5月4日放送の雨上がりのAさんの話では水の事情通の話です。「水の裏事情を知れば夜9時に蛇口をひねりたくなる!」でした。

最近は水道水を飲むことってなくなりましたよね、なんで水道水を飲まなくなったのか考えたことがありますか?水道水は身体に悪いから…それって本当の理由ですか?

実は考えたことってないですよね?本当に水道水は悪いのか…考えてみましょう!

水道水を飲むのが悪いといわれた理由は?

水ジャーナリスト国連テクニカルアドバイザー吉村和就さんです。吉村さんは国連の依頼をうけて発展途上国の水インフラの整備をされてきた方です。なぜ水道水を飲まなくなったのかについてのお話はこうでした。

アメリカ環境防衛基金水質部長のハリス博士が塩素処理をした水道水を飲んでいる区域では地下水を飲んでいる地域に比べ、ガンに夜死亡者が10万人につき33人多いという研究結果が発表されました。

10万人で33人ですからほぼ誤差ですよね。これぐらいでは水道水の評価が悪くなるとは思えまえんよね…その後の調査でもこのようなことがわかりました。

アメリカ環境保護庁の調査によると浄水場で水道水を塩素消毒する際に発ガン性物質トリハロメタンが発生していることが判明したのです。これをきっかけに水道水安全神話が崩壊し、水道水を飲まなくなりました。

浄水器が一大ブームを引き起こす

これをきっかけに浄水器が一大ブームを起こしていくわけです。しかしその裏で、浄水器を使った詐欺が横行した事実もあります。

浄水器販売の裏事情

吉村さんによると浄水器は詐欺の温床だといいます。水道水の危険性をあおって、高価な浄水器を売りつけるというのが今もあとを立ちません。

昨年にも水がきれいになるなど虚偽の説明をして浄水器関連製品の販売をした訪問販売会社が業務停止命令を受けている事実があるのです。

元浄水器販売員が明かす詐欺の手口

昔浄水器の訪問販売をしたことがあるという事情通のAさんの話でした。

Aさんの話しによると、家を一軒ずつ訪問してアンケートに協力してもらいます。

アンケートが浄水器詐欺の入り口です。アンケートを書き終えた人に、浄水器を宣伝してほしいと頼んで、さらには、浄水器をおかしてもらうだけでいいと、そして使ってもらって近所の人に宣伝してもらうだけでいいとまずはきっかけを作ります。

きっかけを作ったその次にクローザーと呼ばれる人が浄水器を売りつけるプロの詐欺師がやってきます。

クローザーの手口は水道水のテストと称してキッチンの蛇口から水をとり塩素反応をみる薬品を入れます、そうすると、水の色が変わります。水道水はこんなに塩素が入ってますよ!

こんな汚い水で野菜洗ってると思ったらどうですか?

そういうと、ほとんどの人が、「ちょっと気持ち悪いですよね」と答えます。

あくまで相手に自発的に、水が汚い嫌だという感情を引き出すわけです。

水道水には消毒のため塩素が入っているので、色が変わるのは当たり前です。でも、本人の口から気持ち悪いと言わせることで、冷静さを失わさせていくのです。

色の変わった水にお茶っ葉を入れるんですよ。そうすると水が透明になります。こんな風に塩素がひっついちゃうんですよ。とその様子をみせます。

そして、水道水を使うと、お米や野菜も塩素が全部ついちゃうんです。と説明をするわけです。

しかし、それはカテキンの効果で塩素を分解しているだけで、実際にお米を入れても透明にはならないわけです。

そのことに気がつかない人は野菜に塩素がつくと信じて浄水器を買ってしまうわけです。

さらには最初はレンタルで使ってみませんかという話からはじめ、買ったほうが得だという話になり、浄水器を買わせるわけです。

ミネラルウォーターブーム!水で健康になるは本当?

1990年台のブームがミネラルウォーターブームがやってきます。今では、ミネラルウォーターの市場規模は2600億円で凄いですよね!そんなミネラルウォーターブームに物申すのが大阪大学理学部物理学科教授ニセ科学ハンターの菊地誠先生です。

水の科学っぽい説明に騙されるな!

