11月17日放送のバイキングのひるたつ。この日の特集は油ドクターが教えるえごま油の正しい食べ方です。

えごま油は脳のサビつき防止の最強食材として注目されています。えごま油は「体にいい!」ということで、テレビを見ていたら、必ず聞いたことのある言葉だと思います。

実際に使っている人も多いと思うのですが、えごま油は使いかたを間違えると体にとって毒になる可能性があるのです。

このような警鐘を鳴らすのが油研究の権威油ドクターの井上浩義先生です。

スポンサードリンク

認知症は18歳から進行が始める!?

人間の脳の重さは18歳を境にどんどん減ってきてしまうのです。ですから18歳で出来上がった脳は何もしなくて60歳、70歳になると5~10%の脳の量は減ってしまうのです。

だから、18歳をさかいに認知症の進行が始まると井上先生は話すのです。

脳の老化は脳が酸化することなのです。そんな脳の酸化を予防できるのがえごま油なのです。

脳の成分の60%は油で出来ているのです。なので、新鮮で良い油を取ると脳の神経細胞を成長させて刺激を与え、神経細胞が強くなるのです。

脳細胞を活性化させるαリノレン酸(オメガ3)が入った油

αリノレン酸は肝臓でDHA・EPAに変化します。DHA・EPAが脳に入ると血流を改善させ、弱った脳の神経細胞を刺激し死滅を防ぐのです。

参考記事:秋が旬のサンマ!青魚を食べて体を健康にして認知症を予防しよう

えごま油にはαリノレン酸が60%の含有率があるのです

えごま油の正しい使いかた

αリノレン酸たっぷりで脳の活性化に効果が期待できるえごま油ですが、正しい使い方をしないと、体にとって毒になるかもしれません。井上先生がおすすめする正しい使い方を紹介していきます。

えごま油を摂る時間帯は朝

えごま油を摂るのは朝がおすすめ。マウスの実験によると、体の酸化は明るいうちにドンドン進んで行きます。ですから、体が活動をする前にえごま油を摂ることで、体の酸化を予防しようというものです。

ただし、個人差があるので、夜に摂るのが悪いわけではありません。夜活動する人は夜に摂るのは大丈夫です。

また、えごま油は每日摂る事が大切なので、朝摂る事ができなかったら、夜に摂っても大丈夫です。

さらに、初期の認知症の方に関しては認知症の改善の効果も期待できるそうです。

えごま油を摂る量は

えごま油は1日小さじ1杯だけでOKです。

同じ量を魚で摂ろうとすると、サバだと200g、イワシだと300gも摂らないといけないのです。

えごま油にそれだけαリノレン酸がふくまれているから小さじ1杯で十分なのです。

スポンサードリンク

脳の活性化にはえごま油は卵と食べる

えごま油と一緒に食べると相性がいいのはタンパク質です。脳の60%油が占めているということが先ほどでてきましたね。残りの40%が何でできているのかというのがポイントで、それが、タンパク質なのです。

なので、脂と一緒にタンパク質を摂ることが非常にバランスがいいということなのです。ですから卵がいいのですね。

えごま油は加熱に弱い

えごま油を使うときは、何かを炒めるためにサラダ油代わりにエゴマ油を使うのはダメです。

えごま油は熱に弱く100℃を超えてしまうとαリノレン酸が壊れてしまいます

さらにそれだけではなく、過酸化脂質という体にとって毒となる物質ができてしまうのです。

炒め物で使うときは最後にひとかけしましょう。納豆に入れて一緒に摂るのもおすすめです。

 

えごま油の正しい使い方をまとめました。えごま油は朝に小さじ1杯タンパク質と一緒に加熱せずに使うということが脳にとってよい摂り方になります。

摂ればいいというものではないので、現在えごま油を使っている人はこの点がちゃんとできているか、確認して使ってくださいね。

スポンサードリンク