7月10日放送のこの差って何ですかで放送されていたのが、二の腕が太い人と細い人の差の話でした。

冬場だと厚着をすればいいから、二の腕気にならないんですけど、夏になると、どうしても腕を露出する機会が増えるので、二の腕が気になっちゃうんですよね。

つまんでプニッてするとなんとかしたい!

なんとかしたい二の腕。この二の腕を鍛えたり、太っていたりしたら、太くなるのは仕方ないんですが、同じような体型なのに、二の腕が太い人と細い人がいますよね。

実際に番組の中でだいたい同じ体型の人の二の腕を計測すると、その差は4cmもあったんです。

同じ体型なのに…なんで!ってなりますよね~

5445556a95339890a1f5ea15c7a42e26_s

二の腕が太くなってしまう理由

二の腕が太くなってしまうのは体質とかではなく、ちゃんとした理由があるんです。それを教えてくれていたのが、磯部美容整体Vセンター 整体師の磯部昭弘さんです。

二の腕が太くなるかならないかの差は肩が前にでているか、出ていないかの差なんです。要するに姿勢がいいか悪いかの差だということです。

肩が前に出ていない人は、肩から床に向かってまっすぐに線を引くと踵あたりにたどり着きます。

でも、肩が前に出ている人は、肩から床に向かってまっすぐに線を降ろすと足の前の方にたどり着くんです。このような人は猫背になっているわけです。

肩が前に出ると上腕三頭筋が使われない?

二の腕の部分には上腕二頭筋・上腕筋・上腕三頭筋・烏口腕筋という筋肉がついています。なかでも一般的によく知られてるのが、上腕二頭筋(力こぶ)と上腕三頭筋ですよね。

簡単に、上腕二頭筋は肘を曲げる筋肉、上腕三頭筋は肘を伸ばす筋肉です。

普段の生活の中で肘を曲げて力を入れることは多くあるんですが、肘を伸ばして力を入れる機会は結構少ないんです。

なので上腕二頭筋と比べると上腕三頭筋の方が使われる機会が少ないので、二の腕に脂肪がつきやすい状態になります。

さらに肩が前に出ている人は、何気ない姿勢の中で上腕三頭筋は使われにくいので、より脂肪がつきやすくなるんです。

肩をすぼめた状態と、胸を張った状態で二の腕を触ると、筋肉の状態がよくわかりますよ!

なぜ肩が前にでてしまうのか

肩が前に出るのは、パソコンやスマホのせいですね。パソコンとかスマホに集中していると知らず知らずの家に猫背になっていきます。

これが常態化すると、肩が前にでた状態になってしまうんです。

肩こりや首こりの原因にもなるので、良いことないですよね。

二の腕を細くするためのエクササイズ

二の腕を細くするためのエクササイズは以前にご紹介したナイナイアンサーのラクヤセポーズの中にあります。

イスに座って、背もたれの後ろで手を合わせます。

合わせた手の間に雑誌を挟んで落ちない様にするだけでも、上腕三頭筋を使うことができるので、二の腕痩せに効果が期待できるんですよ!

番組の中でも2週間エクササイズをしてもらって実験していましたが、右腕が-2cm、左腕が-1.5cmと二の腕痩せ効果がばっちりと出ていました!

詳しい二の腕痩せの方法はナイナイアンサーのラクやせポーズでぷよぷよお腹とおしりを解消する!を見て下さいね。

 

姿勢が悪いのは、見た目が悪いだけではなく、太りやすい身体になったり、肩こりなどの慢性痛の原因にもなるのでいいことは全くないですね。

每日少しずつでも姿勢を整えて美しい痩せ身体をつくりましょう!