今は水ブームに乗っかって、色々な美容や健康に良い水がでていますよね。それも。科学に見えるような言葉を使って普通の人達を科学っぽい言葉で煙に巻くそういうのをニセ科学で固められた水が多いと菊地先生は話します。

さらに、水ビジネスにはニセ科学がつきものです。「ダイエットしたい」「いつまでもキレイでいたい」「不規則な生活が続いている美しいを目指す女性たちへ」など飲むと良さそうだなって思わせるようことがいっぱい書いていますよね。

しかし、本当はどんな効果があるのかなってことについては一切書いていない、効果や効能が書かれていないものが多い!ですよね!

それはなぜかわかりますか?

それは、その水の効果についてかけないんです!そんな効果や効能が証明されていないものに対しては、法律で書いちゃいけない決まりになっているからです。

なんとなく広告だけで良さそうに見せてしますわけです。これを見てかってに消費者は良いもんだと思ってしまうのです。

身体に良い水のパッケージや広告に効果や効能が書いていないものは飲んでも意味がない可能性が高いですよ!

水にこだわる必要はあるのか?

菊池先生は水は身体にとって欠かせないけど所詮水だと、なんとなく良い気がするから飲むって言うのは別に好き好きなので悪いとは思わないが、毎日飲む水をこれにするとそれだけで健康になりますみたいなのは虫がよすぎるたかだか水ごときにあまり期待するなと話します。

これは効果がある水と思い込むことでプラシーボ効果(科学的に効果がないことは明らかなのに効果があると思い込むことで有効作用が現れること)で効果があることもあります。

科学的根拠が無いから効果がないともいえません。大切なのは自分で飲んで体の調子がどう変わるかを見ることが重要です。

水は何を飲めばいいのか

週刊「水」ニュース・レポート編集長、橋本淳司さんは水道水は危険というイメージは間違っている。現在日本の水の水質基準はかなり高くなっているとはなします。

水道水がとミネラルウォーターの安全基準を見てみると

  水道水 ミネラルウォーター
水質基準項目 51 39
ヒ素 0.01mg/l 0.05mg/l
ホウ酸 1mg/l 30mg/l
フッ素 0.8mg/l 2mg/l
亜鉛 1mg/l 5mg/l
マンガン 0.05mg/l 2mg/l

水質基準項目の数からして水道水の方が厳しい基準をくぐり抜けているわけです。ミネラルウォーターの方が基準的には甘いわけですね。

これはなぜか?水道水は毎日飲むものとして認められているのにたいして、ミネラルウォーターはたまに飲むものとして考えられているので、ミネラルウォーターの方が基準がゆるいのです。水道水も汚くないことがわかります。

特に大阪の浄水場は世界一レベルが高いと言われています。大阪の水は汚いというイメージがあるのですが、大阪は本気で水をキレイにしています。

しかし、配管やマンションの貯水槽が横れているせいで、蛇口から出るときは美味しくなくなっているのです。

水道水を美味しく飲む方法とは

色々な水を飲み比べても毎日のむ水は水道水が1番安全なのです。美味しく水道水を飲む方法がわかればいいのです。

水道水を容器にいれて冷やす

水道水が美味しくない理由の1つは塩素臭です。でもこれは解決できます。塩素は揮発性の物質なので、水を容器に入れてから4~5時間置いておくと塩素臭は無くなります。

水道水がおいしくない理由のもう一つは温度です。人間が水を美味しく感じる温度は14℃前後なのですが、水道水はぬるいので冷やすことで美味しく感じることができます。

マンションの配管が貯水槽が汚い場合の対策は

マンション住まいの場合は配管や貯水槽から嫌な臭いがつくこともあるのでは、大事なのは水道水を容器にいれる時間帯。水道水には美味しい時間帯と美味しくない時間帯があるのです。

朝一番の水は貯水槽に前の日の夜から貯まっていた水が流れてくるため臭いがついていることもあり美味しくないのです。逆に夜は炊事やお風呂でどの家庭も大量に水を使うので、比較的新しい水が流れてくるのです。

なので夜9時に水道水を容器に入れて冷蔵庫に入れて冷やして翌日飲むようにしているのです。ミネラルウォーターを買わなくても水道水でも十分なのです。

まとめ

水道水やミネラルウォーターがどちらでも何を飲んでもいいです。自分がいいと思うのを選ぶことが大事で、宣伝や広告のイメージだけに騙されて水を飲むのは辞めましょう。

水道水でも飲み方によっては美味しく飲めますし、安全です。ただ、高級水を飲んだからといって、それだけで健康でダイエットに効果があるとは言いきれません。その要因の1つになる可能性はありますが、水だけに頼るのがよくないということですね。