5月1日放送の林先生の初耳学で放送されていたのは目の下のクマの話題でした。

目の下のクマは女性にとっても男性にとってもなくしたいものです。目の下にクマがあると疲れた印象を与えてしまい、老けて見られてしまいますよね。

タカミクリニックの山屋雅美先生は、「人から見られのが目元なので、クマは老けて見られる原因にひとつ」だと話します。人の顔を見る時に視線は目元にいくので、目の下のクマにはどうしても目がいっちゃいますよね…。

しかも目の下のクマに対しては他人事ではないのです。成人の8割がトラブルを抱えていると言われているのです。

b8e90701ec353e98e4bca40800fae3b9_s

目の下のクマの対処法は

一般的な目の下のクマの対処法は、ホットタオルで目の周りを温めるというのが一般的な方法ですが、もっと効果的に目の下のクマを解消したい場合は次のような方法をとってください!

温めたタオルと冷たいタオルを交互に乗せる方法です。

温めたタオルを1分間目の周りにのせたら、続いて冷たいタオルを1分間乗せるという方法です。これを5セット合計10分間行います。

たったこれだけで、目の下のクマはあっという間に改善します。温かい状態と冷たい状態に交互になることで、目の周りの毛細血管が縮む、広がるを繰り返します。これがポンプの役割になって血液の流れをよくする事で、クマが改善するわけです。

でもこの方法が効かない目の下のクマがあるのです。

目の下のクマは3種類ある

先ほどの目の下のクマの対処法は青クマに有効な対処法でした。目の下のクマには

  • 青クマ
  • 茶グマ
  • 黒クマ

の3種類があるのです。この3種類をしっかりと把握しておかなければいけません。

青クマは目の周りの血液の流れが悪くなってできるものです。なので、目の周りを温める方法で改善するわけですね。

茶グマと改善方法は

茶グマは色素沈着が原因で起こるものです。目の周りをこすりすぎなどで、メイクを落とさずに寝るなどが原因で皮膚が防衛反応を起こし、皮膚の角質厚くなり、メラニンが沈着をしてしまいできるクマなのです。

この茶グマには肌の代謝をすすめるビタミンC誘導体配合の化粧水や乳液を利用することで改善が期待できますね!

黒クマと改善方法は

黒クマとはたるみゴマとも呼ばれ、目の下にある脂肪がたるみ、影ができ黒く見える状態です。これは、加齢などにより皮膚のハリがなくなり、皮膚の薄い目の下に脂肪が溜まることが原因になります。

黒クマに対するケアは頭皮のマッサージです。全体的に結構を良くしたながら皮膚を頭の後ろに引き上げていくようなイメージでマッサージをしていきます。

そして、おすすめなのはムンクの顔体操です!

  1. 口を「お」の形にし顔を上下にのばします。鼻の下をしっかりと伸ばすことが大事です!
  2. そのまま目線だけをうえにあげます。
  3. さらに目を細める→戻すを4~5回繰り返します。
  4. 目を閉じてリラックスします

これを1日3回すれば目の下が解消できることが期待できますよ!

まとめ

目の下のクマがの解消法を紹介しました。目の下のクマには3種類あってそれぞれ解消法が違うことがわかりましたね。目の下を温めていたのに全然変わらないという人は、青クマじゃなくて別のクマだった可能性がありますね!

3つの方法を試してみて効果があったものを継続していきましょう!

アイキララ