで、砂糖で出せない甘さをだしているのはご存知ですよね。

そのような、人工甘味料の一つにスクラロースがあります。

ゼロカロリー飲料などの原材料のところを見ると書いていますよね。

スクラロースは料理など一般的に使われる砂糖が原料になっています。

そんなスクラロースの甘さは砂糖の600倍にもなるのです。

砂糖よりも断然甘いのに、なぜ、ゼロカロリーなのか…すごく気になりますよね

それは、体内で代謝されずに、そのまま排泄されるので、体内に吸収されないからなのです。

ゼロカロリーはなぜ太る

池谷医院院長の池谷敏郎先生は、強い甘みのある人工甘味料を使っていると

脳が刺激されて、習慣的により甘いものが欲しくなってしまうと話します。

そうすると、結果的に量を摂り過ぎてしまって、肥満になってしまったり、

2型の糖尿病を悪化させる危険性があるのです。

さらに、アメリカのテキサス大学で驚くべき研究結果がでているのです。

それは、每日ゼロカロリーの飲料を飲んでいる人は、飲んでない人に比べて

メタボになるリスクが3割以上、2型糖尿病になるリスクが6割以上になるというものでした。

スポンサードリンク

ゼロカロリー食品を摂ることは意味がないの?

そのようなデータが出ているとなれば、あえてゼロカロリーの食品を摂る事に意味があるのか

疑問に成りますよね。

そんな疑問に対して池谷先生は、

ゼロカロリーの食品そのものには問題がないと話されています。

人工甘味料を使用している分、血糖値が高い人は、血糖が上がりにくいという特徴がありますし、

上手に使うことでダイエットの強い味方になります。

では、何が問題なのか

それは、人の弱さにあります。1ついいことをするとご褒美を自分についついあたえてしまいませんか。

例えば飲料をゼロカロリーの物をのんでいるから、甘いおやつを多く食べてしまう人も多いはず。

それがどんどん加速してしまうと、結局はメタボや糖尿病に繋がるという結果になるということです。

まとめ

ゼロカロリー食品を摂ることは糖質の吸収を穏やかにして、ダイエットのために役に立つことはわかりましたが、

問題は自分の心ですよね。

ゼロカロリーにしたからカロリー減って大丈夫でしょと、カロリーの高いものを摂ってしまえば

全く意味がなくなるということです。

ゼロカロリーのものを選んでも、間食や食事の量を増やさないようにすることが大切ですね。

また、カロリーも大切ですが、食後血糖がダイエットのためには大事だと言われています。

ゼロカロリーでも他のカロリーの高いものを摂ってしまうと、食後血糖が上がり、

インスリンの分泌を促し、脂肪として体内に吸収されてしまうかもしれません。

関連記事:カロリーよりも糖質制限!GI値を知って血糖の急上昇を抑える!

バランスよく、食事の量を気をつけることが大切になります。

スポンサードリンク