每日健康のためにウォーキングを頑張っている人多いですよね~

著者もたまに歩きに行きますが、歩いている人の多さにびっくりします。

ウォーキングは特に道具もいらずに手軽に始めることができるので、簡単にできることが魅力ですよね。

健康のため、運動不足のためにウォーキングを続けている人も多いのですが、

間違った歩き方をしてしまっていては健康に良いどころか膝を痛めたり、足首を痛めたり、そんな可能性もあります。

そこで、おすすめのウォーキング方法の、ノルディックウォーキングを紹介します。

b434b212d642a8e103ca78eb5547a7bb_s

ノルディックウォーキングとは

ノルディックウォーキングはスキー競技のクロスカントリーの選手たちが夏の間の体力を保持するために行っていたトレーニング方法として始まりました。

ノルディックウォーキングは両手にスキーのポールのようなものを持って歩きます。

両手・両足を使うのでウォーキングよりも全身運動を行いやすいのが特徴です。

それではノルディック・ウォーキングのおすすめポイントを紹介しましょう。

ノルディックウォーキングのメリット

体の筋肉の9割が使われる

ノルディックウォーキングでは体全体の9割の筋肉が使われる全身運動になります。

普通に歩いても意識すれば手を振ることで使うことができますが、ノルディックウォーキングの場合はポールを地面につきながら歩きます。

ですので、自然と腕や体幹の筋肉を使うことができます。

消費カロリーはウォーキングよりももちろん多いです。1時間で約400kcal消費されます。

ウォーキングは歩き方、歩く速度、体重などによって消費カロリーは変わりますが、200kcal前後です。

いい姿勢を保持しやすい

ボールを持つことで、上体を起こして歩くことを意識しやすくなります。

胸を張ったいい姿勢で歩くことができるので、ウォーキングに比べると歩く姿勢が意識されやすいです。

体の負担が分散されやすい

手にポールを持つことで膝・足首・腰にかかる負担が分散されるため、運動不足気味の方や高齢者の方にもおすすめできるエクササイズです。

また、両手にポールを持つことで、体のバランスもとりやすく転倒のリスクも軽減できます。

ノルディックウォーキングのポール

ノルディッククウォーキングはポールを買わないといけません。

ノルディックウォーキングのポールは3,000円台~買うことができますが、価格帯としては5,000円~9,000円ぐらいのものが多いです。

ポールは長さを自由に変えるものがいいですよね。そしてポールの長さは、身長×0.64が目安になります。

最初は下の項目で紹介する歩き方の研修会に参加して、自分合ったポールを聞くのもひとつの方法です。

 I型グリップ
トレッキングポール 2本セット
価格:2,999円
(2016/3/3 09:54時点)
感想(1008件)

ノルディック ウォーク ポール
ツーポール14
2段伸縮式 2本組 

価格:6,264円
(2016/3/3 09:54時点)
感想(18件)

ノルディッ
クウォーキング
ポール KIZAKI(キザキ)

価格:8,262円
(2016/3/3 09:56時点)
感想(22件)

ノルディックウォーキングの歩き方

ノルディックウォーキングをするときには、ただポールをつくだけではなく、歩き方が大切になります。

ノルディックウォーキングの歩き方の講習会がノルディックウォーキング認定の協会で行われています。

全く初めての人はこれに参加して歩き方を学んでから始めるのもありです。

日本ノルディックウォーキング協会

全日本ノルディックウォーク連盟

日本ポールウォーキング協会

料金も500円~でそれほど高くないので、始めやすいと思います!

ノルディックウォーキングの歩き方の映像も紹介しておきます。

まとめ

普通に歩くだけでも、もちろん運動になりますが、ノルディックウォーキングは体への負担を減らし、カロリー消費量も普通に歩くより多くなり、効率のいいウォーキングをすることができます。

周りに、ポールを使って歩いている人がいなかったらちょっと浮くかもしれませんが、

歩いているうちに慣れてきますよ。

スポンサードリンク