1. TOP
  2. 今津先生流。風邪の時におすすめな食事の食べ合わせ

今津先生流。風邪の時におすすめな食事の食べ合わせ

2015/11/09 健康な話題
この記事は約 4 分で読めます。

11月9日放送のバイキングのひるたつ。今週のひるたつは風邪のスペシャリストウィーク。

日夜の寒暖差が大きくなり、少しずつ冬に向かっていますが、冬になると厄介なのが風邪。空気が乾燥し、気温が下がるとどうしても風邪症状が出る人は多いですよね。

そんな風邪の対策を名医が教えてくれます。

本日は西洋医学と東洋医学に精通し消化器系医療のスペシャリスト、芝大門店いまづクリニック今津嘉宏先生です。

今津先生が教えてくれるのはコレで風邪なんか怖くない!最強の食べ合わせです。

スポンサードリンク

熱があるときに飲んだほうがいいのは温かいお湯?冷たい氷水?

熱があるときに飲んだほうがいいのは温かいお湯です。

薬がない昔々、自分の力で治そうとすることをしていました。風邪の時に熱が出る理由は風邪のウイルスが熱に弱いため自然治癒の一環として、自分の体温を上げるという事が大切になります。

体の体温を上げる事で免疫力を高めることが大切なので、温かいお湯を飲むことが正解なのです。

体温上昇のデメリット

  • 体力の消耗
  • 脱水状態
  • 体の機能(消化力)の低下

風邪の時には体を温めて、消化のいいものを食べることが大切

体を暖めるのにいいのは唐辛子?しょうが?

身体を温めるのにいいのはしょうがです。

今津先生によると、唐辛子は温まりすぎてしまうため、発汗作用が促されます。汗をかくことで、体から熱を逃して体温を下げる可能性があります。(免疫力を高めるためには体を温めた方がいいということです)

また、唐辛子は刺激が強いため、風邪で弱っている胃腸に対してもあまりよくありません。

生姜が体に良いいのは、生姜に含まれるジンゲロール。ジンゲロール手足を温める作用があるのです。

さらに生姜を有効に使おうとすればしょうがを加熱するとがより体がポカポカになりやすいのです。

加熱したショウガはショウガロールがショウガオールに変わります。このショウガオールが体の芯から温めてくれるのです。

ショウガをとるときに今津先生がおすすめするのは生姜紅茶。

紅茶にすりおろした生姜を小さじ1/2入れたものがおすすめです。ショウガオールでポカポカになり、カテキンで殺菌効果が得られるのです。

風邪の時、みそ汁に入れるのにオススメの具材はネギ

みそ汁にいれる具材としての定番のネギですが、ネギに期待できるのは以下の事があります。

  • 体を温める作用
  • 殺菌作用
  • 食物繊維が豊富

これらの効用がネギには期待ができるので、みそ汁にネギを入れることがおすすめなのです。

さらに、ネギは生で使うことがポイントです。

ネギに含まれるアリシンは殺菌作用があるのですが、熱に弱いのです。出来上がったみそ汁に、生のネギを入れることでより効果的にアリシンを摂取することができるのでおすすめです。

スポンサードリンク

風邪の時、うどんに入れるのは温泉卵

卵は栄養価も高く非常に優秀な食べ物です。卵のポイントは白身に含まれる塩化リゾチームです。塩化リゾチームというのは、風邪薬にも使われる抗炎症作用があるのです。

卵一個で大人が使う風邪薬分は使われているのです。そして、温泉卵がおすすめな理由は消化吸収にかかる時間です。

卵を消化吸収するのにかかる時間は生卵が2時間45分かかるのに対して、温泉卵は1時間30分で消化することができるのです。

さらに、ネギをいれると完璧です。

風邪のときおかゆに入れるなら梅干し

おかゆに梅干しは定番ですよね。やはり今津先生もおかゆに入れるのは梅干しをすすめていました。

梅干しにはクエン酸が豊富で以下の作用が期待できます。

  • エネルギー補給
  • 食欲増進
  • 殺菌作用

さらに卵を加えてネギをトッピングしたら言うことはありません。

おかゆを食べるときに気をつけたいこと

おかゆを食べるときに気をつけることおかゆはよく噛んで食べることです。ついついすすって丸呑みにしがちですが、おかゆになってもご飯の硬さがまだ残っています。

おかゆを噛まずに飲み込むのは消化によくないので、胃腸に負担をかけることになります。

それだけではなく、噛むことで唾液が分泌し消化が良くなるので胃腸の働きを助けることにつながります。

風邪が治りかけの時にヨーグルトにいれるならバナナ

熱が下がり始め食欲が出てきて食べるんにオススメなのがバナナ。

風邪の治りかけのときは毒素が身体に溜まっています。バナナに含まれるカリウムには利尿作用があり、溜まった毒素を体外に排出する手助けをしてくれるのです。

バナナをミキサーにかけることでカリウムの吸収を助けてくれますよ。

 

今津先生が教えてくれた、風邪の時に食べるといい食べ合わせを紹介しました。風邪のときに一般的な食べるものはあまり間違っていないとうことが再確認できたのでは無いでしょうか。

風邪をひいたときは『しょうが』・『ネギ』・『温泉卵』・『梅干し』をうまく食べて風邪を乗り切りましょう。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

話題を探る!!の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

話題を探る!!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

ケンイチ

普段は治療家としてお仕事中のセミシングルファーザー!日々感じる話題を色々と紹介しています。

この人が書いた記事

  • 貯金ができない人へ送る!こんな無駄遣いの嵐をしてませんか?

  • 任天堂スイッチでスプラトゥーン2試射会に参加してみた!初心者はボコボコにやられるだけだった

  • ディズニーバケーションパッケージでもらえるオリジナルグッズ

  • ニンテンドースイッチはいらない?期待はずれの端末か?

関連記事

  • 酢しょうが最強のレシピと食べ方!コレを知って効果を倍増!

  • NO IMAGE

    ゲンキの時間。知らないままに失明。緑内障と黄斑変性症とは

  • NO IMAGE

    【今でしょ講座】風邪を予防するための正しいうがいと手洗いの方法

  • NO IMAGE

    豆苗とブロッコリースプラウト。抗酸化力と栄養の差はどこにある?

  • NO IMAGE

    コーヒーの驚きの美容・健康効果!最高コーヒーの淹れ方とは

  • NO IMAGE

    石原先生おすすめ!冷え性に本当に効果的な3・3・3入浴法とは