1. TOP
  2. 今でしょ講座!正しい呼吸が健康とダイエットに役立つ。その方法とは

今でしょ講座!正しい呼吸が健康とダイエットに役立つ。その方法とは

2016/03/01 健康な話題
この記事は約 4 分で読めます。

3月1日放送の林修の今でしょ講座の特集は呼吸が

呼吸は生きていくために必要です、酸素を取り込んで、二酸化炭素を吐き出します。

呼吸は健康に大きく影響するということを教えてくれるのが池袋大谷クリニック呼吸器内科院長大谷義夫先生です。

78c44177da7e0c21c3c90865abc9d372_s

呼吸の基本的な知識

ヒトは1分間に15分~18回呼吸していて、1日に約20,000回の呼吸をしています。

これだけの数の呼吸をしているわけですから、正しい呼吸法が体に影響があることは想像できますよね。

 

いい呼吸と悪い呼吸では酸素を取り込む量が20~30%違うのです。

酸素が取り込めなければ浅い呼吸を繰り返すことになってしまいます。

呼吸を見直すと体調が変わる

冬は寒いのでどうしても猫背になりがちです。

そうすると、呼吸が浅くなり酸素の取り込み不足になってしまします。

猫背になり肺が圧迫される姿勢を続ける呼吸が浅くなってしまうのですね。

他にも

  • 長時間の家事 
  • 長時間のデスクワーク 
  • スマホに集中しすぎ

など猫背の姿勢をとることによって浅い呼吸を慢性的に作りだしている状態です。

浅い呼吸はダイエットにも悪影響

浅い呼吸っていうけど、それの何が悪いの?と疑問に思いませんか。

正常の呼吸の人が4500ccの肺活量が有るのに対して、浅い呼吸の人は3500ccしかありません。一例ではありますが、呼吸の仕方で肺活量1000cc変わる。

浅い呼吸の人は酸素を取り込む力がすくなくなり、酸素不足になりがちです。

酸素が不足になると栄養を分解してエネルギーに変えることができません。

体がガソリンの切れかかった車状態になってしまうために、

  • 血流が悪くなり肩こり
  • 疲れやすくなる
  • 痩せにくくなる

ダイエットに悪影響なのが痩せにくくなることです。

脂肪を分解するには膵臓からのリパーゼが必要です。

リパーゼは酸素の協力が合って脂肪を燃やすことができるのですが、

呼吸でしっかりと酸素を取り入れないと、吸い込む酸素の量が少なくなり、痩せにくい体になるのです。

ダイエットするには酸素ボンベを吸ったほうがいいの?と質問がでていましたが一時的に酸素ボンベを吸うことでダイエット効果はきたいできません。每日の呼吸を正しい呼吸にすることが大切です。

口呼吸が免疫力を下げる

鼻から呼吸をすると、鼻毛が空気中の異物やウイルスをブロックしてくれます。

さらに、鼻呼吸で空気が加湿されることで、気道の乾燥を防ぐ役割を果たします。

そして、喉や器官などにある細かい毛の様な組織のせん毛が、外からはいってくる最近やウイルスをブロックしてくれています。

しかし、口呼吸をすると繊毛が乾燥し、十分な機能を発揮することができません。

その結果、かぜやインフルエンザにかかりやすくなります。

口呼吸をすることで自分の免疫システムをうまく働かせることができなくなるのです。

鼻呼吸を習慣化するには?

大谷先生がすすめる方法は、『ながら鼻歌』

口を閉じて鼻歌を歌いながら作業をすると自然と鼻呼吸になるといいます。

家事のときなど、口を閉じて鼻呼吸をためしてみるといいですね。

スポンサードリンク

良い呼吸に変える簡単ストレッチ

呼吸でしっかりと酸素を取り込むためには、肺の周りの筋肉を伸ばしてしっかりとうごくようにすることが大切です。

肺そのもの鍛えることはできません。生まれてから肺胞の量は約3億個で増やすことはできません。

横隔膜を鍛えることで肺の周り筋肉を鍛えることで、より多くの酸素を取り込めます。

それではストレッチの方法を紹介します。

このストレッチのポイントは「鼻で吸って口で吐く」ということです

  1. 足を肩幅に広げて立ちます。そして両手を頭の後ろで組んで3秒鼻で息を吸います
  2. 口で6秒かけて息を吐きながら手を組んだまま手のひらを天井にむかって伸ばしていきます

これを10回を1日2セットすることがおすすめです。

林先生が2週間この体操を実施したところ、肺年齢が57歳から45歳まで若返っていました。

シチュエーション別呼吸法

大谷先生はシチュエーションによっておすすめの呼吸法も紹介してくれていました。

眠れない時

口すぼめ呼吸がおすすめ方法は、「鼻で1~2秒吸って口をすぼめて4秒吐く」

息をゆっくり吐くことでリラックスの神経である副交感神経にスイッチが入り眠りやすくなります。

体調が悪い時

蒸しタオル呼吸。

お湯など蒸したタオルを30秒程度顔の上に置いて鼻呼吸し鼻と喉を潤します。

繊毛を復活させて免疫力を高める効果が期待できます。

緊張している時

「1秒間吸って2秒間で吐く」

緊張時は息を吸う量が多く、体はか過呼吸ぎみになっています。

息をゆっくりと吐くことでアセチルコリンが分泌され脈拍が落ち着き緊張がほぐれる効果が期待できます

 

呼吸は生きていくために欠かせない行動で、每日約2万回もしています。

正しい呼吸法にするだけでもすこしずつ体の変化が得られることは想像できます。

しっかりと呼吸しようとすると猫背も改善するようになりますし、姿勢もよくなるので是非呼吸を意識して見てください。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

話題を探る!!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

話題を探る!!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

ケンイチ

普段は治療家としてお仕事中のセミシングルファーザー!日々感じる話題を色々と紹介しています。

この人が書いた記事

  • 二の腕が太い原因ってなに?二の腕痩せの方法はコレがおすすめ

  • NO IMAGE

    薄毛・白髪の改善はシャンプーの方法にあり!抜けない洗い方とは?

  • 布団や枕のダニは天日干しや洗濯の意味はない?正しいダニ対策は?

  • 新車に安く乗るために絶対に必要なこと!ディーラーに下取りしてはダメ!

関連記事

  • NO IMAGE

    ゲンキの時間。糖尿病を改善!ジェットコースター血糖値を防ぐ

  • テレビとスマホでSNS。マルチタスクで脳が壊れる!女性は注意!

  • 花粉症の対策。家での掃除方法とおすすめの空気清浄機

  • 蒸ししょうがのオーブンで簡単な作り方!体温を高めて免疫力アップ!

  • 10歳若返る!糖の正しい摂り方でAGE対策をしよう

  • 花粉症に効果的な食べ物はタマネギの皮で作る〇〇と〇〇なヨーグルト