1. TOP
  2. 尿もれの原因の1つは骨盤底筋。簡単なトレーニングの方法

尿もれの原因の1つは骨盤底筋。簡単なトレーニングの方法

2017/03/28 健康な話題 身体の話題
この記事は約 4 分で読めます。

3月28日放送の予約殺到!スゴ腕の専門外来SPでは、色々な病気を改善する方法を名医が紹介していましたが、その中で紹介されていたのが、尿もれを筋トレで改善しよう!っていうものでした。

亀田総合病院の野村昌良先生が尿もれについて教えてくれていました。

出産経験の4人に1人が尿もれを経験したことがあるというデータが日本排尿機能学会誌に報告されています。

くしゃみをした時とか、重いものを持ったときに、尿もれを起こしてしまう経験をしたことがある人多いんじゃないでしょうか?

なぜ、産後に尿もれを起こしてしまうのかその原因はいったいなんなんでしょうか?

産後に尿もれを起こしてしまう大きな原因。骨盤底筋の緩みにあり

産後に尿もれを起こしやすくなる原因は、骨盤底筋がゆるむことによっておこります。

骨盤底筋ってどんな筋肉?

その名前の通り、骨盤の底にある筋肉を総称して骨盤底筋といいます。この骨盤底筋が膀胱や直腸などの臓器を支える役割を果たします。

そして、骨盤底筋の中に尿道を開閉するときに使う筋肉、外尿道括約筋が含まれるので、骨盤底筋が緩むことで、膀胱に溜まった尿が出てこないように調整することができず、尿が自分の意思と関係なく出てしまうんです。

この骨盤底筋はなぜ女性が緩みやすいのかと言うと、出産です。出産時の赤ちゃんが産道を通る時に骨盤底筋が過剰に伸ばされてしまいます。

その結果、骨盤底筋がダメージを受けて、筋肉が働きにくくなって、尿もれの原因になってしまうんです。

骨盤底筋の緩みは尿もれだけではない!骨盤臓器脱の原因にも

骨盤底筋が緩むと尿もれだけではなく、臓器が下がってきてしまう、骨盤臓器脱の原因にもなるんです。

骨盤臓器脱というのは、骨盤底筋が緩むことによって、支えられていた臓器が膣から飛び出してしまうというものなんです。膀胱だけでなく、子宮や直腸も下がってしまう原因にもなるんです。

日中活動しているときに臓器が下がることによって、膀胱などが圧迫され、尿もれの原因にもなると考えられています。

骨盤底筋トレーニングで軽度の尿もれや骨盤臓器脱を解消する

尿もれを防ぐのにまず最初に試すことは、骨盤底筋を鍛えることです。名前のとおり、骨盤底筋は筋肉なので、意識して使うことで骨盤底筋を鍛えることができます。その方法を紹介します!

①足を肩幅に開いて立って、リラックスします。

②肛門と膣を締めるイメージを持ちます。野村先生流にいうと、おならとかトイレを我慢する様な感じで力をいれます。そこから、おへその裏に押し上げるようなイメージをして5秒間とめます。

③終わったらしっかりとリラックスをします。

このトレーニングのポイントは、腹筋は使わずにリラックスした状態で、肛門と膣を締めることです。なので、しっかりとリラックスした状態でしましょう。

テレビで紹介されていたのは、立ってする方法が紹介されていましたが、仰向けに寝てしてもOKです。仰向けで寝てするときは、膝を立てて、リラックスした姿勢を作って同じようにトレーニングをします。

骨盤底筋トレーニングの回数は何回ぐらいしたらいい?

5秒間を10回を1セットとして、朝昼晩に1セットずつを基本にして、あとは、日常生活の中でできる時にちょっとするようにします。

電車に乗っているときでも、仕事で一息ついたときでも、テレビを見ながらでもいいのでできる時にするようにします。

 

骨盤底筋に力を入れるのは、普段使わないので、なれるまでは結構難しくて、お腹に力が入ったり、余計なところに力が入ったりします。

リラックスをしながら、少しずつ力をいれる感覚をつかんでいきましょう!どうしても、できない人は、骨盤底筋のトレーニングをしてくれるクリニックもあるので、探してみるといいかも。

ひめトレをするっていう方法もあります!ひめトレはまた紹介しますね!

\ SNSでシェアしよう! /

話題を探る!!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

話題を探る!!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

ケンイチ

普段は治療家としてお仕事中のセミシングルファーザー!日々感じる話題を色々と紹介しています。

この人が書いた記事

  • ステップワゴンにもHYBRIDモデルが必要!2017年マイナーチェンジに期待

  • ゴールデンウィークはPS4のソフトがかなりお買い得!

  • ニンテンドースイッチのソフトを安く手に入れる事ができる!

  • 高速道路の追突事故。誰でもおこす可能性があるその理由は?

関連記事

  • NO IMAGE

    今でしょ講座。知るクモ膜下出血を早期発見するにはこの兆候を見逃すな

  • NO IMAGE

    唾液を出して、病気に強くなる。口の中の粘膜バリアを強化する方法

  • ブロッコリースプラウトの効果はアンチエイジング!スルフォラファン

  • NO IMAGE

    強い肩もみは肩こりを慢性化させる…。改善の秘訣は肩甲骨にあり

  • NO IMAGE

    間違った炭水化物ダイエットは危険なだけでなく太ってしまう!?

  • 飲む点滴、甘酒を飲むと良質な睡眠がとれる?その理由と方法は?