12月18日放送のバイキングのひるたつ。本日は美容に役立つ便秘解消・メタボ解消に効果的なユーグレナの特集です。

ユーグレナは最近コンビニやスーパーで見かけるようになってきて人気急上昇中のアイテムです。ユーグレナが含まれる食品にはドリンクやお米、カンパン、みそ汁などなど、ユーグレナが入っている商品が多数販売されています。

そんな、ユーグレナについて教えてくれるのはホームケアクリニック銀座院長の細田俊樹先生です。

cd5269f940389787cd7ab4180a11a6ad_s

ユーグレナって何

ユーグレナというのはミドリムシのことです。学術名でユーグレナ・和名がミドリムシなのです。

ミドリムシという名前はついていますが、昆布や海苔と同じ藻の一種になります。そして植物と形を変えて動くという動物の両方の特性を持つという特徴があります。 

ユーグレナ(ミドリムシ)の効果のすごさは

ユーグレナは本当にすごいのです。そんなユーグレナの凄さを紹介しましょう!

善玉菌を増やして便秘解消に繋がる

ユーグレナを摂ることで善玉菌を増やして腸内環境が改善され便秘解消に繋がる可能性が高いのです。

牛乳にユーグレナを加えるとヨーグルトに

牛乳にユーグレナを加えると発酵してヨーグルトに変化します。ユーグレナが餌となって乳酸菌の働きが活発になるためにこのような事が起こるのです。

このようなことからユーグレナは腸内で乳酸菌の活動を活発にさせ善玉菌が増える効果が期待されているのです。

ユーグレナの乳酸菌を活性化する効果はオリゴ糖よりも効果があると言われています。

スポンサードリンク

ユーグレナにしかないパラミロン

ユーグレナに含まれれるパラミロンという物質は、地球上でユーグレナにしか見つかっていないのです。

パラミロンの何がスゴイ

パラミロンは私達が食べた余計な脂肪を吸着し、便として排出させるのです。

パラミロンは腸の中の余分な脂肪を吸収して外に出す働きがある成分です。パラミロンはなかなか落とせない汚れを落とす優秀なプロの掃除人なのです。

ユーグレナの効果を30~50代に行った調査によるとユーグレナを2ヶ月間摂取した結果、中性脂肪の平均は約17%も減少したのです。

地球に唯一見つかっているパラミロンが含まれるユーグレナはダイエット効果抜群の食品と言えるのです。

更にはパラミロンはプリン体を体外に排出する役割も持っているので、お酒を飲むときにユーグレナを摂取する事がオススメなのです。

ユーグレナは1日にどれだけ

ユーグレナの1日の推奨摂取量はたったの0.5g~1gです。これなら無理なく摂取できますね。

注意したいところはユーグレナは油を吸収する効果があるので、脂溶性のビタミンは吸収して排出する可能性があるので、摂り過ぎはよくありません

これは栄養のバランスの取れた食事がされていることが前提です。加熱料理もOKなので、料理に混ぜるだけでOKです。

ユーグレナの栄養素がスゴイ

ユーグレナにだけ植物性と動物性の2つの栄養素が59種類も含まれているのです。

  • ミネラル9種類
  • ビタミン14種類
  • アミノ酸18種類
  • その他18種類

そして必須アミノ酸のすべてがユーグレナに入っているうえに、DHA・EPAなどのオメガ3脂肪酸が含まれています

DHA・EPAは神経伝達を高め、脳にいい影響を与えたり、血管の若返りに役立つといわれていますよね。

ユーグレナの吸収率は

どれだけ栄養素が含まれていても体内に吸収されなければ意味がありません。ユーグレナの体内への吸収率は93.1%もあるのです。

生野菜等の場合は細胞壁があるため、それに邪魔されるために、腸から吸収しづらいのです。野菜の吸収率はおおよそ40%なのです。

それに対してユーグレナは細胞壁がないのです。だから吸収されやすいのです。

 

まとめ

ユーグレナは動物性・植物性の栄養素をたくさん含み、DHAやEPAのオメガ3脂肪酸や必須アミノ酸を全部含んでいるのです。しかも1日の摂取量は0.5gでOK。

こんな体にいい物って有るのでしょうか。さらに実験段階ではインフルエンザを早く治す効果や肝機能を保護する効果なども期待されていて、まさにユーグレナは最強です。

これは是非試しておきたいです。

スポンサードリンク