1. TOP
  2. ヘンプシードで若返りホルモンを作ってダイエット!ひるたつ!

ヘンプシードで若返りホルモンを作ってダイエット!ひるたつ!

 2015/12/03 ダイエットな話題
この記事は約 5 分で読めます。 150 Views

12月3日放送のバイキングのひるたつは、痩せやすいホルモンバランスを作って綺麗に痩せる!という特集がされていました。

そんなホルモンバランスについて教えてくれるのが、ホルモン治療の第一人者でオルソクリニック銀座院長の藤森徹也先生です。

うまく痩せることができないのは3大要素が足りていないと藤森先生は話します。

a8fed097a879b410d22ac9f0fadca08d_s

年齢を重ねるごとに痩せにくくなってきたそう感じる人は多いはずです。実は40代を過ぎると誰もが痩せにくい体になるのです。

その原因はホルモンバランスにあったのです。

綺麗に痩せるための3大ホルモンそれが

  • DHEA
  • アミノ酸
  • ビタミンD3

なのです。

スポンサードリンク

若返りホルモンDHEA

DHEAとは男性ホルモン・女性ホルモンのもととなるホルモンの事です。老化を食い止めるホルモンとして非常に注目がされています。

年齢とともにDHEAは減少し、40代になると、20代の半分にまで落ちてしまうのです。

DHEAがが減少すると体が錆びついてしまします。さびつくというのは、細胞が傷ついてしまうことで、私達の体は細胞が傷ついても修復していくのですが、傷ついた細胞がたまっていくと、これが老化に繋がるのです。

DHEAが十分にあることによって体の細胞が傷つくのを抑えてくれているで、老化を止めてくれるのです。

DHEAは日本では医薬品として扱われているのでなかなか手に入りませんん。

若返りホルモンDHEAに必要な栄養素はビタミンB6とマグネシウムを十分に摂る必要があります。

ビタミンB6はマグロ・カツオ・サケに含まれ、マグネシウムはアーモンド・スルメ・カシューナッツなどに含まれています。

これをバランスよく摂っていくことがおすすめですが、なかなかこれを摂ることが難しいという人は、『ヘンプシード』がおすすめ

ヘンプシードは麻の実でビタミンB6とマグネシウムが豊富に含まれていて、体を内側から綺麗にする食材としてアメリカでは大注目されている食材なのです。

ヘンプシードじたいにもナッツのような味があり、坂上忍さんは美味しいと言ってました。

Hemp Foods Japan 
「麻の実ナッツ 
(ヘンプシードナッツ) 250g

新品価格
¥2,300から
(2015/12/3 13:06時点)

ヘンプシードは食べ方はサラダのドレッシングに混ぜて食べたり、ご飯にふりかけ用に食べてOKです。ヘンプシードも食べ過ぎは注意してください。

薬丸さんのおすすめは納豆にヘンプシードです。

胃もたれの原因になることもあるので、自分自身で適量を探すことが大切です。

チアシードのように水につけて膨らます必要はありません。

スポンサードリンク

アミノ酸

アミノ酸は筋肉量を増やしてくれます、それによって代謝があがり脂肪が燃えやすい体を作ってくれるのです。

極端な〇〇抜きダイエットのようなものをしてしまうと、アミノ酸が不足してしまいます。そうすると胸がしぼんでしまう可能性があるのです。

アミノ酸が不足すると胸の土台である大胸筋が減ってしまいます。

その結果、胸が垂れ下がります。

それに、ホルモンバランスが乱れ、女性ホルモンが減り乳腺や、乳腺を支えるために入っている脂肪が萎縮してしまい、結果として小さな胸になってしまうのです。

アミノ酸を摂って大胸筋を鍛えることで胸が大きくみせることは可能です。

アミノ酸を摂るための最強食材は『』です。

卵は人間が必要な必須アミノ酸をすべて含んでいる最強食品なのです。しかし、毎日食べるのは良くないと藤森先生は話します。

卵を食べるとちょっとしたアレルギー反応が少しだけ起こる可能性があるのです。

これが積み重ねていくとある程度のところまでくると、卵アレルギーになる可能性があるのです。

人によって卵アレルギーになりやすい人、なりにくい人もいますが、卵アレルギーになる可能性は否定出来ないのです。

卵アレルギーになると肩こり・頭痛・体重増加などの症状が見られるそうですよ。

1日目 卵3個 2日目 食べない 3日目 卵3個…

のように食べない日を作らないことが大切です。藤森先生は先生は2日ほど卵を食べない日を作るのがベストだと話します。

ビタミンD3

ビタミンD3は現代人にもっとも不足していると言われています。そんなビタミンD3の役割は内臓脂肪を減少させることです。

ビタミンD3は脂肪細胞の自滅ボタンを押してくれるという効果があるのです、それによって脂肪細胞が減って体の中から無理なく痩せていけるのですが、ビタミンD3が不足すると、内臓脂肪が減らずメタボになってしまうのです。

ビタミンD3を作るのにベストな食材はあん肝・しらす・いわし・すじこ・かわはぎに入っていて、あん肝はシラスに比べても2倍が入っています。

しかしコレステロールが多く含まれていることもあり、たくさん食べることはできない食材です。

食事以外でもビタミンD3を作ることができます。

それは、日光を浴びることがです。ビタミンD3は日光を浴びることで皮膚の表面で作られるという特徴がありますですので、陽に当たるということが必要になります。

夏の日差しで30分程度、日焼け止めを無しで当たらないといけないということなので、相当難しいですね…。

食事と陽に当たる時間をバランスよくすることが大切ということでした。

まとめ

綺麗に痩せるためにはホルモンバランスが大切で、DHEA・アミノ酸・ビタミンD3の3つが特に大切ということでした。

すべてはバランスがですが、ヘンプシードを試してみたり、卵を上手に食べること、日に当たる事によって体のバランスを整えていくことが大切なのです。

色々試して自分にあった方法を探してみましょう!

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

話題を探る!!の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

話題を探る!!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ケンイチ

普段は治療家としてお仕事中のセミシングルファーザー!日々感じる話題を色々と紹介しています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 解剖学はスマホアプリがおすすめ!リハビリ職など医療職必見!

  • 二の腕が太い原因ってなに?二の腕痩せの方法はコレがおすすめ

  • 薄毛・白髪の改善はシャンプーの方法にあり!抜けない洗い方とは?

  • 布団や枕のダニは天日干しや洗濯の意味はない?正しいダニ対策は?

関連記事

  • ブロッコリースプラウトがダイエットに効果的!ラクやせをしよう!

  • ひるたつ!サルコペニア肥満の簡単チェックと予防のための食事と運動とは

  • ひるたつ!ベリー(カシス・マキベリー)はダイエット・美容に効果あり

  • ひるたつ!食べて痩せることができるダイエット鍋。オススメの食材は

  • ドライおからダイエットで便秘を解消!夏太りになんてならない!

  • 【初耳学】1975年の和食が最強のダイエット食な理由とは